血闘

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
血闘
14%
29%
57%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「セブンデイズ」のパク・ヒスン、「母なる証明」のチン・グ、「高地戦」のコ・チャンソク共演による歴史サスペンス。17世紀の清と明の戦いを背景に、敵陣の真っ只中で孤立した3人の朝鮮軍兵士たちが繰り広げる心理戦を描く。明からの圧力により清との戦争に派兵された朝鮮軍の兵士ホンミョンとトヨンは、戦いに敗れて敵陣で孤立してしまう。そんな2人の前に、味方の兵士トゥスが現われる。やがて、ホンミョンとトヨンの交錯した過去が明らかになったことから、3人の間に緊迫した空気が流れはじめる。「悪魔を見た」の脚本家パク・フンジョンの監督作。シネマート新宿、シネマート心斎橋で開催の「アルティメット・ムービー・フェスタ2016」上映作品。

2011年製作/111分/韓国
原題:The Showdown
配給:ハーク

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0悪くは無いが

2018年9月30日
iPhoneアプリから投稿

全体通して地味だな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

2.5いつまでもウジウジと

2018年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

清と戦った朝鮮軍の敗残兵三人が吹雪の中、空き家で顔を合わせる。
二人は幼なじみだったが、一族や女のことで互いに一物を含んでいた。
もう一人は徴用兵で武門の連中には反感を持っていた。
早く決着をつけろよ、と思ってしまった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5ヘイトフルスリー

p13さん
2016年12月31日
Androidアプリから投稿

吹雪の山小屋。とある理由で山小屋にて鉢合わせた三人。それぞれの思惑と血生臭いアクションが語る韓国の闇。それは現代にも繋がる韓国の闇(その他多くの国も含め)を思わせる物語。
難点としては、回想シーンで物語の概要を説明する事が多くなってしまい、決してスマートとは言えない点。
これは、その後に撮った「新しき世界」への反省点となっているかも知れない。
一方、雪山のシーンは今年公開の「隻眼の虎」へと繋がるハードな降雪シーンの数々。これには役者、スタッフの頑張りが伝わるだけに感動。
また朝鮮の歴史に詳しくない私でも、とりわけ、わからない描写は無かったので、そこはご安心下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
p13
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る