劇場公開日 2017年8月26日

  • 予告編を見る

パターソンのレビュー・感想・評価

3.8150
25%
52%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全150件中、1~20件目を表示

4.5ジャームッシュにしか成しえない特殊な時間と空気の紡ぎ方に見惚れてしまう

2018年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

4.0なぜかサイコスリラーの空気をまとっている。

2017年8月31日
PCから投稿

楽しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
バッハ。

3.5タイトルなし

2020年1月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

次の日、ポエムを書いていた。
じわじわとくる作品。

人生を肯定してくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キムテヒ

4.0ブルーチップマッチが欲しい。

2020年1月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ブルーチップマッチが欲しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

5.0何故にこんなに心地よい映画なのか…

2020年1月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

ジム・ジャームッシュ監督の作品は好きで本作が私にとって4作目。
いつものジム・ジャームッシュ監督と変わらず、ストーリーに起伏は無く、1週間の日常が淡々と流れる様を描いており、ウィットに富み、クスッと笑える会話が小気味良く続く。
ただし、少しの不気味さが作品全体を引き締めているように感じる。奥さんは自由で変わり者だし、奥さんが夢で見たって言ってた双子がちょいちょい出てくるし… 不気味な部分が多々ある。
パターソンにアダム・ドライバーは適役だった。幸が薄い表情で孤独なドライバーを完璧に演じきった。僕はパターソンがいつか発狂するのではないかとハラハラしていたが…
田舎町パターソンでゆったりと流れる時間、詩を紡ぐ男パターソン、一週間の彼のルーティンを見ているだけで何故こんなに心動かされるのだろうか。なぜ2時間の鑑賞時間で飽きなかったのか。どうしてこの映画をこんなに好きになってしまったのかもハッキリわからない。
やはりジム・ジャームッシュには頭が上がらない…

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ジンジャー・ベイカー

4.5【一日一日を愛する人と共に丁寧に生きる事の大切さに気付かされる。アダム・ドライヴァーの新たな魅力とゴルシフテ・ファラハニのエキゾチックで超絶な美しさに改めて魅入られた作品でもある。】

NOBUさん
2020年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.0マッチは炎と共に燃えるために

コブさん
2019年11月1日
スマートフォンから投稿

笑える

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コブ

5.0aーha?

ツバキさん
2019年6月17日
Androidアプリから投稿

韻を踏む詩のように、月曜日から金曜日までバス運転手として働く映像を繰り返す。散文詩または、jazzのように、飛ぶこともある。休日は、しっかり伏線を回収。また月曜日が始まる。見事な終わりは始まり。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ツバキ

3.0ある詩人の日常

たけおさん
2019年5月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

知的

パターソン市に住むバスの運転手の一週間が淡々と描かれています。
起伏がなく面白みにかける映画ですが雰囲気は好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

5.0改めて思う

ワンコさん
2019年3月25日
iPhoneアプリから投稿

ジム ジャームッシュの人気
実は、公開から1年半以上経って、このレビューを書いてます。
まあ、レビューを書くようになって日が浅いというのもありますが、ブラック クランズマンにアダムドライバーが出てるのをみて、思い出したからです。
この映画自体が詩です。
パターソンシティに住むパターソンの1週間。
職業は、バスドライバーで、演じるのは、アダムドライバー。
目覚まし時計の鳴る音でベットから起き上がるところから毎日が始まって…。
つまり、韻を踏んでるのです。
しかし、毎日は違います。
バスが故障したり、犬がいなくなったり、奥さんが差別されたり、自分の将来について悩んだり。
そう、案外、目を凝らして僕たちも周りを観察したり、よく思い返してみたら、映画のような日々を送っているのがしれない。
そんな気持ちになる寡作だと思うのです。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワンコ

4.5なんか好きなんだよなぁ

Megumiさん
2019年3月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

なんか好きなんだよなぁこの映画。
淡々とした日常なのに魅入っちゃう。
平和なのに、どこか不穏に感じるのがたまらない。何か起きそうで起きないの。
パターソンの表情がいい。バスを運転しながら聞こえてくる会話に微笑んだり、奥さんが作ったご飯へのリアクション…ほんのちょっとの表情の動きがいいなぁと思う。
アダムドライバーが大好きになった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Megumi

4.5あとからジワリと来る秀作。

ken1さん
2019年2月17日
iPhoneアプリから投稿

全くもって不思議なんだけども、見終わった後にジワジワとくる。

こういう映画は初めてだ。パターソンという青年ではなく、詩が、詩そのものが、主役であるかのような、そんな印象を受ける。

この映画でアダムドライバーという役者に対する評価が全く変わった。彼は素晴らしい役者だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ken1

4.5「何気ない日常の中にこそ幸せはある」 これをそのまま映像にしたよう...

2019年1月31日
iPhoneアプリから投稿

「何気ない日常の中にこそ幸せはある」

これをそのまま映像にしたような映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コーヒー

4.0レインコートを着てシャワーを浴びるようなもの

kossyさん
2018年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ジム・ジャームッシュ作品はほとんどハズレが無い。特に初期の頃には白黒作品でオフビートな雰囲気が心打つというより心に残るものが多かった。どちらかと言うと、コメディアンが出演している方が好きなのですが、大きな展開もなくゆったりとした作品も好きだ。

 今作はニュージャージー州パターソンに住む、地名と同じ名前のバス運転手(アダム・ドライヴァー)が主人公。愛する妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)と愛犬マーヴィン(ネリー)。朝早く起きて職場にに行き、始業前にノートに詩を綴り、上司の愚痴を聞いてからエンジンをかける。帰宅すると、倒れかけた郵便受けを直し、キスする度に吠えるマーヴィンを散歩に連れていってバーでビールを飲む。そして週末には映画館、と平凡な1週間を淡々と描くといった内容だ。

 そんな平凡な日常の中にもパターソンの心の変化がある。妻から「双子が生まれる夢を見た」と言われてからは、少女やおじさんといった町中の双子が視界に飛び込んでくる。しかし、日課となっている詩にはもっと日常的で平穏な心象風景が書き綴られるのだ。一方で、中東アジア系の妻ローラはなんでも白と黒にこだわるアーティスティックな存在。妻が作ってくれるお弁当にも自宅に飾られた写真や、彼女が白黒ツートンに塗り替えた衣装や家具が微妙にシンクロしている細かな面白さ。注文したギターも市場に出店するカップケーキも全て白黒なのです。

 ちょっとした展開といえば、バスの電気系統の故障とか、バーで彼女に振られた男がおもちゃの銃で自殺しようとするシーンとか、詩を書き溜めたノートを愛犬によっと食いちぎられたといったところ。コピーしておけよ・・・と思ってもみたが、この映画は平凡な人間が前向きに生きていく姿を描いているので、これが良かったのかもしれない。また、終盤に登場する永瀬正敏がいい味付けをしています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

1.0自分にははまらず

2018年11月10日
iPhoneアプリから投稿

只々退屈な映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

3.5月曜日は仕事に行って、火曜日も仕事に行って。

fukui42さん
2018年11月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

平凡な男の1週間を切り抜いた話。
となると、平凡すぎて眠たくなりそうですが。そうはなりませんでした。
その理由は、パターソンが家の中で、職場の休憩で書く「詩」を。
目の前に見える物を中心に、淡々と書いているのがいい味なんです。
「27 パターソン」と表示されたバスを運転しながら、パターソン(これって、韻を踏んでるのかしら?)が心の中で詩を読んでいく。
動いていくバスの風景と同化していく感じも、サラッとしていて心地よい。

月~木は同じことの繰り返し。唯一夜、犬の散歩途中で寄るバーで、ちょとしたいざこざがあったりするくらいがアクセント。
夫としても妻に理解を示し、「通販でギター教材300ドル、買っていい?」の無茶ぶりにもYES。「怒ることある?」って聞きたくなるくらいな、穏やか人。

金曜日の朝。「あれ、妻がベットにいない」。
ルーティーンな日々に、何かが起こる予感を起こさせるのがいいアクセント。

土曜・日曜もしかり。
これをもとに戻すには。ルーティーンな事をすればいい。
彼にとってはそれが「詩」を書く事なんですね。

最初の役者紹介で「and MASATOSHI NAGASE」って出てきてびっくり!。いつ出てくるのかしらと思ったら。
ここですか。おいしいシーンでした。

「詩の翻訳は、レインコートを着てシャワーを浴びるのと同じ」。
なるほどね。歌の歌詞も、そんな気がします(訳する能力ないけど)。

静かで穏やかな1作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42

4.0詩的でステキな時間と世界観

2018年11月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

知的

主人公(アダムドライバー)の素朴で優しく、詩が好きで、日々の生活を楽しんでいる感じがとても良かった。
こんなほのぼのとした雰囲気の映画なのに、ドラマがあり、成長がありで、とても面白い。

永瀬正敏さんの「あーはぁ〜」も面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

4.0パターソン市のパターソン氏

2018年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

パターソン市のパターソン氏(アダム・ドライバー)は路線バスの運転手、妻は芸術家を目指している。
毎日の日課は、朝は一人で食事、インド人の同僚のボヤキを聞いてバスをスタート、夕食後は愛犬の散歩を兼ねて外出、パブで飲んで一日を締めくくる。
主人公の一週間の出来事を淡々と描いていくが、かなり入り込む。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0穏やかでおしゃれ

サラさん
2018年10月30日
iPhoneアプリから投稿

詩については全くわからないけど、毎日同じタイムスケジュールで過ごす主人公が、色んな双子とすれ違ったり、美人な奥さんがアーチスト並みに毎日何かモノトーンの物を手作りしていたり、芸術的な作品。お弁当ボックス1つ持って歩いて職場まで行く道のりもなんか素敵。イタズラっ子の愛犬マーヴィンの絵がそっくりで可愛い。パターソンってニューヨークからさほど離れていないのに穏やかですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サラ

5.0変えない意志

wilkさん
2018年10月28日
iPhoneアプリから投稿

パターソン市があるニュージャージー州って、ニューヨークの近くだよね?だって、NY着のニューアーク空港ってこの州だから。
と調べたら、パターソン市内から、マンハッタンのセントラルパークまで道なりで30km強という近さ。
マンハッタンまで通勤できそうな街にいながら、この穏やかな生活を続けてるパターソンさんに、逆に凄みを感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
wilk
「パターソン」の作品トップへ