ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男
ホーム > 作品情報 > 映画「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」
メニュー

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男

劇場公開日

解説

「太陽がいっぱい」「キャロル」などの作家パトリシア・ハイスミスのミステリー小説「妻を殺したかった男」を、「死霊館」「リトル・チルドレン」のパトリック・ウィルソン主演で映画化。1960年、ニューヨーク。神経質すぎる妻クララとの生活に息苦しさを感じていた建築家のウォルターは、パーティで出会った女性に心惹かれるが、嫉妬したクララに自殺未遂騒ぎを起こされてしまう。ついに妻に嫌気が差したウォルターは、妻殺しの完全犯罪を実行したという男の記事を思い出し、その男に接触を図る。数日後、森の中でクララの死体が発見される。自殺の可能性が強まる中、1人の刑事がウォルターに疑いの目を向け……。妻クララを「トータル・リコール」のジェシカ・ビール、ウォルターが惹かれる女性を「マグニフィセント・セブン」のヘイリー・ベネットがそれぞれ演じた。監督はテレビシリーズ「ダウントン・アビー」のアンディ・ゴダード。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

作品データ

原題 A Kind of Murder
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
上映時間 95分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全8件)
  • 殺人を想像することも罪か? 妻の殺害を想像した男と実際殺した男が接触し、両者とも疑われる。意外とストーリー展開が面白い。想像だけで罪になるか?考えさせられる ...続きを読む

    素子 素子さん  2017年12月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ”だから”か”でも”か 題名通り、妻を殺したかった男が主人公で、妻が嫉妬狂いで病気の領域に踏み込んでいる。 この夫婦の謎が事件解決のヒントになるのか? ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年10月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 妻を殺したかった男。 こんな神経質で嫉妬深い妻なら、この夫でなくても離婚したくなるだろうし、もう死んでくれと心から願いたくもなるだろう。 最初は大好なヘイリー・べネットのことしか眼中になかったけど、心臓バクバクの思い... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2017年5月22日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi