0円キッチン

劇場公開日

0円キッチン
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界で生産される食料の3分の1が廃棄されている現実を受け、キッチン付き廃油カーで廃棄食材料理を届けながらヨーロッパをめぐる旅を追ったドキュメンタリー。食べられることなく廃棄される食料は世界で年間約13億トン、ヨーロッパだけでも8900万トンにものぼる。ジャーナリストで「食料救出人」のダービドは、植物油の廃油で走行できるように改造した車に、ゴミ箱で作ったキッチンカーを取り付け、ヨーロッパ5カ国をめぐる旅をスタートさせる。各地で廃棄予定の食物を使った料理をふるまうダービドと人々とのコミュニケーションから、現在抱えている食の問題、そして未来を考えていく。

2015年製作/81分/オーストリア
原題:Wastecooking: Kochen statt Verschwenden
配給:ユナイテッドピープル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

映画レビュー

4.0二回鑑賞。

Kumikoさん
2017年10月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

渋谷と水戸市内にて、二回鑑賞しました。食料廃棄の問題については、深く知らなかったため、参考になった。廃棄食材で料理をしながら旅をするという発想が面白いと思いました。廃棄自体を減らすには、法制化するなど、ルール化するのが一番早いと思うので、先日、東京都がルール化するという報道があり、良い流れだと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kumiko

4.0消費者として考えさせられる

みゃんさん
2017年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

最近スーパーでも規格に合わない商品を見かけることもあったけど、消費者の嗜好がめぐりまわって自分の首、もしくは社会問題の原因になっていることを自覚しなきゃと思った。

ドキュメンタリーっぽい内容なのに作りはそうでなく、映画であって、結果として問題に目を向けさせる作りになっている。

一つの考えるきっかけとなり、新しいアイデアがこの映画を見ることによって実現されることを期待したい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みゃん

4.0考えさせられる

rukeseさん
2017年2月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画自体はとても単純です。
毎日、まだ食べられる食料が大量に廃棄される現実に矛盾を感じ、疑問を投げかけるドキュメンタリー。
ヨーロッパ先進国のこの問題に関する取り組み方等も紹介されていてとても興味深いいい映画でした。
本当の意味での豊かさとは何か?

「勿体ない精神」を以て
物を粗末にしないよう努力したいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rukese

3.5豊か

ミカさん
2017年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

豊かな様で全く豊かでない現代を垣間見た作品。

規格って、工業製品では普通なのかもしれませんが、一つの生命として見ると、全てが同じだなんて異常です。そして、規格品しか流通できない現代も異常だと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全4件)

「0円キッチン」シリーズ関連作品