山(モンテ)

劇場公開日:

山(モンテ)

解説

現代イラン映画界の巨匠アミール・ナデリ監督がイタリアでオールロケを敢行し、宗教・自然・人間のすべてと対峙する孤独な男の戦いを描いたドラマ。中世後期のイタリア。南アルプス山麓にある小さな村の外れで暮らすアゴスティーノと妻ニーナ、息子ジョバンニ。壁のようにそびえる山に日光を遮られて作物が思うように育たないため村人のほとんどが去って行ったが、アゴスティーノたちは先祖の墓や亡き娘の墓があるこの地を離れられずにいた。アゴスティーノは飢えた家族のためあらゆる手を尽くすが、周辺の村の人々からは異端者として差別され、ついにはそこで暮らすことさえ禁止されて家族は離れ離れになってしまう。神や自然、そして人間からも見棄てられたアゴスティーノは、たったひとりで忌まわしき山と対峙することになり……。第73回ベネチア国際映画祭で「監督・ばんざい!」賞を受賞。2016年・第17回東京フィルメックス特別招待作品。

2016年製作/107分/イタリア・アメリカ・フランス合作
原題:Monte
配給:ニコニコフィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2016 Citrullo International, Zivago Media, Cineric, Cine-sud Promotion. Licensed by TVCO. All rights reserved.

映画レビュー

3.0絶望的な挑戦を開始せよ。

2020年3月14日
Androidアプリから投稿

人生の基調は退屈であり、絶望であるか?
実に退屈な映画ではある。絶望を生きる過程は単調であり、眠気を誘う。映画は現実逃避でもある。しかし、この作品は大胆にも観るものに現実の単調、退屈、絶望ありのまま突きつける。

あの圧倒する山が現代のグローバル資本主義の隠喩であれば、太陽の光を遮られた、孤立した彼は我々観るものひとりひとりとも言い換えられる。絶望的な挑戦を始めよと言葉にならないあのハンマーの反発音と絶叫が訴えている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
シン

0.5駄々イズム

2019年3月27日
iPhoneアプリから投稿

理性を捨てた美しさを感じるには、現代の弁証に耐えられる愚者では無い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たろっぺ

5.0これは日本映画です(アミール・ナデリ監督曰く)

2019年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
bloodtrail

5.0映像美と力強さ

2019年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
voyageur
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る