わたしたち

劇場公開日

  • 予告編を見る
わたしたち

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「オアシス」「シークレット・サンシャイン」の名匠イ・チャンドンが見出した新鋭ユン・ガウン監督が、自身の経験をもとに、いじめやスクールカースト、家庭環境の格差など、現代社会が抱える問題を盛り込みながら、人生で初めて抱く友情や裏切り、嫉妬といった感情に戸惑い、葛藤しながら成長していく子どもたちの姿を描いたドラマ。学校でいつもひとりぼっちだった11歳の小学生の少女ソンは、転校生のジアと親しくなり、友情を築いていくが、新学期になると2人の関係に変化が訪れる。また、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの家庭の事情の違いからも、2人は次第に疎遠になってしまう。ソンはジアとの関係を回復しようと努めるが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまい……。2016年・第17回東京フィルメックスで上映され、観客賞などを受賞した(映画祭上映時タイトル「私たち」)。

2016年製作/94分/G/韓国
原題:The World of Us
配給:マジックアワー、マンシーズエンターテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2015 CJ E&M CORPORATION. And ATO Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

5.0子供たちの自然の演技に圧倒される

ローチさん
2017年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

不安で所在なさげな表情の主人公のクローズアップの最初のカットからいきなり引き込まれる。なんてことのないカットなのだが、その表情がまるで造りモノに見えない。これほど自然な佇まいを引き出す監督の手腕に脱帽する。
本作はいじめを小学校のいじめを題材にしているが、いじめの起きる構造を見事にわかりやすく提示している。人間がたくさん集まれば自然と発生するヒエラルキー、嫉妬や蔑みといった感情が細やかに表現され、小学校の教室に、社会の縮図を描いて見せる。
夏休み直前に転入してきた女の子と夏休み中だけは友だちでいられる主人公。しかし、主人公がいじめられっ子だと判明すると、手のひらを返す。転入してきた女の子も前の学校でいじめられたから、教室内の力関係には人一倍敏感になっている。
素直な好き嫌いで人と付き合っていきたいのに、それを許さない社会。素直に生きることはなんと大変なことだろう。本当は友だちに戻りたい2人の切ない表情が痛切に心に染みる。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
ローチ

4.0二本立て一本目。 苦しい。冒頭からもう胸が締め付けられる。小学生女...

2019年3月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二本立て一本目。
苦しい。冒頭からもう胸が締め付けられる。小学生女子の人間模様。ったく、女子って面倒くせーなー。いやいやすいません、とりあえず謝っておきます、怖いので(笑)
・ボラをしばきたくなります。
・幼い弟が金言を放つのがいい。
・終わり方もいろいろな想像を掻き立てられます。
うまく言えませんが見ておくべき素晴らしい作品です。さすが韓国映画、賛辞を送ります、〇〇ので(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

5.0まさに、わたしたちがそこにいた。

だいずさん
2018年10月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず

4.0うずらのゆで卵

ミーノさん
2018年10月7日
PCから投稿

泣ける

幸せ

是枝監督の推薦文を見て鑑賞。確かに主人公の女の子ソンから目が離せない。ドッチボールのチーム分けで、いつまでも選ばれず、不安と失望を押し殺している表情。ソンのつるんとした小さい顔が、ゆで卵、しかもうずらのゆで卵に見えてくる。
映画が描くのは小学四年生の夏休み前後で、庶民的なお総菜屋を営む両親を持つおとなしくて友達の少ないソンと、夏休み中に転校してきた両親は外国にいるというお金持ちのジア。夏休みの間は手作りのブレスレットもして弟とも遊んで家でご飯も食べたほど仲良しだったのに、新学期が始まったらジアの態度が違う。
昨日まで仲良しだった友達が、翌朝登校したら急によそよそしくなって、何かあったっけ?何か悪いことしたっけ?直接聞くべき?聞く方が変?と、他のことが手につかなくなるほど気に病んだことが、私にも何度かあった気がする。子供の頃、いや少なくとも中学生くらいまで、友達関係には神経をすり減らせていた。ソンには気の毒だが、まだ小学4年生、これからもこんな人間関係の悩みはしばらく続く。でも今回乗り切ったように、彼女は少しずつ成長できる。
まだ10歳なのに、能天気な弟と対照的に家族を気にする姿にも涙。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ミーノ
すべての映画レビューを見る(全14件)