わたしたち : 関連ニュース

メニュー

わたしたち

劇場公開日 2017年9月23日

関連ニュース:わたしたち

有村架純、鉄道運転士姿披露!「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」11月30日公開(2018年5月22日)

鉄道に関わる人々の人生をつづる「RAILWAYS」シリーズの新作で、有村架純が主演する「かぞくいろ」の正式タイトルが、「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」に決定。11月30日から公開されることが発表された。あわせて、有村が鉄道運転士姿を披露した特報映像と、血の繋がらない“家族”3... 続きを読む

アーシア・アルジェントがカンヌでスピーチ「ここでワインスタインに強かんされた」(2018年5月21日)

欧米の映画界では#Metooムーブメントが盛り上がっているが、今年のカンヌ映画祭も女性の権利を主張する動きが目立った。もっとも印象的だったのは、授賞式で女優賞のプレゼンテーターとして登場したアーシア・アルジェントだ。壇上に立つと、「ひとこと言わせてください」と切り出し、「わたしは1997年、2... 続きを読む

スピルバーグ&「レディ・プレイヤー1」出演者、観客が1番沸くのは“あのキャラ”の登場シーン!(2018年4月19日)

約13年ぶりの来日を果たしたスティーブン・スピルバーグ監督が4月19日、都内で行われた最新作「レディ・プレイヤー1」の公開記念イベントに出席。映画監督を目指す若者たちに向けて、「想像力は誰にでもあるはず。アイデアの源は、オンラインでは買えないけど、常にイマジネーションに対し、オープンな姿勢で、... 続きを読む

ミヒャエル・ハネケ、「ハッピーエンド」は日本の事件からインスピレーション受けたと明かす(2018年3月2日)

「ピアニスト」「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督の最新作「ハッピーエンド」が3月3日公開する。難民が多く暮らすフランス北部の町に3世代で住む、裕福な一家が崩壊していくさまをジャン=ルイ・トランティニャン主演で描く。イザベル・ユペール、マチュー・カソビッツらが共演。家族のそれぞれの物語にS... 続きを読む

ベルリン国際映画祭「犬ヶ島」で開幕!野田洋次郎、夏木マリらもレッドカーペットに結集(2018年2月16日)

第68回を迎えたベルリン国際映画祭が2月15日(現地時間)に開幕した。オープニング作品に選ばれたのは、「グランド・ブダペスト・ホテル」以来、4年ぶり待望の長編となったウェス・アンダーソンの「犬ヶ島」。20年後の日本の架空の街を舞台にしたストップモーション・アニメだ。“犬インフルエンザ”の流行で... 続きを読む

詩人・文月悠光「アバウト・レイ」エル・ファニングを絶賛「中性的なたたずまいが印象的」(2018年1月16日)

「リトル・ミス・サンシャイン」の製作陣が再結集し、エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンが顔をそろえた「アバウト・レイ 16歳の決断」のトークイベント試写会が1月15日に都内で行われ、詩人の文月悠光氏が出席。映画を通して感じた思いをこめた新作詩「わたしたちの愛し方」を自身の朗読... 続きを読む

清原惟監督&山中瑶子監督の「PFFアワード2017」受賞作がベルリン国際映画祭出品!(2017年12月15日)

「PFFアワード2017」でグランプリを獲得した清原惟監督作「わたしたちの家」と観客賞に輝いた山中瑶子監督による「あみこ」が、第68回ベルリン国際映画祭フォーラム部門への正式出品が決定した。東京藝術大学大学院映像研究科の修了作品として製作され、「PFFアワード2017」の応募作548本のなかか... 続きを読む

「SHINPA vol.7」に行定勲監督、森ガキ侑大監督ら参戦し大晦日カウントダウン決行(2017年12月13日)

新進映画監督たちの作品を一挙上映する映画祭「SHINPA(シンパ)」のvol.7開催が決定。昨年に引き続き、12月31日の大晦日から新年1月1日の元旦にかけてLOFT9 Shibuyaでカウントダウンイベントを決行する。今回は、日本映画界の最前線で活躍する行定勲監督が熊本復興に向け製作した「う... 続きを読む

「第18回東京フィルメックス」シルビア・チャン監督作「相愛相親」で開幕!(2017年11月19日)

アジアを中心とした注目の作品を多数上映する国際映画祭「第18回東京フィルメックス」が11月19日、TOHOシネマズ日劇1で開幕。オープニング作品としてシルビア・チャン監督の『相愛相親(そうあいそうしん)』が上映された。同映画祭の今年のオープニング作品は、「過ぎゆく時の中で」「恋人たちの食卓」な... 続きを読む

イニャリトゥ監督のVR映画、アカデミー賞特別賞を戴冠(2017年11月5日)

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のVRインスタレーション「Carne y Arena (Virtually Present, Physically Invisible)にアカデミー賞特別業績賞を授与すると発表した。同作は、メキシコからア... 続きを読む

76件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi