笑う故郷
ホーム > 作品情報 > 映画「笑う故郷」
メニュー

笑う故郷

劇場公開日

解説

主演のオスカル・マルティネスが、2016年・第73回ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞したコメディドラマ。故郷のアルゼンチンを離れ、30年以上スペインで暮らしていた主人公のノーベル賞作家・ダニエルが、アルゼンチンから名誉市民賞を授与されることになり、2度と戻らないと思っていた故郷へ戻ることを決めたことから、思わぬ展開に巻き込まれていく様子を、ユーモアとウィットを交えて描く。2016年・第13回ラテンビート映画祭および第29回・東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門では「名誉市民」のタイトルで上映された。17年に劇場公開。

作品データ

原題 El ciudadano ilustre
製作年 2016年
製作国 アルゼンチン・スペイン合作
配給 パンドラ
上映時間 117分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第73回 ベネチア国際映画祭(2016年)

受賞
ボルピ杯(最優秀男優賞) オスカル・マルチネス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

驚きと恐怖の体験記か、痛快な復讐劇か。二度おいしいアイロニックなドラマ
笑う故郷の映画評論・批評

映画の冒頭、主人公の作家ダニエル(オスカル・マルティネス)がノーベル文学賞の受賞スピーチをする場面から、皮肉のパンチが乱れ飛ぶ。「ノーベル賞の受賞は、私の作品が権威の意に添う内容だということ。作家としての衰退のしるしだ」と言って会場を...笑う故郷の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全9件)
  • 邦題ナイス 邦題タイトルで、楽しいコメディかと思って観ました。 確かに時々シュールで、くすっとくる箇所もあるのですが。 違いましたね。 授与されることになった「名誉市民」。なんか小さくね?。 パレードが消防... ...続きを読む

    fukui42 fukui42さん  2018年9月18日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ノーベル賞作家 主人公はノーベル賞を受賞した有名な作家、出身地であるアルゼンチンの故郷から招待状が届き、ほんの気まぐれから30年ぶりに行くことした。 そこには懐かしい面々が一見、歓迎してくれたのだが・・・。 人... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2018年9月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 面白い 良く出来てる。素晴らしいストーリー展開。このパターンは初めてかも。 ...続きを読む

    @Jankichi@ @Jankichi@さん  2018年9月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

人生スイッチ
人生スイッチ (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「笑う故郷」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi