オリーブの樹は呼んでいる

劇場公開日:

オリーブの樹は呼んでいる

解説

祖父が大切にしていたリーブの樹を取り戻すため、スペインのバレンシアからドイツへと向かう孫娘と仲間たちの旅を描いたドラマ。ビクトル・エリセ監督の「エル・スール」にヒロインとなる少女エストレリャ役で出演した経歴を持つ元女優の映画監督イシアル・ボジャインがメガホンをとり、ボジャインの夫でケン・ローチ作品の脚本家として知られるポール・ラバーティが脚本を手がけた。20歳のアルマは気が強く扱いにくい女の子だが、オリーブ農園を営む祖父とだけは幼い頃から強い絆で結ばれていた。しかし、農園の経営難から、祖父が大切にしていた樹齢2000年のオリーブの木を父が売り払ってしまい、祖父は食事も喉を通らなくなってしまう。そんな祖父のため、アルマは樹を取り戻そうと無謀な旅に出る。2016年・第13回ラテンビート映画祭で上映されている。

2016年製作/99分/G/スペイン
原題:El olivo
配給:アットエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Pelicula A.I.E

映画レビュー

3.5ただただまっすぐだけど嫌じゃない。

2017年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
村山章

4.0なにか一枚の大きな絵のような映画でした

2022年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

見終わってから、しばらくしてよみがえってきました。
オリーブの樹を取り戻そうと突っ走るアルマ。ののしり合いながらも愛情深い家族。オリーブ畑を縫って長く続く道路とトレーラー。壊された自由の女神像。組織として冷徹に対処するドイツ企業・・・などの映像、エピソード。

もうひとつは、樹齢2000年のオリーブの樹。その樹とどこか一体にみえるアルマの祖父(マヌエル・クカラ)。この祖父は昔の日本映画「東京物語」の笠智衆みたい。口数が少ないのですが存在感があります。樹を売られ悲しみ、気力をなくしているかわいそうな老人というだけではないですね。

この映画を創った人の思いを勝手に想像してみると、個々を評して通り過ぎるのではなく、両方・全体を含めた大きな絵をみるように、ゆっくり眺め、なにかを感じ、考えてほしい、ということではないだろうかと思いました。
スペイン映画ならではのあたたかさと、現代社会への問題提議を秘めた味わいある映画だと思います。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
jackal

4.0自然を取り戻す!

2021年12月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

日本はビルトアンドスクラップを繰り返してきた国。
自然を取り戻すにはこう言った方法しかない。
壊しちゃ駄目だ。でも、壊したら自然を再生しなけりゃ駄目だ。
森を取り戻す。人間の為だけで無く、全ての自然の為に。
ってこの映画は語っていると思った。
人間は2000年も生きられないって事かなぁ。

コメントする 1件)
共感した! 1件)
マサシ

4.0【樹齢2000年のオリーブの樹が祖父の農園から引き抜かれ、ドイツ・デュッセルドルフの企業のイメージシンボルになった事実を知った孫娘の取った行動】

2019年11月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 ー愛着ある樹齢2000年のオリーブの樹を求めて、スペインのバレンシアからドイツへと向かう孫娘と仲間たちの旅を描いたロードムービー。ー

 祖父の意思に反して、父親が売却した樹齢2000年のオリーブの樹を取り戻すために孫娘ルイスが取った行動と気概に打たれた作品。

 スペイン経済の現実を描き出しつつ、仄かな未来への希望が感じられる。

 コメディ要素を絡め、現在の国家間経済格差も描き出している、小品だが記憶に残る作品である。

<2018年8月13日 酷暑の旅先のミニシアター、京都シネマにて鑑賞>

コメントする 2件)
共感した! 3件)
NOBU
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る