MERU メルー

劇場公開日

MERU メルー
21%
53%
20%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

難攻不落の「世界一の壁」と呼ばれるヒマラヤ・メルー峰シャークスフィン登頂の模様を捉えたドキュメンタリー。北インド高度6500メートルにそびえるヒマラヤ・メルー峰のシャークスフィンは、連続する障害壁などから多くのクライマーにとって悪夢の山とされ、だからこそ挑戦せずにはいられない難攻不落の壁として知られている。2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人のアルピニストがこのメルー峰に挑み、7日のツアー予定は、結果的に倍以上の日数を要する大チャレンジとなった。本作の監督も務め、「ナショナル・ジオグラフィック」の山岳カメラマンでもあるジミー・チンは、2台の小型カメラでこのチャレンジの一部始終を記録。大自然の脅威に果敢に立ち向かう3人のクライマーたちの姿を圧倒的な映像で描き、2015年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞した。

2015年製作/91分/G/アメリカ
原題:Meru
配給:ピクチャーズデプト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0岩壁への超絶アタックに驚愕。登山家の劇的な生きざまに感嘆。

2016年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

知的

前の冬には「エベレスト 3D」「エヴェレスト 神々の山嶺」という登山をテーマにした劇映画2本が相次ぎ公開されたが、今度はガチのドキュメンタリー。

共同監督のジミー・チンと2人の仲間は、ヒマラヤ山脈メルー中央峰の「シャークスフィン」に挑戦する。海面から突き出た鮫のヒレのごとく、ほぼ垂直にそびえる三角の岩壁を、1週間以上もかけて登るのだ。荷物運びも伴わず、自分の体重と変わらぬ装備一式を背負い、夜は岩肌にぶら下げたテントで休息。予想外の吹雪で足止めされ、日程が倍以上に…。

なぜそこまで過酷な挑戦をするのかと疑問に思わずにいられない。なにか哲学的な、人間存在への問いかけを、体を張って実践しているようにも映る。

見どころは彼らの登山だけではない。3人の人生、生きざまがまた劇的。そんな悲痛な体験をしてまで、なぜ登り続けるのか。登山家にならないと真の理解は不可能だろうが、すごいことだけは伝わる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

4.0

KTMさん
2021年5月27日
iPhoneアプリから投稿

山と夜空が神秘的で惹かれた(^人^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KTM

4.0とにかくもの凄い

白波さん
2021年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

もの凄いものを見た、それが何よりの感想です。
登山を舞台とした、正にこれぞドキュメンタリーと言える作品。
そして野暮ったさが無い見事な作りなんです、また音楽も良いんですね。
突出しているのがその映像でしょう、本当に見事です。
自然の切り取り方もだが、それに寄り添うようにクライマーの狂気(あえてこう記します)がそのまま映し出されている。
正直、個人的には山に入る気持ちはわかりません。
もちろん規模にもよるのだけれど、生死が隣り合わせな標高にも及ぶと全く理解できない。
寒いし、辛いし、腹も減るし、指ももげたりする、眠れたもんじゃないだろうし、天候に完全に左右されてしまうのも苦しい。
やはり山は登りたくはないと、改めて思ってしまいました。
ただ少しだけ、「誰にも登れない場所」その一点に吸い寄せられるというのは何となくわかります。
そうした彼らの命をかけた挑戦は、只々目が離せなくなるんですね。
そうして何度も挫折した先に訪れた登頂の瞬間は、本当に息を呑むようでした。
ここまで人の命と自然の尊さを感じる作品も、そう無いだろうと思います。
とにかくもの凄い作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

3.0超人の世界!

Tetさん
2021年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

YouTubeでポータレッジなる岩壁に吊るクレイジーなテントな存在を知り、
自分には全く理解も実行も出来ないクライミングに世界に興味が湧き、本作を鑑賞。

秀逸なドキュメンタリー映画だと思います。

やっぱりあんな岩壁を登ろうという思考回路は、全く理解出来ない。

でもそんな世界が世の中には存在し、実行している人達は自分から見たら超人だ。

ジミーの撮影の作品なのかな?

ただでさえ極限の過酷な状況で撮影もするって、もう訳がわからん。

レナンの復活劇とか、フィクションの映画だったら完全に嘘くさいけど、信じられないエピソードだけど本当だもんな。

この方々の今後の御無事を祈りつつ、応援させていただきます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tet
すべての映画レビューを見る(全43件)