彼女に首ったけ!

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2012年製作/86分/アメリカ
原題:Beauty and the Least: The Misadventures of Ben Banks

スタッフ・キャスト

監督
ブライス・クラーク
製作
ジャスティン・ライオン
製作総指揮
リチャード・グラント・ベネット
脚本
ブライス・クラーク
撮影
クリス・ソール
音楽
ラス・ハワード3世
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

3.0ある女性への恋

kossyさん
2021年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 仲間とドラッグばかりやってるベン・バンクス。ルームメイトはひも付きコンドームなんてものを開発しようとするおバカ。ベンは新聞記事を書くことによって単位を得て卒業しようとするのだが、いい加減な性格が災いして未だ卒業できずにいた。そんな彼にも惹かれる女性がいた。カフェで働くスタイルのいい美人エイミー(バートン)だ。ある時、偶然にも彼女のヌード写真をネットで見つけてしまうが、そのまま良好な関係へ。しかし、キス以上のことをしようとすると、「あなたも映画を観たからなのね?」と拒まれる・・・え、男と絡んだ映画まであったのか?!と慌てふためくベンであった・・・

 名士の不正、少年の自殺など様々な記事ネタが飛び込んでくるけど、オフビート感たっぷりに進むため、盛り上がりに欠けることは確か。それでも過去があろうともエイミーを愛するところは大人へと成長する様子が伝わってくる。ベガスのポルノビジネスの男のところへ直接殴り込み(と言っても、ごつい友だちが中心だった)、契約を破棄させ、マスターテープを取り戻すところがいい。伏線のように扱われているが、少年の自殺した場所にあったところから遺書をこっそり持ち去ったことが、結果的には両親をそれ以上悲しませることにならなかった。それを破り捨てるラストも男らしい・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る