幸せなひとりぼっちのレビュー・感想・評価

幸せなひとりぼっち

劇場公開日 2016年12月17日
102件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

偏屈爺さんと世界の片隅

主人公の爺さんはゴリゴリの保守だ。同じ地域、同じ職場で黙々と働き、大きな変化を好まず、愛する妻を亡くした今では世間と折り合いをつけることも面倒で、早くあの世に行きたいと願っている。

そんな偏屈爺が、隣人となった国際結婚の家族(妻がペルシャ系)と交流することで他者と繋がる喜びに目覚めていく。定番のパターンではあるが、爺さんが改心するわけでも人生観を覆されるでもなく、ひたすらに自分であり続けるのが面白い。

その過程で気づきを与えられるのは実は観客の方だ。爺さんは保守的であっても差別主義者ではない。アメリカのトランプ支持者は保守的な庶民層だと言われているが、保守的な庶民だからといって世界に対して自分を閉ざしているわけではないのである。

逆に言うと、これほどの偏屈爺さんでさえ価値観や文化の異なる他者にオープンでいられるのだ。これは世界の希望であり、日本の現状を思うと羨ましくもある。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

ささやかだけれど、ぐっと胸に染み入ってくる

頑固な老人が、ささいなことをきっかけに周囲と心を通わせ————このプロットだけ見ると、過去の映画で何度も再利用されてきた内容のように思える。だが、この北欧からの贈り物には、単なる表層的では終わらない深みがあった。自ら「あの世」に旅立とうとするたび、走馬灯のように記憶をよぎる過去のエピソード。無骨な父親が一瞬だけ見せた優しさ、運命の女性と出会った瞬間の、世界の見え方がガラリと変わるほどの喜び、その一方で変わりゆく友情、大きなものを失った悲しみ。どれもが胸を締め付ける。そして喜びと悲しみの分だけ、観客はこの頑固じいさんのことを知り、彼への愛おしさを泉のように沸き起こさせていく。かくも共感を誘う物語の歩調と絶妙なユーモアが心地よく、押し付けがましさが全くない。また主人公が、けっして親切のためでなく、溜息まじりで目の前の事象を修理するたびに、人と人、心と心が繋がっていく過程も面白い。ささやかだけれど、とても心に染み入る名作だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

気持ちのいい涙を流させてくれる人生賛歌fromスウェーデン。

原作もそれを基にした映画も世界中で愛される理由は、一重に、亡くなった最愛の妻の元に早く旅立ちたいのにその都度邪魔が入って旅立てない老人の、憎めないキャラクターに起因する。隣人の非常識な行いをいちいちチェックしては文句をつける傍らで、向かいに住むイラン人妻やゲイをカムアウトしたばかりに家を追い出された少年と交流してしまう寛容さが、主人公の独居老人、オーヴェにはあるからだ。辛い過去の思い出に引き摺られて度々自暴自棄になるオーヴェだが、寸前で思い止まらせるのは亡き妻が彼に残した、「今を楽しんで生きて!」という言葉が記憶の奥底に刷り込まれているせい。福祉大国、スウェーデンならではの実は国民に優しくない現実も覗かせつつ進む物語は、人生にはたくさんの悲しみをカバーして余りある出会いと感動があることを教えてくれる。悲観は時に滑稽なもの。そんな達観と随所に織り込まれたユーモアが、気持ちのいい涙を流させてくれる人生賛歌fromスウェーデンである。

MP
MPさん / 2016年12月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

最高の人情喜劇!

地球の裏側の作品なのだが、描かれているのは万国共通の笑って泣ける人情喜劇。
主役含めて名も知らぬ役者達の芝居も上手い!

ヒロ
ヒロさん / 2019年4月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

近所の人が素晴らしい

あんなガミガミうるさい偏屈爺さんが近隣にいて付き合っていかなきゃいけないなら、普通怖いのでなるべく関わりを持たないようにするか、何とか心を通わせようと下手に出て努力してみようとするか。でもこの映画は周囲の人が全く動じず普通なんだよね。そこにひたすら感心したんだけど。普通にもの頼むし、怒り返すし、なんかこの先うまく生きていくヒント貰った気がした。あとはソーニャの優しい笑顔ともちろんオーべのちらっと見せる笑顔に心が温かくも切なくもなった。実に良い映画。

Sheeta
Sheetaさん / 2019年4月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生万歳

ストーリーの大筋の流れは想像出来るが、それでも楽しめた。
過去とエピソードが上手く構成されていて、現在との繋がりが感じられるようになっている。
父親とのエピソードも良かった。イラン人の女性にフォーカスしすぎることなく他の街の人々も描いたことで、オーヴェとその妻のその街で過ごしてきた時間が感じられた。

yuyu
yuyuさん / 2019年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと色んな人に見て欲しいです

妻に先立たれ、後追い自殺をしようとするおじいさんの人生が、ご近所周りによって変わっていく話。

と説明すると簡単に聞こえますが、やっぱり惹かれませんか?
生涯で一番大切な人が亡くなり、自分の生涯すら終えようとするような重さで、それをどう他人が変えていくんだろう。
変えたのは主人公でしたが、やっぱり、家族という存在が愛を教えてくれる。
家族は、血じゃなくとも愛という絆が有れば。

身近な人を大事にしたいと思える映画です。

mnb93
mnb93さん / 2019年1月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

打たれても負けない

スウェーデンの映画は記憶にあるかぎり、優しいようで冷酷で、冷酷そうで優しいというなんとも人生の苦味甘味を写していて、単純にあー面白かったにはならいところが複雑な面白さ。

ものを大切にするのと同じように、人との繋がりも簡単には切り捨てない愛情があるのが素晴らしいなと思う。一方で、移民国家でもあるスウェーデンは、この映画に出てくるように、他文化からの優しさやお節介が混じって、うまいこといい文化が育まれているところもあるのだろう、し、育もうと努力しているのだろうな。人に優しくしようと思っても、この映画のイラン人の女性のように打たれても打たれても食いついていくガッツって日本の文化ではお節介といわれそうでできないことが多
いけど、頑張りたいなと思った。

それにしてももうちょい幸せな余韻に最後は浸らせて欲しかった。

子供は宝

マッターホルン2
マッターホルン2さん / 2019年1月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おしゃれ〜

心に傷を負う正義心強すぎの頑固オヤジと
近所の強めかあちゃんの話っていう時点でいい。
おじいさん系は泣ける

めっちゃ絵がおしゃれ。色使いもおしゃれ最高

NORA
NORAさん / 2018年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛だった。 好きな物を注文できるように。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

愛だった。

好きな物を注文できるように。

ゆい
ゆいさん / 2018年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

力作、良作

こじんまりしたほのぼのムービー(悪くいうとぬるい)を想像していたら、時代毎の回想を織り交ぜた展開力と、毒のあるユーモアと心地良さもある力作、良作だった。
他人に何かとうるさい気難し屋のじじいが、妻に先立たれ、職を追われ自殺を試みる。あの手この手で自殺を試みるも失敗する、これコント。
引っ越してきた家族と妙な関係を築きつつ、他人との繋がりを「修復」していく。
ヒューマンドラマであれば以上の展開だけで成立させるが、この映画は回想シーンに力を入れている。これが、とてもきれいな出来映え。
車の新車買い合戦とか、映画での笑いの作り方がうまい。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2018年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きで特別な一本に

結婚観ががらっと変わった近頃。
それでもまだまだ前の価値観を捨てきれず、
実はこの作品、タイトルから勝手に全然違うものを想像して録画しておいたもの。
私の妄想では、キャリアウーマンが結局ひとりでも強くたくましく楽しく生きていく物語だったはずが…笑

そんな間違いから、この作品と出会えたことに感謝。

途中から、ぷっと笑いながらも涙が止まらない状態に、、
なんて素敵な作品なんだろう!!!!!
大好き。

runa
runaさん / 2018年9月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今を必死に生きるのよ。

良かった。
奥さんとの過去のエピソードが良すぎて泣けてくる。
ルネとの関係も良かった。
いい映画だった。

mg
mgさん / 2018年8月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ユーモアとコメディチックと思いきや… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

気軽に観てみると、そうではなく良い感動の涙が流せた作品でした。

決まり通りにいかないとイライラする偏屈爺さん

偏屈になったワケが徐々に明らかになっていきます。

所々にあるユーモアも良かった。

若い頃を振り返るタイミングも良かったです。

ジンワリ感動し、泣けました。

こしあん
こしあんさん / 2018年8月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁまぁ

怒りん坊のおじいさんが
だんだん優しくなってくる

素敵な映画だね

のりぽん
のりぽんさん / 2018年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ぼっちじじいネタとすれば「グラン・トリノ」より劣る

家族と職を無くしたカタブツ59歳の男が自殺未遂を期に団地の住民と触れ合う物語。

59歳よりかは69歳くらいに見える主人公。
過去の思い出と現在が交差する。過去の思い出話は泣かせるいい話なのだが、いかんせん途中途中に挟まれてテンポが悪い。

近所の交流もいい話なのだが、カタブツ主人公を上回る癖のありすぎる周りのキャラクター達。

これを全部見た時には、「日本のタイトル名は合ってないわ!」と疑問視。

現在が「グラン・トリノ」級に他家族との触れ合い・絆があれば評価高かったんですけどね。
クルマネタもグラン・トリノの方が好き。

絶賛とはいきませんでしたが、最後の主人公の想いを大切にしようとする団地の住民達の後ろ姿は良かったです。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きな映画です

感動しました
ストーリーだけではなく、映像も美しかったです
北欧の家やインテリアが好きな人にとっては最高の映画かもしれないです

momoco
momocoさん / 2018年6月24日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

晴れる日はそうはない

そう、皆さんが想像するような物語です
ネタバレとか心配しなくても大丈夫です
けど、なんかちょっと違う

ひとつひとつのエピソードもよくある話
どれだけめんどくさい老人でどれだけ周りに腹を立てているのか
その心が少しづつ少しづつ変化する
ねっ、よくある話でしょ
しかし何故か新鮮なのはどうして?

普段怒ってる人が笑うといい人なのかも?と思う
もんくを散々言いながらもやることはキチンとする
何もかもが嫌いなわけじゃない
誰にだって辛い時があるし耐えられなくなることだってある、一人じゃなんともならないことも
人を頼りたくない時もある
無理せず時を待てばいい、変われる時は必ず来るから
周りに立てているのは自分の腹
立てた腹は自分でなだめてやるしかない、その時はきっと来る
そうすれば優しくなれる、見えなかったものが分かるようになる
もう大丈夫。

カルヴェロ1952ll
カルヴェロ1952llさん / 2018年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コメディと思って観たけど

じんわりほんわか、良かった。
頑固ジジイな部分も共感できた。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2018年4月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生はどこで区切れば幸せとなるのだろうか、そんな事を考えた。世の中...

人生はどこで区切れば幸せとなるのだろうか、そんな事を考えた。世の中の人をバカ呼ばわりしているお爺さん(と言っも59歳)の気持ちが何故だかよくわかり小気味よかった。

tsumu miki
tsumu mikiさん / 2018年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

102件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報