劇場版 恐怖のお持ち帰り ホラー映画監督の心霊実話怪談

劇場公開日:

劇場版 恐怖のお持ち帰り ホラー映画監督の心霊実話怪談

解説

「こわい童謡」や「渋谷怪談」シリーズなど、数々のホラー作品に監督や原作、脚本として携わってきたクリエイターの福谷修が、撮影現場で見聞きした怪談を集めてつづった実話怪談集を、自らの手で映画化。若手女優をマンションに招き入れた新進の映画監督の身に起こる奇妙な現象を描いた第1話「お持ち帰り」、報道番組から左遷されバラエティ番組担当になったプロデューサーが、アイドルの肝試し企画の現場で起こった怪現象の謎に迫る第2話「墓荒らしアイドル」、オカルト雑誌の企画でいわく付きの一軒家にグラビア撮影に訪れたアイドルグループのメンバーが、家に秘められた真相に触れる第3話「神隠し」の計3話で構成されるオムニバス。出演は「U-31」「特命戦隊ゴーバスターズ」の馬場良馬、映画「暗殺教室」シリーズの松永有紗(リンクSTAR`s)ら。

2016年製作/62分/日本
配給:ZELICOFILM

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5見えない怖さ

2016年7月18日
フィーチャーフォンから投稿

怖い

興奮

お持ち帰り
始まって5分で終了。その後は期待を超えない変化のリピート映像でそうですかという感じ。オムニバスの短編にしても飽きてくる。

墓荒らしアイドル
序盤の体育館から不穏な空気。墓石をずらすとかオカルトを信じない人間でも嫌な気分。丸い石の肩透かしからの展開は怖面白い。前話と同様リピート映像で嫌な感じがしたけどこっちはあっさり終わって良かった。

神隠し
終始不穏な空気が良い感じ。最後まで正体のみえない何かというのがなかなか良かった。

1話目はみえてしまってあまり面白みを感じなかったが、2話目3話目はみえない何かが怖くて良かった。怖さが少し足りないけれど、オムニバスであるが故に深い話や背景もなく短くあっさりテンポも良くてみやすかった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「劇場版 恐怖のお持ち帰り ホラー映画監督の心霊実話怪談」以外にこんな作品をCheck-inしています。