「忘れてはならない大切なもの」リメンバー・ミー syu-32さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

リメンバー・ミー

劇場公開日 2018年3月16日
全459件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

忘れてはならない大切なもの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

会社の人に勧められてレンタルDVDで鑑賞しました。私は普段ディズニー映画は観ない方なのですが、「これは泣けるから観て!」と強く勧められました。「そこまで仰るなら…」とちょっと興味が湧きました。
メキシコの日本で言うお盆に当たる“死者の日”を題材にした物語です。死者の日にはご先祖様が家族の元に帰ってくることができますが、その条件は祭壇に写真が飾ってあること。写真も無く、人々の記憶から完全に忘れ去られてしまったとき、死者は“二度目の死”を迎え死者の国からも消え去ってしまいます。何ともシビアな設定だなと思いましたが、それがクライマックスの展開と感動へと繋がって行くので文句無しです。
私たちがこうして生きていられるのはご先祖様から繋がってきた命や想いの結晶なんだなと感じました。何と尊いことなのかと。私はつい先日大好きだった祖母を亡くしたばかりだったので、余計心に沁みました。両親から曽祖父や曽祖母の話を聞いたりする機会が小さい頃ありました。また私もいつかできるだろう自分の子供にも祖母や祖父のことを話して聞かせようと思います。そうすることで実際の記憶は伴わなくとも、心の中でその人生は生き続けてくれるのではないでしょうか。家族が決して忘れない限り、その想いは永遠に繋がって行くのではないか、そう教えられたような気がします。離れていても忘れないで―。「リメンバー・ミー」の歌詞の内容を思い出すと今でも泣きそうになります。
ミゲルの家庭で音楽が御法度となった背景には、ヘクターが去ったことにより音楽を避けるようになったイメルダを見たココが、母親の心情を子供なりに察して大好きな父親と音楽を嫌いになったという風に振舞ったからではないでしょうか。それから綿々と「音楽はダメだ」という上辺だけが受け継がれ、本当の想いが置き去りになってしまったことで誤解と擦れ違いが生まれたのではないかと思いました。ミゲルの歌う「リメンバー・ミー」を聴いたココが表情と記憶を取り戻し、ヘクターが二度目の死から救われ、家族の心までもが氷解していくラストに感動し泣いてしまいました。遥かな時を越えてヘクターの想いを受け取り、自身も本当の想いを家族に伝えられたことで、ココは安らかに逝くことができたのだと思います。
1年後の死者の日にヘクター、イメルダ、ココが3人揃って花びらの橋を渡るとき、ココはおばあさんの姿ですが、どんなに老いても親にとって子は子なんだなと、そんなことでもホロリとしてしまいました。

syu-32
さん / 2018年8月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi