ぼくは明日、昨日のきみとデートするのレビュー・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

劇場公開日 2016年12月17日
342件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

タイムパラドクス ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 交際は順調だった。携帯を持たない愛美(小松)だったが、高寿(福士)がアパートの電話番号を聞き出して、次の日には動物園でキリンの絵を描いていたとき、ふと愛美が現れたのだ。その絵もそうだし、メモ帳を二つ持っていたり、作ってもらったビーフシチューの隠し味がチョコレートだったりと、まるで未来を予言するかのような愛美。やがて2人は結ばれるのだが、高寿の部屋にメモ帳を忘れて行ったとき、日付が逆に書かれて、最初には高寿最後の日とまで記されていたのだ。

 愛美から謎めいた話を告白される高寿。彼女は別の世界からやってきて、その世界では時間が逆に進んでるのだという。しかも、5年に1度、30日間だけしか会えず、30日を過ぎてしまうと次は5年後。彼女の過去は彼の未来でもあったのだ。

 まるで『ベンジャミン・バトン』を2人がお互いに演じてる関係。タイムパラドクスものとしては特異な設定だ。ただ、1日を単位として時間が交差しているので、ちょっとずるい気もする。それでも、頭が混乱しつつ鑑賞を続けると、徐々に意味がわかってくる。1度だけしか体を合わせてないようだったけど、もし子供が出来たらどちらの世界で成長するのだろうか?などと考えてもみた。さらに、5年に1度という設定もなにやらあやしい・・・

 2人とも5歳の時に35歳になってる相手から命を救われてるという設定もいいけど、これにももし助けなかったら2人とも死んじゃうのかな~などと不埒なことを考えてしまった。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年12月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

記録。劇場鑑賞3回。個人的にかなりかなりお気に入り作品。 不自然す...

記録。劇場鑑賞3回。個人的にかなりかなりお気に入り作品。

不自然すぎる馴れ馴れしい出会いに対する伏線回収が見事過ぎて涙がとまらなくなる。

えぷりん
えぷりんさん / 2018年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2度見ても泣ける作品! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

初めて見たときは南山くんの目線で見ました。

原作もあらすじも読まずに見たので
冒頭は何が悲しくて愛美が泣いているのかわからなかったですし、なぜ未来がわかるのか疑問で、自分のことをなんでも知ってる愛美が怖かったですが、
その謎が解けた時、2人の気持ちを思うと切なくて涙が止まらなくなりました。

この物語の設定を踏まえた上で、
今度は愛美の目線でもう一度鑑賞。

この時愛美はどんな気持ちなんだろう
と考えながら見ていると、
辛くて涙が出ました。

出会ってすぐ知らない人に声をかけたり
1ヶ月でここまでお互いを想い合っているのは
正直非現実的ですが笑
人との出逢いを大切にしようと思いました。

Crystal
Crystalさん / 2018年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄くいい

ずっと見たくてようやく見れました
本当に感動しました!

たけ丸
たけ丸さん / 2018年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本を読んでたから話わかったけど、読んでなかったらあんまりわからなか...

本を読んでたから話わかったけど、読んでなかったらあんまりわからなかったかも。小松菜奈ちゃんがひたすら可愛かった。

m1n@
m1n@さん / 2018年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

余韻と世界観の良さ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この映画、見る前は正直全然期待してなかったし、女子友達と見るからしょうがないか位の気持ちで見に行きました。
見た後。余韻が凄かったです。1週間くらいはずっと余韻が残ってました。backnumberの曲とエンディング映像が最高にマッチしていて、雰囲気も素晴らしかった。
ですが彼女が地球とは時間の流れが逆の星から来たという設定は、当時の私には頭がゴチャゴチャになる部分がありました笑
あと号泣というよりは、涙ポロリという感じ。

sakiika.
sakiika.さん / 2018年10月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オジサンも泣けた(笑)

原作は2年くらい前に読みました。ファンタジー恋愛小説って感じで、映画化されると聞いて、楽しみにしてました。

映画館に入ってビックリ‼️客席は女子中高生ばかり…さすがに男1人で観る映画ではなかった。(笑)

でも、泣けました。ストーリーは分かっていても、2人の切なすぎる運命に、いつしか自分も同化していました。

大好きで、ずっと一緒にいたい人なのに、一緒になれない運命をどう受け止めるのか…今の自分にとっても通じるものが…。
大切な人と改めて観たい作品です。

小松さんは「渇き」から注目していた女優さんでしたが、今回の清楚で自然体の演技に、益々応援していきたい女優さんになりました。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映画初心者向け演出

この程度のSF要素にいちいち説明過多。何かに気付いた→一人言、ていうのが多いテレビドラマ的な初心者向け演出でキツかったです。演者のリアクションだけで分かるでしょ。

ジンクス
ジンクスさん / 2018年9月24日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハツピーエンドは幸せの終わりなんですね

よくわからないので映画を二度観ました。
そして、やはりわからない、感じない。
エンドロールは十数回観ました。
バツクナンバーの歌詞が映画のストーリーそのままですね。
それで、聴いてるうちに涙が出て、止まらなくなりました。
歌詞が凄いですね、原作の伝えたいことが、映画では無く、歌で伝わるなんて。
福士も小松も熱演なんですが。
上映時間の関係からか、やたら同じ映像使うのはやめてほしい。
ロケ地を全て知る身として、アラが目立ちます。
とにかく、バツクナンバーの凄さだけが救いの映画です。

アサシン
アサシンさん / 2018年9月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

小松菜奈が最高に可愛かった!内容も最高です! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

小松菜奈目当てで鑑賞しました。
冒頭から透き通るような可愛さで、一瞬で引き込まれてしまいました。
映画の内容自体もものすごく感動しちゃって、大好きな映画になりました。
観ててわからなかったとこは、
①愛美のいる世界では時間が逆に流れているとこのとですが、ベンジャミンバトンみたいな感じってことなのか、それとも基本はパラレルでおんなじ様に時間が流れてるけど、5年に1回、30日間愛美にとって逆戻りの世界になるのか。
②0:00になったら一旦元の世界に帰るとのことですが、どうやって行き来しているのか。又、日付が変わったらどのタイミングでまた戻ってくるのか。
考え出すといろいろありますが、そんなことは置いといてめちゃくちゃ感動出来ました。
最後どんでん返しで一緒になれたらよかったな、、なんだかとても切ない気持ちになりました。
結論としては、とにかくひたすら小松菜奈が可愛くて可愛いくて、、Blu-ray買うことにします。笑

kabochan49
kabochan49さん / 2018年9月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二度目なのに泣いてしまった。

二度目の鑑賞ながら泣いてしまった。この映画、もう少し評価されてもと思う。最高の小松菜奈が観れる。どこまでも小松菜奈を応援する。

masayan_yade
masayan_yadeさん / 2018年8月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2回目は涙を抑えることが出来ませんでした (T^T)

自己最高に切ない感動的なストーリーでした。
2回目はファーストシーンから涙が溢れます。
ずっーとうるうる(T^T)

結局5回見直して・・・DVD購入し原作も3回読み返しました。

寅
さん / 2018年8月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切なくて悲しかった。

映画館では鑑賞してませんがレンタルで借りて観ました!
なんだか切なくて悲しいstoryでしたが凄く良かったです(^O^)
2回は鑑賞した方がいいかな?

mii
miiさん / 2018年8月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

思ってたよりも💧

思ったよりもそんなに。
でも一度見ただけだと難しいのかも
二度見て改めて良さを感じれる作品なのかも。
主演の2人は大好きなので
最後まで綺麗に見れました。
ちょっと不思議な作品。

ジョン3
ジョン3さん / 2018年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とっても切なく愛しい映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリーの時系列が少し複雑ですが2人の30日間の気持ちの動きがとっても切ない。
特に小松菜奈さん目線で振り返る終盤のシーンは切なさの最高潮。

小松菜奈さんは『渇き』で初めて見て強烈に印象に残りましたがこの作品ではとても愛しい。

エンドロールに流れる『ハッピーエンド』もいい曲です。

es201860fuji
es201860fujiさん / 2018年7月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

願わずにいられないこと ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

時間進行が違う世界の二人がお互いを助け合う事で互いの時間の廻りがつながりあう物語...時を越える能力は愛美にしかなかったんですね。意識のすれ違いを覚悟しても、5年に「30日」しか逢えなくても同じ時間を過ごしたかった...。運命には抗えない事を覚悟してからの残りの時間は切なく美しいものでした。
...できるものなら...エンディングでやっとまたたどり着いた二十歳の高寿の世界が二人とも同じときの流れ方で流れるような感じを示唆していたみたいだったけど...ともにおんなじ時が流れていくということを願わずにはいられませんでした。
あと...バックナンバーさんの「ハッピーエンド」は反則!!号泣でした。

まこと
まことさん / 2018年7月10日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイムリープ系では ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ないかもしれないけど
設定が難しすぎない?
1ヶ月のために10年待つのすごい

てん
てんさん / 2018年6月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あらすじを知らずに観た ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

5年ごとに混じる、って、他の人たちも??
この2人だけなの?よくわからなかった。

同じように逆行している人たちはどこにいるのか?
半々ぐらいで混じっているの??

逆行する人たちは、文明の利器は
どんどん新しいものを持ち込むわけ??

5歳と55歳とかじゃダメだったのか?

納得できないところが多いけど、デート映画。
小松菜奈かわいい。

@Fxxk4ever
@Fxxk4everさん / 2018年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

けっこうよかった。

絵がとても綺麗。光を上手に使っていて、とても詩的で、せつない。あとでやっと意味がわかる。

taiyounoko
taiyounokoさん / 2018年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「また明日」それがいつしか、ぼくたちの合言葉になった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(三木孝浩監督)から。
タイトルの意味が、作品後半になって分かると、
観賞後、再度最初から観てみたくなる作品であった。
「また会えるよ、また明日ね」
「キリンのクロッキー、あっ、教室に貼り出されるやつだ」
「『また明日』それがいつしか、ぼくたちの合言葉になった」
「あなたにとっての未来は、私にとっての過去」
「僕が昨日一緒に過ごした愛美(えみ)を、今日の君は知らない、
それだけじゃなくて、今まで一緒に過ごしてきた想い出全部を
君は知らない」
そんなメモが、とても輝いてきた。
ただテーマは「すれ違い」かな、とこんな台詞が浮かんだ。
2人の関係を何も知らない、友だちが「すれ違い」について、
「月と地球もある意味、すれ違ってるって言えるよな。
同じ距離をひたすら、ぐるぐる回って、永遠に近づけない。
これが恋人同志だったら、マジ、ツレーよなぁ」と語るシーン。
なるほど上手いことを言うなぁ、とメモをした。
しかし・・・最後のワンフレーズで、またまた納得してしまう。
「私たちはすれ違ってなんかない、端と端でつながってんだ」

shimo
shimoさん / 2018年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

342件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi