あなたの旅立ち、綴ります

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
あなたの旅立ち、綴ります
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大女優シャーリー・マクレーンと若手実力派のアマンダ・セイフライドが共演し、人生の終わりを見据えた嫌われ者の老婦人と、始まったばかりのキャリアに悩む若い女性記者が、世代を超えて育む友情を描いたハートフルストーリー。マクレーンとセイフライドはともに製作総指揮も務めた。ビジネスで成功し、何不自由ない生活を送ってきた老婦人ハリエット・ローラーは、80代になって孤独と死への不安を抱くようになり、自身の訃報記事を生前に用意しておこうと考える。地元の若い新聞記者アン・シャーマンに記事執筆を依頼したハリエットだったが、わがままで自己中心的なハリエットを良く言う人は誰もおらず、出来上がった記事は理想とはほど遠い内容だった。そこでハリエットは「最高の訃報記事」ができるように自分を変えることを決意。愛され、尊敬される人物になるよう奮闘する。そんな何事にも強気なハリエットと正反対な性格のアンは、しばしば衝突するが……。

2016年製作/108分/G/アメリカ
原題:The Last Word
配給:ポニーキャニオン、STAR CHANNEL MOVIES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 The Last Word, LLC.All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0ヒューマンドラマ

PANCAKEさん
2019年8月4日
iPhoneアプリから投稿

成功するには、嫌われることを恐れないタフさが必要だけど、人生最後に残るのは家族であり、仕事以外の人間関係。ゆっくりしっとり観たいときに

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
PANCAKE

4.0いい一日を送らずに・・・意味のある一日を送って。

shimoさん
2019年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

4.0人生って単純じゃないから面白い

Joさん
2019年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Jo

4.0幾つになっても今日を輝かせて生きるのは自分の力を信じる事!

2018年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

シャーリー・マクレーン演じる主人公のハリエットは気難しく、口うるさい為に、誰からも愛されない孤独な老婆と言う印象を始めは想わせるが、しかし、彼女の人生と生き方を知るにつけ、彼女がいかにキャラクター的に愛すべき優しさを持っている人間なのかが徐々に明かされて行く辺りが、物語の中へと感情移入出来るように、本作は本当に巧く脚色されているように思う。

元々セレブの気難しい老母とアナンダ・セイフライド演じる新米ライターのアン、この2人では何も接点が無い。
人生では普通に考えれば、何の接点も無い者同士が、ひょんな縁から、行動を共にする事で、ハリエットは日々退屈な有り余る時間と目的の無い寂しい日々が、一転。
一方新米のアンはライターとして生きたいと思いつつも自己の人生に自信が持て無くて行き詰っていた現在マイナス同士のこの2人が出会う事で、2人の人生が大きなプラスの方向へと転換すると言うヒューマンドラマと言うよりは、主人公のハリエットキャラクターから言うとハートフルコメディーだね。

他者は人の表面上しか見無いので、じっくりと付き合ってみないと、いくら長くいようと中々本心を理解する事は出来ないものだ。そして、人は社会的な動物なので、付き合う立場の異なる相手には異なる対応をするものだから、更に一人の人間でも多面性を持ち、そのどの角度からその人を観ているかで、その人に対する評価は全く異なるものだ。
こう言う物語は比較的ハリウッドでは多く描かれる物語だけれども、特に本作はシャーリー・マクレーン自身をハリエットに重ね合わせている様に、描き出している処が非常に嬉しかった!

本題から外れるが、シャーリーは子供時代からバレエを習いダンサーを夢見てNYへ出てきて、主役の病欠の代役として舞台に立った事が、プロデュサーの眼に止まり、大女優の道へと進む事になるが、女優業の他にも、冒険家としても世界各地を飛び回り、何冊ものベストセラー本を執筆。政治キャンペーンも精力的にする等、本当に好奇心の赴くままに、即行動と言う方のようだ。
そして大の日本好きで、一人娘の名前は、サチと日本名を入れている程。そして彼女自身も離婚歴もあるが、それはやはりハリエットと同様にシャーリーが若い頃は女性が好き勝手に生きる事が出来ない時代にも関わらず、自己の生き様を貫き通す努力を惜しまずにして、人生を切り開いてきた勇気ある行動が、80歳を超える現在も尚も現役で活躍し続けられる原動力になっているのではないだろうか?
人生のターニングポイントや、またはそれ程大きな事では無くても、悩み落ち込んだ時には、本作を観てハリエットからパワーを貰う事が出来たら悩みはきっと何処かへ飛んで行き、明日はまた元気を取り戻せる事だろう!
本作では、人は幾つになっても人生を輝かせる事は自分の意思一つで可能になる事を教えてくれる!これ程前向きで、パワフルな終活って他には無いだろうね!気持ちがスッキリとした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る