ある戦争

劇場公開日:

解説

タリバン圧政下のアフガニスタンで平和維持活動にあたるデンマーク軍の兵士たちを描き、第88回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた戦争ドラマ。母国デンマークに妻子を残し、150人の兵士を率いてアフガニスタンに派遣されたペダーソンだったが、ある日、任務中に部下が地雷を踏んで命を落としてしまう。さらにその数日後、地方の村を訪れた彼らは、敵の急襲を受けて航空支援を要請するが、その支援攻撃によって複数の民間人が犠牲となる。ペダーソンは責任を問われ、軍法会議にかけられるが……。主演は「LUCY ルーシー」などハリウッドでも活躍するピルウ・アスベック。「偽りなき者」の脚本家トビアス・リンホルムが監督・脚本を手がけた。

2015年製作/115分/G/デンマーク
原題:Krigen
配給:トランスフォーマー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

映画レビュー

4.0通信兵ブッチャーの証言は多分偽証だったんだろう。 それを一番知って...

2022年8月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ポケ

3.0人道的に人を殺す任務 と 背負わされる罪の意識

2022年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

戦場の日常ってきっとこんな感じなんだ、とか、戦闘の中の切迫感ってこんな感じなのだろう、と私にはリアルに感じられました。戦場と日常の対比も説得力があり、クラウスの苦しみ、奥さんの辛さがひしひしと伝わりました。自分なら何ができたのだろう、どう判断するのだろう、罪の意識とどう折り合うのだろう、と思いは広がります。でもそれは、答えはない問いです。

2021年8月の完全撤退後の観賞だったこともあり、戦争を決めたかの国の元大統領はせめて罪の意識に苛まれているのだろうか、と思いは俯瞰に跳躍します。そして、例えばウクライナで民間人への攻撃ばかりが非人道的だと報道される裏で、ウクライナ兵、ロシア兵たちの失われた命や心の傷を思うと、心がつぶれるような気持ちになります。

ただ、気になったのは、タリバンの残虐な描かれ方。西洋世界からの、一面的な解釈であるように思えて、その点は残念でした。

〔翌日〕
翌2022年5月15日は沖縄復帰50周年。その報道に接していると、また、違う見方も生まれてきます。
アメリカ軍兵士は沖縄で罪を犯しても、基地に逃げアメリカに帰国。当たり前のように、罰を逃れてきた歴史を見ると、この映画に疑問がわいてきます。
デンマークは、ホントに、これほど積極的に戦争犯罪を裁いてきたのでしょうか。
この映画が製作されるまでに、開戦から14年間もアフガニスタン紛争を戦ってきたデンマーク。
うがった見方をすれば、この映画はプロパガンダです。
曰く「デンマークは国際法を遵守し、正義の戦いを続けていますよ。タリバンは自国民を残虐に殺害し、恐れられていますよ。アフガン国民はデンマーク軍に助けられ、活動を支持していますよ。デンマーク軍兵士は、判断ミスも犯し罪の意識に苛まれるけれど、最善を尽くしていますよ」と。
「西洋の民主主義は正義」「非西洋の政治・社会は劣っている」この上から目線が、いったいどれだけ多くの人を殺してきたことか。

たぶん、この監督はプロパガンダという意識なしに製作しているようにも、思われます。
でも、それって意識的なプロパガンダより、かなりたちが悪い。

自分が正義の側に立っている、という独善。
そうした自己認識の恐ろしさに、改めて気付かせてくれた映画。
そんな解釈の方が、正解に近いような・・・。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マツドン

3.5倫理観を問う映画

2021年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

ドンパチ戦争映画ではなく、軍事的・人道的・人間的・政治的な倫理観を、裁判を通して考えさせられる映画

コメントする (0件)
共感した! 0件)
最近見た映画中心 たくと ☪ そしてヴァナ・ディールへ

3.5本当の正義とは

2019年8月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

正義とは人それぞれ持っているし、その現場にいたとしても真実を言い切れるとは限らない。
自分を見失わないために1番大事なのは信念を持つことなんだと。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ぽじのふ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る