劇場公開日 2016年4月8日

  • 予告編を見る

「ルームの中 外の世界」ルーム ま ど かさんの映画レビュー(感想・評価)

3.8349
25%
61%
13%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0ルームの中 外の世界

2018年5月6日
iPhoneアプリから投稿

誘拐され7年間部屋の中に監禁された母(ジョイ)と、その中で生まれた息子(ジャック)の物語。

最初はレイプ犯の納屋の狭い部屋(ルーム)に閉じ込められて母と息子の2人で生活をしている。母は脱出をするために5歳になった息子に死んだフリをさせて部屋の外に出し、無事に母と息子は警察に保護されて7年間の監禁生活から解放される。

普通の映画ならここで終わりだが、この映画の肝は、外の世界に復帰してからということにあった。

生まれて初めて部屋の外に出たジャックは新しい世界に心を踊らせつつも、不安でジョイ以外に心を開こうとはしない。
ジョイは念願の元の生活に戻れたはずが、子育て、家族、また自分がなぜこんな目に遭わなければならなかったのかという苦しみ………そんな葛藤の中息子や家族に酷く当たってしまう。
またテレビ局の記者の言葉はあまりにも酷かった。
ジョイの家族は、愛する娘の息子のはずなのに、憎いレイプ犯の血を引いてることに対しても葛藤する。

特にジョイの母の
「自分だけが人生を壊されたと思ってるの?」
という言葉には、涙してしまった。

彼らは元の世界に戻るべきだったのか考えてしまう。
ジャックが何度も部屋に戻りたいという気持ちが痛いほど伝わる、彼にとって部屋は全てのはじまりだったから。

1人の人生を壊すということは周りの様々な人達にも大きな影響を与えてしまう。
自由になれたとしても本当の意味で元通りというのはあまりにも難しいし不可能なことなのだと思う。
決して非現実的なストーリーではないからこそ、現実味があり、同じ女性として怖くもあったし、考えてしまう部分が多かった。

序盤から重いテーマだったが、ジャックの初めての世界に心踊らせる姿にはすごくほっこりもして、彼等のこれからの人生が幸せであってほしいなあと思った……。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ま ど か
「ルーム」のレビューを書く 「ルーム」のレビュー一覧へ(全349件)
「ルーム」の作品トップへ