ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本のイルカ漁を批判的に描き、アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」への反論として製作されたドキュメンタリー。これが初監督作品となる八木景子が、「ザ・コーヴ」の舞台にもなった和歌山県太地町に長期滞在し、元捕鯨師や町長など現地の人々へインタビューを敢行。その一方で、「ザ・コーヴ」の監督ルイ・シホヨスや主演リック・オバリー、イルカ漁の時期に太地町に現れる反捕鯨活動家たちにも話を聞き、さまざまな立場の意見を取り入れながら、捕鯨に関する問題を掘り下げていく。

2015年製作/107分/日本
配給:八木フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2015 YAGI Film Inc.

映画レビュー

5.0日本のマスコミのマスゴミ具合。

SAIさん
2018年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

「ビハインド・ザ・コーヴ」という映画を観る限り、アメリカのマスコミもやはり情報の取捨選択は行っており、捕鯨に対しては「反捕鯨」のスタンスでのみニュースを流しているということのようですが、それとは別に、アメリカの市民は捕鯨に反対の人が多いようでもないようです。どういう経緯かうまく把握できなかったのですが、真珠湾攻撃についてアメリカの街頭でアメリカの非の部分?を何十年も主張している人がいるのにも驚いた。

アメリカのマスコミもあまり信用ならないんだなというのは少し残念ですね。

日本もきちんとしたデータに基づいて捕鯨再開を主張をしているわけでしょうから、自分たちのデータに自信があるのであれば、ノルウェーみたいに商業捕鯨すると言えば話は早いのにね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SAI

4.0まず、何が真実か、現地の声を聞くこと。現地で起きていることを知ること。

栗太郎さん
2016年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

いじめられても、言い返せず怒りも見せず、倒された時についた尻の土を黙って払い、ただうっすらと笑顔を見せる。いじめたほうは、ああこいつなら多少きつめにいじめても大丈夫だ、自分の落ち度がばれないように大声で罵ってこいつを悪者に仕立てれば、こっちの気分も晴れる。

つまり、そういうこと。まさに、格好のいじめられっ子だ、日本は。

「ザ・コーヴ」は、南京大虐殺や従軍慰安婦の歪曲した報道、捏造の構造と同じ。黙っていれば沈静化するだろうと耐え忍ぶも、そこに政治的思惑や「ビジネス」が存在する限り、しゃぶりつくそうとする輩は、消えはしない。
あの「シーなんとか」(映画の中でこう表現したご婦人は、意図的なのか、ここだけ笑わせてもらった)という、まるで海賊のようなTシャツを平然と着るような連中に、平和的な環境保護を委託できる神経など、僕にはない。
彼らは、暴力なし、言葉もなし。他人の土地にどっかりと居座るやり方を熟知しているのが憎たらしい。
まるで、シロアリのような連中だ。

価値観は、生まれ育ち、宗教、政治背景、、、いろんな理由で違って当たり前。たとえ平行線であっても、それをすり合わる努力が、国際社会には必要でしょう?
議論なしの押し付けに、断固とした声をあげるこの映画に賛同。
上映後、息切られながら現状を訴える監督本人に、拍手。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
栗太郎

5.0日本は欧米に文句を言えるようになるべき

MIZさん
2016年2月9日
iPhoneアプリから投稿

エコテロリストに付ける薬は無いようだけど、日本人がなめられないようにしなければ、と思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MIZ

5.0日本人とは

2016年2月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
やまやん
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る」以外にこんな作品をCheck-inしています。