トランス・シューター

劇場公開日

  • 予告編を見る
トランス・シューター
0%
14%
72%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

命がけの早撃ちゲームに挑む人々の戦いを、「レスラー」のミッキー・ローク、「ハイネケン誘拐の代償」のライアン・クワンテン、「猿の惑星:創世記」のフリーダ・ピントらの共演で描いたガンアクション。南米コロンビアのボゴタでは、防弾チョッキを着た2人のガンファイターが実弾を用いて至近距離で撃ち合う危険なゲームが行なわれていた。凄腕ガンファイターのジョンは、ゲームの創始者である伝説の男ゾリンジャーを倒して世界一のガンファイターになるべく戦いを続けていた。そんなある日、ジョンは兄の仇(かたき)を討つためガンファイトの世界に身を投じた女性コルトと出会う。意気投合したジョンとコルトは、それぞれの目的を果たすべく旅を続けるが……。「リプレイスメント・キラー」の脚本家ケン・サンゼルが長編初監督をつとめた。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2016」上映作品。

2015年製作/96分/コロンビア
原題:Blunt Force Trauma
配給:彩プロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015 Blunt Force Trauma LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

2.5思いのほか悪くない、けど後半はトーンダウンかな

2016年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

B級臭漂うタイトル&ジャケ写の段階でそう期待は出来なさそうと思いつつも、フリーダ・ピントにミッキー・ロークの出演に惹かれて鑑賞してみたら、予想したよりは思いのほか見れる映画でした。
と言うか途中まではむしろ面白いとすら思える内容で、これは思わぬ拾い物だったなと思ったものでしたが、中盤からややトーンダウンしてしまったのは何とも勿体無かったなぁ。
ガンファイト自体は緊張感たっぷりで、地味ながら見応え十分だったのですが、結局主人公やヒロインが何故このゲームに身を捧げるのか、その辺りにあまり深みがなかったので、後半苦悩葛藤しているシーンが結構退屈に感じてしまい、終わってみると結果そこまで面白かったとも思えなくなってしまった感じなんですよねぇ・・・。

まあでもあまり馴染みのないコロンビア製の映画と言う新鮮味、そして本当にあるのかどうかは分かりませんが防弾ベストを着て至近距離内で実弾で撃ち合う早撃ちゲームの緊張感、この辺りは悪くなかったと思いましたよ。
防弾ベストを着ているとは言え、実弾ですから撃たれれば相当なダメージを負うと言う事で、何発打たれても円内に戻ればOKとは言え結局は早撃ちした方が大体勝つと言う一瞬の勝負、そのスピード感、緊張感が、たまらなく良かったです!
ライアン・クワンテン演じる主人公ジョンがまた前半異常に強かったので、見ていてホント気持ち良かった~。

フリーダ・ピント演じる兄の仇を取る為に参戦している女戦士コルトも負けず劣らずの強さ、こちらもホントカッコ良かったです。
ただジョンと旅をするに連れてキャラが変わって普通のヒロインになってしまったのは、映画的にちょっと残念でした。
人を愛するとこうなってしまうのは仕方がないとは言え、それが映画全体のトーンダウンにも繋がってしまった感は否めなかったなと。
しかし可愛らしい印象があったフリーダ・ピントも、しばらく見ない間に随分とヤサグレ女が似合う風貌に変わってしまいましたね・・・。

で、もう一人のお目当てミッキー・ロークの出番は最後の10分くらい、まあゲーム創始者の伝説の男だけにさすがの存在感ではありましたが、いかんせん出番が少ないし、主人公とのガンファイトの結果も、まさかの・・・。
一応鳥がヒントなのかな?最初は何だこのラストはとムカついたのですが、考えてみると味があると言えなくもないような、何とも言えないラストシーンだった印象です。
まあ全体的に無駄に深みがあるように作ろうとした分、後半はかなり微妙に感じましたが、ガンファイトシーンだけは男臭くてまずまずの見応えでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー

4.0危険すぎる戦い。主人公が挑む“命のやりとり”。

2016年1月29日
PCから投稿

悲しい

怖い

興奮

【賛否両論チェック】
賛:生きるか死ぬかの“命のやりとり”の中で、ひたすら何かを追い求め続けるような主人公の姿が、激しくも切なく描かれていく。リアルすぎる緊張感も、他の映画では味わえない。
否:後半は主人公達の葛藤がメインなので、前半のような試合の緊迫感はあまりなく、失速感が否めない。

 一歩間違えれば死んでしまうような、まさに“命のやりとり”が繰り広げられる危険なファイトの中で、次第に自身の体と心を蝕まれていく主人公の姿に、観ていて鬼気迫るものを感じさせます。
 ただ、前半がそうしたファイトでハラハラさせられる分、後半での主人公が葛藤を続ける描写には、どうしても違和感があり、失速してしまった感が否めません。出来ればもっと、主人公の戦う姿を観ていたかったような気もします。
 それでも、他の映画ではなかなか観られないような、リアルな戦いの中での息詰まる緊張感を、是非ご覧になってみて下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

2.0冗長ハードボイルド

Bacchusさん
2016年1月23日
フィーチャーフォンから投稿

興奮

寝られる

冒頭の試合は楽しくワクワクしたけど、その後代わり映えのないストーリー展開と抱えているものの大したことなさに飽きてくる。
ハードボイルドは悪くないけど単調であまりにもゆったりまったりのっぺりしたテンポに眠くなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る