無限の住人のレビュー・感想・評価

メニュー

無限の住人

劇場公開日 2017年4月29日
271件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

不死身モノの難しさ、三池監督&キムタクをもってしても克服できず

アメコミヒーローものなどのアクション系映画でたまに出てきます、不死身の主人公。ダメとは言わないけれど、キャラクターに感情移入させて観客をハラハラドキドキさせるのは、よほど工夫しないと無理。どんな強敵が登場しようが、多勢に無勢で圧倒的に不利になろうが、「どうせ絶対死なないんでしょ。勝つんでしょ」と冷めた目で見てしまうから。

木村拓哉の殺陣は健闘していたと思うが、生身の剣豪という設定ならスリリングになるであろう斬り合いの連続も、不死身キャラなら冗長に感じられてしまう。主要キャラのキャストに思い入れがあるとかでなければ、140分はつらいです。

三池崇史監督らしいケレン味あるバイオレンス描写など、楽しめる要素もあるだけに、惜しい。新感覚のチャンバラ映画といえば「るろうに剣心」もワーナーブラザース配給だが、個人的には「剣心」に軍配を上げたい。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 14 件)

戸田恵梨香の美しさ

戸田恵梨香の美しさ

nkboy
nkboyさん / 2018年5月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

殺陣、殺陣、殺陣、、

戦っているシーンばかりであまり感情移入ができなかったなー。もっとストーリーをちゃんとしてほしかった。あとは、気になることがチラホラ、、

キムタクの言い回し
もう少し時代背景考えてほしい

ヒロイン叫びまくり
感情が高まるシーンが多いのはわかるが全て叫べばいいわけじゃない

最後までの殺陣
あれがメインだよね?ってぐらいあっさりおわってしまう。一回ぐらいピンチになってもよかった気がする

あとは個人的に戸田恵梨香ちゃんへの福士蒼汰の演技。もうちょっとなんかしてあげて。

トマトマ
トマトマさん / 2018年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チャンバラ・ファンタジー

筒全、永遠の命を与えられた主人公(木村拓哉)が殺された妹そっくりの女の子(杉咲花)に助けを求められ、斬って斬って斬りまくる。
ファンタジーなので何でもあり。
新旧入り乱れる出演者が面白い。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年5月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあ普通

凛がまあ最後まで戦闘で役に立った試しがなく、あとはまあ殺陣がずっとあってまあ退屈はしない映画だった。

素子
素子さん / 2018年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キムタクの殺陣シーンと、主題歌が最高でした。 特に主題歌は耳に残ります‼

キムタクの殺陣シーンと、主題歌が最高でした。
特に主題歌は耳に残ります‼

hiroto
hirotoさん / 2018年5月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったよりも ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

面白かったなぁ
初っ端からガンガンぶった斬っているので見応えはあるし、仕込み武器も色々あって面白い。
演技もうわっと思うような点は無かったと思うし、意外とより豪華なキャストでこの人出てるのか!みたいな点も楽しめた。
しいていうなら、ここ!っていう決まるシーンがほしかったかなぁ
あとは死ねないゆえの悲壮感とか?長く生きているゆえの何かとか?(その辺はローガンに任せるか)
キムタクの万次もはまっていたのでとりあえず良かった(原作は未読)
血まみれなのでダメな人はダメか
大量に斬って斬っている、ほぼ不死身ゆえにここ決戦!みたいな感じが少ないのも…
とりあえず一通りは面白かった!

テツ
テツさん / 2018年5月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

万次

弱ぇわ!

もも
ももさん / 2018年3月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

原作未読

杉咲花ちゃん
「万次さん!」しか言ってない気が。笑

Mi-ku
Mi-kuさん / 2018年3月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

三池崇史監督の時代劇シリーズは最高!

三池崇史監督の時代劇作品といえば、
・『十三人の刺客』これは文句なしに面白かった。
・『一命』武士としての生き様を描いた名作。
・『忍たま乱太郎』やっつけ仕事w

その中でも、『十三人の刺客』に近い作品。しかもSMAPメンバーが出ている共通点もある!

まぁ、最初やラストの少数vs超大多数の構図は、正直やり過ぎだとは思いますが、そこに目を瞑ればかなり素晴らしい作品だと思います。

チャンバラシーンはカッコイイし、
刃物の切れ味の怖さはスゴイし、
血がベチャベチャしていて不快だし、
悪役は悪役らしいし、
武器具のバリエーションに面白さはあるし、
戸田恵梨香の生脚は絶品だし、
木村拓哉は相変わらず木村拓哉を演じているし。

本作は、かなりやる気を出して作ったのではないでしょうか?

サケビオース
サケビオースさん / 2018年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ダメでした。

私には合わなかったです。この監督のIZOも見たことあるので、もしや IZOみたいなもんだったりして?と恐る恐る見に行ったのですが、悪い予感的中。IZOの主役がメジャーになって、ちょっとコメディー要素が加わったみたいな感じ?斬って斬って斬りまくるのは同じで飽きました…。お目当ての「黒衣鯖人」が初っ端に出てきたのは良かったです。後半だったら寝てて見落としたかも。

秋楡
秋楡さん / 2018年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

うっかりミス?

顔を斬られ目を斬られ右手首を斬り落とされた後、瀕死の状態で虫を入れられた途端に手首がスルスルと近寄ってくっつく
…ならば顔や身体中のキズも治らなければつじつまが合わない
虫を入れられた後、手首を斬り落とされたのなら元に戻って構わないけど

あとあの顔のキズ
もうちょっと何とかならなかったの?特殊メイクさん
でっかいミミズが顔にくっついてる様でいちいちキモかった

安定の「キムタク演技」だった
欲を言えば「ちょ待てよ!」が欲しかったかな

はうる
はうるさん / 2018年2月13日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

原作未読で鑑賞しました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全然的に重い…木村拓哉の演技不足なのかめちゃくちゃ微妙な殺陣。
ヒロインの凛ちゃんはすごく可愛かったんだけど、殺陣シーンでは全く活躍ナシ…
あんな剣術的なの習ってたのに戦闘シーンでは万次にお世話かけすぎ…
個人的には微妙だったかな。

mako maco
mako macoさん / 2018年1月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

原作は未読で観ました。 乙橘槇絵かっこよかったが、「さっさと引導渡...

原作は未読で観ました。

乙橘槇絵かっこよかったが、「さっさと引導渡せよ」→刀を手から落として自分語りの場面は????ってなったし、尺の都合とはいえ人物描写が性急な印象。斬り合う前になんか1シーンいれてほしかった。
無骸流の人たちも役者さんのわりにお話上雑な扱い。せっかくの栗山千明もったいない。

万次は虫によって回復力がすごいだけで、決して死なない訳ではないし、豪腕ではあるけれど剣の達人というわけでもないというのがわかった。観終わって漫画読んでみたい!と思わせる良い作品。

yonda?
yonda?さん / 2017年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

中途半端になってしまった惜しい作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は未読です。
自宅でブルーレイにて鑑賞。

冒頭の白黒演出で時代感と映画の空気感、物語の始まりを直感的に理解できた為、序盤はとても引き込まれた。
しかし、色がついた後の物語が雑に感じてしまった事もあり、最終的にはやや冷めた状態で鑑賞を終了した。

雑に感じた主な理由の1つは、戦いの意義が感じられなかったことがあげられる。
万次が凛の敵討ちを手助けしているのは分かるが、新キャラが続々出て来てそいつらを不死の力を使って倒して行く。シチュエーションは違うのだが活かしきれていない為、作品の中でマンネリを感じてしまう。

長剣や薙刀を屋内や柱の様な障害物がある場所で使う際に、引っかかってしまい苦手分野である事は頻繁に使われる特性だが、この映画はその点も分かり難い描写になってしまい、戦い毎の印象が薄い。
キャラのアップばかりになり戦場の情景が分からないこともあり、キャラが上手く戦場を活用した感じがしなかった。

沼、不死対決、家屋、山道といったシチュエーションで、上述の記憶に残らない戦いが何度か起こる。しかし、戦いの数が多ければ思い入れのなさをカバー出来るか、と言われたら無理である。更に敵を頻繁に変えていく為、敵キャラへの思い入れは勿論ほとんど無い。故に、戦いが盛り上がりに欠け、増々記憶に残らない。

しかし、戦いにおいて良い点もあった。それは上述したが、シチュエーション自体は豊富であること。そして様々な武器が登場することである。
見覚えのない異国の武器や薙刀、手裏剣、鎖鎌といった具合に多様な武器が登場する。キャラの特徴になり、純粋に見ていてワクワクした。

また、キムタクの万次は期待以上にハマっていて、とても自然だった。左右どちらかに体重がかかってるユラリとした立ち姿は、痛みを感じる不死者らしく大好きです。

戦いに関しては、場面やキャラを絞るなり、戦いの構成を工夫するなり、より良くなった様に思う為、勿体無いと感じます。
血しぶきやバッサバッサ切り伏せる一対多の戦いは痛快で好きなだけにのめり込めないことが悔やまれる。

また、物語も広げ過ぎている節が否めなかった。万次vs逸刀流、逸刀流vs幕府1、万次vs幕府2、とまあ色々あり頭が追い付かない。特に、逸刀流vs幕府1は「誰?」となってしまった。

その他、万次と凛の会話にリアリティを感じられず、最後のやりとりは正直冷めてしまった。そもそも、凛が出ていったことも何如せん腑に落ちないので、やはり物語の詰めも甘い様に思う。

あまり言いたくないが、漫画原作の場合「原作の要素(敵軍団、台詞、シチュエーションなど)を無理に取り入れようとして、露骨になってしまったのではないか」と勘ぐられないよう注意しなければならないと、強く感じる作品だった。

作品の時間も約2:20と長いが、もっと詰められたと感じます。

以上を踏まえ、あまり物語を重視せず、百人斬りと多様な武器が飛び交う様を観たい方にはオススメできる映画だと思う。

鑑賞前は某アメコミ作品の様な超回復能力持ちだと思ってたのですが、「死ねない(ギリギリで生かされてしまう)」って感じでした。個人的には嫌いじゃないですが、爽快に出来すぎず、緊張感も出しづらい、扱いが難しい代物に感じました。

Tohna
Tohnaさん / 2017年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

微妙。

原作未読で鑑賞。
一言で言うと「微妙」だった。

キャスト陣はそれぞれ良かったけど、ストーリーの構成やアクションが上手くない。
映像で観せた事をもう一度セリフで説明させる邦画の悪癖や、セリフの垢抜けなさ。無駄なシーンはあるけど必要なカットはないとか。
あと、敵の数が多すぎるしメリハリもないので、せっかくの殺陣も全体的にのっぺりしてて、途中で飽きちゃう。

いらないシーン削って、順番を組み替えたら2時間くらいで収まるんじゃないかな。

他の漫画原作に比べて三池監督が乗ってるのは感じるし、主演のキムタクも良かっただけに残念。
箸にも棒にも掛からないほどひどい映画ではないけど、冗長なわりに物足りなさが残る微妙な作品だった。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2017年12月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

死に場所を探して

痛みだけは味わわなければいけないのに死ねない辛さ。

上みちる
上みちるさん / 2017年12月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しゃべりすぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

物語を進めるためにペチャクチャとしゃべりまくる
これは原作通りで全然良いんだけど
現代語でずーっと話ししてるから
コスプレ現代劇見てる感覚。
あと2時間で収めるなら蒔絵出すのは無理があると思う。もともとが勧善懲悪ではない複雑な話。
WOWOWとか、配信とかでドラマでやってほしい。
キムタクは割とよかった。

nov
novさん / 2017年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い映画

予告編を見る限り、あまり興味は無かったが、意外と面白い映画であった。

stoneage
stoneageさん / 2017年12月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あお%#$ひこ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「あお%#$ひこ」の名前が最後まで聞き取れなかった。

引っかかった本作のテーマ設定
主人公の無実の人を無闇に切ってしまったトラウマと、最後の「それでいいんだ」は矛盾する気が。。。

引っかかった登場人物
-戸田恵梨香、なぜそこでやめる。。。
-ヒロイン、勝てるわけないのに強気すぎ。

引っかかった場面
-お嬢さん、「あお%#$ひこ」かばうんかい。
-最後の乱闘。お嬢さん、いくらなんでも切られるだろ。。
-最後の乱闘。銃あるんかい!

引っかかったセリフ
あお%#$ひこ 「お前の相手をしている暇はない」
ヒロイン 「だったら私を倒してからいきなさい!」

DaH
DaHさん / 2017年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

271件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi