消えた声が、その名を呼ぶ : 映画評論・批評

消えた声が、その名を呼ぶ

劇場公開日 2015年12月26日
2015年12月15日更新 2015年12月26日より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにてロードショー

愛する娘との再会をめざして、絶望の淵をしぶとく歩む男の行路

ちょっと不思議な邦題がああそうなのかと腑に落ちてじわじわ胸にしみていくエンディング。ハリウッドの様式化されたそれでなく移民の歴史に裏打ちされたアメリカの史劇としてのウエスタンを思わせもする監督ファティム・アキンの新たな一作は、1915年オスマン・トルコによるアルメニア人大虐殺で家族も家も声も失くした男ナザレット(「預言者」のタハール・ラヒム!)がそれでも前へと進む旅をみつめ切る。砂漠をさまよい海を渡り国境を幾つも超えて新大陸アメリカは雪のノース・ダコタへ、絶望の淵で彼はしぶとい歩みを歩み続ける。ただ一つの望み、愛する娘との再会をめざして――。

画像1

死ぬより辛い生を耐える男の行路がやがて縁取る諦めの果ての透明な光の感覚。それを目にするうちにふっと思い出したのがアルメニアの血を引く作家ウィリアム・サローヤンの短編だ。盲目の老人が掌に載せていた瀕死のハチドリ。老人の指図で少年は鳥の手当をする。しばらくして傷の癒えた鳥をふたりは解き放つ。夏が来てまたハチドリの群れがやってくると少年はあの一羽は生き延びたろうかと老人に訊く。老人はいう――そこにいるどれもが私たちのハチドリだよ。アキンの映画の物語と直接、つながりはないけれど、サローヤンの描くこの世に在ることの尊さを愛でる心、生の哀しさと背中合わせの透徹した明るさは、アルメニアの悲劇を生き延びるナザレットの歩みが差し出すつきぬけた明度と美しく響き合う。「こぼれたミルクを惜しむことはしない。ミルクはこぼれるものだから」と、これはやはりアルメニア人で本作の共同脚本をものしたマルディグ・マーティン(スコセッシの盟友で「ミーン・ストリート」「レイジング・ブル」の脚本を手がけた)の言葉だが、ここにも、あるいはサローヤンの短編にも、はたまた劇中、ナザレットに笑みをもたらすチャップリンの映画にも息づいている生をめぐる清澄な達観。それがアキンの新作のサバイバルの物語をも逞しく支えている。

川口敦子

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

消えた声が、その名を呼ぶ[DVD] ダゲレオタイプの女[Blu-ray/ブルーレイ] サンバ[DVD] 預言者[DVD]
消えた声が、その名を呼ぶ[DVD] ダゲレオタイプの女[Blu-ray/ブルーレイ] サンバ[DVD] 預言者[DVD]
発売日:2016年7月2日 最安価格: ¥3,341 発売日:2017年5月3日 最安価格: ¥4,147 発売日:2016年7月2日 最安価格: ¥933 発売日:2012年7月6日 最安価格: ¥3,365
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全15件)
  • なかなかの大作 観てまず思ったのが、デビットリーンの作品を彷彿させること。インタビューを読んだらやっぱり意識してた。セルジオレオーネも意識したそうで、なるほどという感じ。 こういう大作風情の作品は少なくなった... ...続きを読む

    osan osanさん  2018年4月13日 16:52  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • アルメニア人はクリスチャン 娘たちを尋ねて三千里。 最後の最後、娘がスタスタ歩いちゃったのが…。エンディングテーマや風景は良かっただけに。また実話ネタってならすごいけど。 愛しい人よ♪の音楽が耳に残る。 なぜキューバなのか? ...続きを読む

    個人的下書き 個人的下書きさん  2017年10月7日 16:06  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最後の詰めが 1915年に起きたオスマントルコのアルメニア人虐殺事件を生き延びた主人公は、声を失ってしまう。 残してきた家族はみんな殺されたと思っていたが、双子の娘は生き延びたという情報を得る。 ここからシリ... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年9月5日 21:35  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報