永い言い訳のレビュー・感想・評価

メニュー

永い言い訳

劇場公開日 2016年10月14日
185件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

『そして父になる』へのアンサームービー?

妻を亡くしても悲しみを感じられない男が、自分がいかにマトモでないかを認識していく物語だ。アメリカ映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』と似通ったプロットだが、同時に是枝監督の『そして父になる』も思い出した。

『そして父になる』は、エリート意識にとらわれた男が父親としての愛情を見つけ出す話。その触媒になるのが貧しいが愛情豊かな別の家庭という点でも本作とよく似ている。

た、西川監督は「親は、夫は、家族はこうあるべき」という結論に向かおうとはしない。本作の主人公は物語の冒頭からして、性格のねじくれた、相当に面倒くさいダメ人間だ。それが倫理的な正しさに目覚めるのでなく、ろくでもない自分を認識した上で、ちょっとマシな人間になる。

しゃっきりしない話ではあるが、ある意味ストレートな成長物語だった『そして父になる』の反歌のようで、似た素材でここまで違うものを描く西川監督の手腕を楽しんだ。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

心を抉るような鋭さと、深く抱きしめる優しさと

突如の別れはどのように受け入れられるものなのか。遺された者はそこで何を感じるのか。

主人公が即座に感情表現できる人であれば本作は成立しえない。その分“サチオ”はうってつけだ。2時間かけてゆっくりと寄せる喪失の波。いやむしろ「一向に泣けなかった自分」についての探求の旅というべきか。その意味で彼は、最後まで己にしか関心のない人間だったのかもしれない。

しかしそれでも心に差し込む光の角度だけは、徐々に、確実に変わりゆく。妻への思いは曖昧だが、この先の生き方として、「他人との間」にこそ自分の現在地を見出していくような気配が見て取れる。そのことが何よりの尊さを持って胸に響く。

「オンブラマイフ(優しい木陰)」の調べに乗せ靄を進む列車は人生の縮図のようだ。共にいた人が下車し、新たな旅人と旅を続ける。そうやって木陰を求め人は彷徨う。西川監督はまたも、慈愛と切れ味が同居する演出で人生の本質をすくい取って見せてくれた。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

「おくりびと」に並ぶモックンの代表作

テレビに出演するような有名作家だけれど、本業の執筆に生きがいを感じているようには見えない。無名時代に支えてもらった妻との愛は冷め切っている。妻の留守中、自宅で浮気相手と一夜を過ごした朝、妻の事故死の報を受けるが、悲しむ感情すら起こらない……。

外づらはいいが中身はダメダメな中年男を、本木雅弘が説得力十分に演じている。別の遺族一家に出会って、子育てを手伝っていくうちに変わっていく過程の表現もうまい。

妻役の深津絵里は、諦念を漂わせるクールな美しさが光る。出番が少ないのがちょっと残念。

西川美和監督が映画に先駆けて描いた原作小説にも同じ空気が流れていて、ちゃんと地続きの世界観なんだなと思わせる。映画を楽しめた方、小説もぜひ。

AuVis
AuVisさん / 2016年10月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ダメ男でもいいんですよ。

ダメ男でもいい。
ダメ男だからいい。

映画ですから、こういう人いるけど、こうなりたくない。際どいラインで、際どい話をもってくる。マジでそういう展開なの?ってのも気持ちいい。最高です。最高の邦画来た。

Kentaro
Kentaroさん / 2018年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大切な人を失うということ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

奥さんのことを雑に扱い、ろくに話もしないで、しかも留守中に愛人を連れ込み堂々と浮気。

その最中に奥さんを亡くす。

最初は喪失感や悲しみなど感じられなかった主人公。

しかしながら愛人に拒まれ、そのタイミングで奥さんと共に亡くなった友達の旦那とその子供たちと関わることから少しずつ変わってく。

自分にとって“かけがえのないもの”を見つけた感じ。
これもある種の“愛のかたち”。
自分の居場所であり、心の拠り所であり、自分の存在意義も感じていた。

でもそこに現れたのが、“新しいお母さん”となり得る女性。
自分が月日を重ねて積み上げてきた“絆”を一気に横取りされたような気持ちになったのではないだろうか。

同時に奥さんを愛さなかったことの後悔。
浮気をしつつも奥さんは自分のことを愛してくれているんだろうという奢りの気持ちがあったけれど、実際は奥さんは分かりきっていて「もう愛していない」と携帯の未送信メールに残していたことに気づき、自分は大切なかけがえのないものを全て失ってしまった…そもそもそんなの最初から築けていなかったのでは…と自暴自棄に。

そんな主人公を元の軌道に戻させたのは、子供たちのお父さんの事故。

事故の前にお父さんに暴言を吐いてしまったという息子に、主人公は言い聞かせる。自分自身に言い聞かせながら。
“大切に想ってくれている人を貶めるようなことを言ったりしてはだめだ”と。“側にいてくれるのが当たり前だと胡座をかいてると気づいたら失ってしまうものだ”と。(正確な台詞ではなくこんなニュアンスだったはず)

主人公は奥さんを愛していた…でも…
その『永い言い訳』を自身の小説として出版。

もうこれ以上大切なものを失ってはいけない、主人公が心に刻んだようにみえた。

本木さんはこういう不倫系の悪い役が多くて、その印象があまりに強くて好きになれなかった(ごめんなさい。本木さんのせいではなく役柄のせい)
この作品のオープニングからして、やっぱりな!っていう感じで悪い顔をしていた。
でも最後のシーンでは本当に清々しく、むしろ格好良く見えた。不思議と。役者さんってすごいな。

そして、西川監督は人の腹黒い部分を綺麗に描写するのが相変わらず上手いなぁー

yupppiii
yupppiiiさん / 2018年10月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言い訳は少なめ

非常に痛痒い内容でした。

自分の妻の友人の旦那さんとか、あまり会ったことがない。
それを妻が亡くなってから初めて会い、妻のことを聞かされたとき、自分も幸夫くんと同じような反応、知ってるフリをすると思う。

幸夫くんのマネージャーの池松壮亮のセリフも重かった。
「子育てって、自分がどんなにダメでクズな人間でも帳消しに出来ちゃう、免罪符ですよね。」

携帯が復活するタイミングが良過ぎだが、あの未送信メールはちょっとホラーだ。

好きにはなれない幸夫くんと自分が重なり、ヤダ見な作品でした。
でも、お涙頂戴とかでなく、寧ろ淡々と流れていく時間の中でちょっとずつ変わっていく幸夫くんは良いです。

竹原さんとその子供たちはとても良いです。
化学の先生がサイタマノラッパー、いやグンマノラッパーでしたね。彼女吃音かと思うくらいドモリ多すぎ。

愛人が黒木華ってサイコーですね。(←ゲスですね。)

エンドロールには是枝監督いました。

クリストフ
クリストフさん / 2018年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

疑似家族

最近ヒット作がなく、国民栄誉賞受賞者と同じ本名(読み名)の作家・幸夫。
妻が友達とスキー旅行に行っている間に、不倫相手を家に招き入れている最中に妻が事故死。そんなイヤーな雰囲気で幕を開ける作品。

一緒に亡くなった妻の友達の夫や子供は嘆き悲しんでいるのに、幸夫は涙すら出ない。編集者に「妻の死について書くしかないんじゃないですか?」「もっと泣いていいんですよ」と言われる始末。
幸夫は作家ゆえにか、感情を表に出すことができないのかもしれない。
それを幸夫は「俺は妻を愛してなかったんだ」と思うところ。わかる気がするような。夫婦って所詮は他人じゃないのだろうか。

妻の友人の夫・子供が、妻・母が急にいなくなって困っているところに、偶然幸夫が子供の面倒を観るのは。疑似家族ってところかも。
幸夫は自分が一番大切で、子供を自分の意志で持たなかったのに。「自分より弱きものを守る」ことの重要さを、妻が亡くなってから気づくって、皮肉。自分自身にちょっと重なる。

冒頭で幸夫が妻に髪を切ってもらうシーン。20年ずっと切ってもらってたから、作品中ずっと髪が伸びたままなのが印象的。終盤妻が勤めていた美容室に足が向いたのが、幸夫の心が少し前を向いたのかな。

個人的には不器用なトラックドライバーの竹原ピストルさんがナイス。亡き妻の伝言メッセージが消せなくてさめざめしているところが、「もうちゃんとしなさいよ!]とおっかちゃん風に檄を飛ばしたくなりました。

終わり方が素敵でした。大切な人を失っても、明日は来る。前に進んでいくことが今自分にできることですね。

fukui42
fukui42さん / 2018年9月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

88点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

元々悪い人じゃないが環境で変わった男。
ずっとそばにいると思ってた妻。
出会い、模索、狂い、自分の惨めさを知り。
最後には前を向いて向き合ってく男の物語。
もっくん演技力すご

コウセイ
コウセイさん / 2018年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい映画。

モッくんがいい。頭が良くて冷めてて嫌な奴が似合うとは思わなかった。竹原ピストルの存在感凄い。ピエール瀧みたいになってくのかな。ストーリー的には、ピストルさん万歳一色になりそうな予感があったけど、うまいバランスだった。いい映画だったね。

khapphom
khapphomさん / 2018年8月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子役がかわいい

竹原ピストルの味のある演技と、子役が可愛くて良かった。
ストーリーは突っ込みどころはあるけど、色々考えさせられる良い映画だった。

YS
YSさん / 2018年8月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

西川監督は好きだ。

この監督の作品はいつもわたしの好みの範囲にあって好きだ。これからもたくさん観せてほしい。
主人公の妻が実際何をどう思っていたのか、それはわからない。主人公は気持ちを確かめるような二人の時間を持とうとはしてこなかったのだろう。
後悔とか、喪失感とか、確かめようもない気持ちをもてあまして、苦しむ人間を見た。今さら何をどうすることもできない。
でも、生きる。
そうしている間にも生きていればいろんな人間と出会い、いろんな事が起きる。おき続けるのだ。
とてもよくわかるし、人間を見せてくれる映画だった。

タダ1つ、どうしても気になったのは音。
声が小さすぎて巻き戻して音量上げたり、そうかと思えば路上の雑音や、店の音楽がなど異常に大きくてまた音量を下げたり、何度もしなければならなかった。これだけが残念でした。

かーりー
かーりーさん / 2018年8月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生は、他者だ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

幸夫の思想や在り方が自らと重なり、序盤見ていて非常に辛かった。自分ばかり見ていて他人を見ない人は、突然の別れに泣く資格を失っている。居て当たり前だと思った人がいなくなった時にそんな人が感じる事は、『勝手に居なくなって自分はこれからどうしていけば良いんだ。』という自己の身を案じた不安ばかりだ。
そんな人生の、何と軽い事か。

幸夫は思考は常に自分の為であり、誰かの為の思考をしてこなかった。その結果、事故後に幸夫の元に残る物は何も無かった。

この映画を見て、家族や友人や職場での自分の行いをとても反省した。同時に思い返せば、自分の人生を彩ってくれている場面場面は自分の為でなく、誰かに思われ、誰かの為を思って行動した結果の集合である事を実感した。

人生は、他者だ。他者を思った数だけ自分の人生は豊かになる。そして自分を思ってくれている人の存在を当たり前に感じず、寧ろその人をこそ大事にしよう。
そんな学びを得る事が出来た映画だった。

Takahiro
Takahiroさん / 2018年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルでいい映画

やるかやらないかは別にして、
こういった言い訳ごとをしながら、
じぶんの罪悪感と向き合わずに折り合いをつけるようなひとって世の中にたくさんいるんだとおもう。
その中でたくさん後悔することもててきたり、半ばでその言い訳すらやめてみたい。
人間くさくて、すきだな。

♨︎
♨︎さん / 2018年7月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁまぁ面白い

まぁまぁ面白い

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年6月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっと涙を流せた

大切って気付いてやっと涙を流せた。
竹原ピストルと本木雅弘の両者ともはまり役だと思う。

上みちる
上みちるさん / 2018年6月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい、深い

ラスト、電車でお父さんのところへ2人で向かうシーンのセリフがぐっときた。

自分のことを愛してくれる人を、自分の大切な人をずっとずっと大切にしたいと思いました。

難しくて、見終わってもたくさん考えさせられ、いろんな解釈ができる映画。

りり
りりさん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い映画

静かだけど、力強い映画でした。

主人公はクズ男です。モッくんが、それを見事にセクシーに演じていました。性別も性格も年齢も私と主人公では全然違うのにこんなに感情移入できるのはなんでだろう。妻が死ぬ前には出来なかった家事能力上がっていく様は見ていて微笑ましかったし、子供が微笑んでくれたり秘密を打ち明けてくれた時にはこちらもうれしくなりました。

主人公は灯ちゃんから最後に渡された写真を見てどう思ったんだろうか。もっと早くみんなと会えていたら、もっと早く色んなことに気づいていればというところか。

竹原ピストル、とても良い演技でした。
深津絵里をもっと見たかったです。

minori
minoriさん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モッくんの色気。茶目っ気。

電車の中、車の中、バスの中、
乗り物の中って、なんか、素直になれる。

いい塩梅に現実逃避できちゃう。
だから素直に言えちゃう。

masupan
masupanさん / 2018年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不倫の悔い。子供のいない悔い。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『永い言い訳』(2016)

Amazonプライムにて。まず、原作を書けば直木賞候補になり、それを脚本、映画監督までするという、西川美和という人物の凄さがある。早稲田大学の文学を出て美人。才色兼備と言うわけである。しかも師匠筋のような人物が、タイムリーにカンヌ映画祭で最高の賞を得た是枝裕和らしい。内容は重い。小説家(本木雅弘)が妻(深津絵里)の旅行中に不倫しているところに、妻が事故死したという電話が入る。愛人が黒木華が演じているのもイメージと違ったキャスティングで、清純派女優にセックスシーンをさせるほど淫らなのかも知れない。だが、愛人は妻の死後に悔恨を含めて小説家宅を訪問したのに、小説家は肉体を求めてしまい、セックス中に冷めた愛人は、小説家を蔑み出て行く。小説家の妻と一緒に旅行に出ていた女性も事故死し、その主人(竹原ピストル)が小説家と心情を共有しようと小説家と、二人の子供を連れて食事する。その際に娘がアナフィラキシーショックとなり、小説家と兄の男の子が、病院に行った父娘を待つ間に会話する。その前のシーンになるが、花見で小説家に妻の死を小説にすればと言われて小説家は酔って怒って編集者(池松壮亮)を蹴飛ばしたりして、仲間に制止されるが、編集者はここ数年のあなたの小説は魂がこもってもいないからだというシーンがあり、小説家と編集者の仕事に対しての本気が表されるところも印象的だ。小説家は二人の幼い兄妹の家に行き、家事も苦手で運転手か何かで世話できない父親の代わりを買って出た。ここら辺でこの映画のテーマは一体何かとも思えたりする。妻が事故死した時に不倫していた罪悪がテーマなのかと思っていると、共に妻を亡くした男の子供たちを世話する話になっている。兄妹が健気なのである。小説家も変に純真である。本木のコミカルな面をみせる。ちょっとしたエピソードが実にリアルに描かれている。思えば、子供がいなかった事故死した妻と小説家の関係が暗に描かれているのかも知れない。子供がいたら良い親に小説家はなっていただろうに。編集者は若いのに、年配の小説家に対して正面から向き合い、きついことも言うが、優秀な編集者ということなのだろう。難しい会話をする。どちらも実は純真なのだ。子供を残された父親と子供がいなかった父親が話し合う。子供がいなかったら楽かなと、子供がいて良かったなというのと、子供たち2人を2人の男やもめが眩しそうに眺めている。そして、幻想のおシーンで、亡き妻が子供たちと遊んでいるシーンが小説家に浮かび、悲しい表情をする。この映画は複雑な見せ方だが、妻を亡くした悲しさと子供のいることの大切さを映しているようだ。小説家はお兄ちゃんのほうに「弱いから泣くんじゃないんだよ。強い人は大事な人を亡くした時にちゃんと逃げずに悲しんで泣くの」と小説家は言う。編集者に先生は泣きもしていないじゃないですかと言われていたのだった。これも深い設定だと思うが、妻の遺していたスマホをみると、「もう愛していない」と下書きされていて、小rr説家は怒ってスマホを壊してしまう。不倫していた癖にである。(本当に死んだ妻は愛してなかったのかどうか)小説家は、テレビ番組に妻を供養するドキュメンタリー番組に出るが、演出家にまるでドラマのように指図されてゆく。それには従うが、スマホの文面をみてしまっていたために、撮影中に妻をなじり怒鳴ってしまう。後ろから抱えて支える編集者(マネージャーか)。だが、それを含めて本心のように作った番組になっているようだった。
学芸員の先生が話に入ってくるが、山田真歩という女優も、『花子とアン』で知名度が上がったのかも知れないが、『レンタネコ』でもみたが、味が出ていた。調べないと誰だか認知出来ていないくらいの段階ではあったが。だが、小説家は異性として嫉妬したわけではなく、学芸員と運転手の父親と子供たちのいる関係に嫉妬してしまい、酔いも手伝って、お姉ちゃんの誕生会で嫌みを言って荒れてしまう。そして二人の男は子供のいるいないで口論してしまう。嫉妬というより、小説家の本心もあったのだろう。「こんな遺伝子が増えて良いかと思ったりするんだよ」「俺は違うと思うよなっちゃん(亡き小説家の妻)は子供が欲しかったと思うよ」「何がわかるのよ」子供の前で本音中の本音というのか、問いかけをしてしまう。「頼むから自分の尺度だけで幸せを言わないでよ。
僕の子供なんて欲しくないですよ。あの人は。で、欲しくないまま死にました。アハハ、何の話。これ。」これは、学芸員と運転手が子供たちをこれからみるという事に対して小説家が嫉妬したということなのだろう。小説家は帰った。運転手はしばらくして思いついたように急いで追いかける。「お似合いだよ。よろしく言ってよ」「ゆきちゃん(運転手の亡き妻)忘れるには一番の薬だよ」と言ったときに、運転手は怒り、小説家の襟首をつかむ。「ボクは夏子が死んだとき、ほかの女と寝ていたんだよ。夏子が凍り付いた海に沈んでいくとき、セックスしてたの。君とは全然違うんだよ」と小説家は逆ギレして、運転手の家庭から去る。飲み屋で荒れる小説家。汚めのトイレで酔いつぶれて座り込む本木雅弘のシーンもすごい。子供番組が流れ、兄妹との交流を思い出す小説家。この後がよくわからないのだが、学芸員とうまく家庭生活が行くのかと思っていたら、なぜか怠惰に寝込む運転手。塾を休むようになったお兄ちゃん。こわもてだがむしろ良い人の運転手が、どうして
親子の調整がずれてしまったか。このお兄ちゃんの父に対する反抗が私には深すぎるのかよくわからなかった。そして運転手は深夜のトラックで事故を起こしてしまう。病院から連絡が入り、あわてて病院に向かう小説家。小説家に電話してボクお父さんに最低な事言っちゃった。というお兄ちゃん。その後も深いセリフが続く。「自分を思ってくれる人を簡単に手放しちゃいけない。みくびったり陥れたりはいけない。そうしないとボクみたいになってしまう。簡単に離れるわけはないと思ってた。離れるときは一瞬だ。だから君らは離れないで握ってて」と小説家はお兄ちゃんに言う。
父の怪我は比較的軽く、息子を連れてトラックで去り、息子は小説家をトラックから後ろを振り向いてみる。手を振る小説家。一人電車に乗る小説家。真剣にメモを書き始める。泣きながら走り書きする中には、「人生は他者だ」など書かれている。背景に流れるのは『オンブラマイフ』という曲か。なぜかさみしいソプラノか。少し時間が経過して、息子は中学、娘は小学の1年生。小説家の新刊出版の祝賀会。息子と娘が壇上でお祝いの言葉を述べる。編集者と並ぶ小説家。学芸員と並ぶトラック運転手。運転手と小説家も少し遠くから微笑み合う。みんなにこやかに踊ったり飲んだりしている。父親と中学生もボクシングの真似事で楽しむ。そんな中で小学生から渡された、死んだ妻2人と子供たちとトラック運転手の写真を真剣に見つめる小説家。部屋にそれを飾る。ヘアデザイナーであった妻の愛したハサミを見つめる小説家。それら遺品を箱に詰めた。

Takehiro
Takehiroさん / 2018年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

癒しの物語

全てにおいて冷めている主人公が、妻の死をきっかけに、子供たちとその家族を通して癒され再生していくものがたり。

主人公が関わることによって、竹原ピストル演ずる子供たちの親も新たな視点を得ることで癒されていく。長男も主人公の子供扱いしない話で成長する。

どうしようもなく冷めた自己中な主人公ではあるが、子供たちの面倒をみることで、知らず知らずその家族を愛して彼らを必要とするようになり、人を愛することの意味を考えるようになる。

プライドゆえ向き合うことを避けていたが、主人公は本当は妻を愛していたのだろう。
妻の死は彼に対する強烈な報復(=実は愛だと深読みできるが)メッセージであると、彼は受け取った。

仕事の成功で鎧のようにまとっていたプライドの皮を一つずつ脱いでいく様子を、モッくんが好演している。本当に良い役者になった。

他のキャスティングも良かった。

Zukko
Zukkoさん / 2018年5月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

185件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi