ブラック・シー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブラック・シー

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジュード・ロウ主演、「ラストキング・オブ・スコットランド」のケビン・マクドナルド監督による潜水艦を舞台にしたサスペンスアクション。海洋サルベージの専門家として、潜水艦で長年働いてきたロビンソンは、突然会社から解雇されてしまう。路頭に迷っていたロビンソンは、かつての仕事仲間からある情報を得る。それは第2次大戦時に莫大な金塊を積載したドイツ軍のUボートがグルジア沖の深海にいまだ眠っているというものだった。ロビンソンはその話に乗り、老朽化したロシア製のディーゼル潜水艦を入手し、ロシア人とイギリス人の荒くれ男12人という急ごしらえのメンバーで金塊探しへと向かう。しかし、潜水艦という密室で、男たちの金塊をめぐる醜い争いが勃発する。

2014年製作/115分/G/イギリス・ロシア合作
原題:Black Sea
配給:プレシディオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像32
  • 封印映像33
  • パッション
  • ファイナル・アワーズ
  • ハンター
  • カルト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2014 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0耳専門のロシア人が凄い

2019年8月16日
PCから投稿

悲しい

怖い

いくら個人スキルが高くても統率できなければこうなる
やはり潜水艦だの宇宙船だのに情緒不安定な人間は乗せてはダメだね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニホンではなくニッポン

3.03点

asaさん
2019年8月8日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.0 金塊のあることを知らないロシア、戦時下にあるグルジアは手が出せな...

kossyさん
2018年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 金塊のあることを知らないロシア、戦時下にあるグルジアは手が出せないという中で、サルベージ会社を出し抜こうと、イギリス人、ロシア人の寄せ集めで潜水艦を潜航させるロビンソン(ロウ)。出資者には4割のリベートを渡すが、残りは10人の乗組員で均等に分けるという約束を交わす。それでも1人200万ドル分の金塊が手に入るというものだ。

 途中、争いが起こり、1人が死んでしまい、その影響でシャフトがいかれてしまった。Uボートを見つければ、金塊とともにシャフトを交換できると踏んで、浮上せずに調査をする。見事金塊もシャフトも手に入れたが、オンボロ潜水艦ではトラブル続出。結局、トルコの方面へ向かうことになったのだが、金塊8トンのせいで思うようにいかない。ついに、脱出しなければならないことになってしまった。

 最後はロビンソンが死を決意し、2人に脱出着を着せて金塊を運ばせるというもの。ロビンソンの最後の決断がかっこいい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0閉塞感、閉塞感、閉塞感

2018年1月24日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

怖い

興奮

改めてジュード・ロウっていい役者だなあ。
閉じ込められた潜水艦の中で起きる人間模様。
疑念と欲望と恐怖入り交じるサスペンス。
主人公であるロビンソンに集められた12人の
潜水艦乗り達がまあ、一癖も二癖もある
荒くれものばかり。
そんな彼らをまとめ導き大金を獲得する。
ストーリーは意外性はないが
その作品に漂う狂気感や重苦しい雰囲気が
見事に描かれていてついつい手に汗を握り
みいってしまいました。
話は戻るが荒くれのでありながら
ギャンブラー、そして楽観主義者である
ロビンソン艦長を上手く演じている。
閉所恐怖症の人は見ないでください。
陳腐なキャッチコピーかもしれませんが。
良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としぱぱ
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る