ブラック・シー

劇場公開日:

ブラック・シー

解説

ジュード・ロウ主演、「ラストキング・オブ・スコットランド」のケビン・マクドナルド監督による潜水艦を舞台にしたサスペンスアクション。海洋サルベージの専門家として、潜水艦で長年働いてきたロビンソンは、突然会社から解雇されてしまう。路頭に迷っていたロビンソンは、かつての仕事仲間からある情報を得る。それは第2次大戦時に莫大な金塊を積載したドイツ軍のUボートがグルジア沖の深海にいまだ眠っているというものだった。ロビンソンはその話に乗り、老朽化したロシア製のディーゼル潜水艦を入手し、ロシア人とイギリス人の荒くれ男12人という急ごしらえのメンバーで金塊探しへと向かう。しかし、潜水艦という密室で、男たちの金塊をめぐる醜い争いが勃発する。

2014年製作/115分/G/イギリス・ロシア合作
原題:Black Sea
配給:プレシディオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2014 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5潜水艦サルベージ・サスペンス

2022年10月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

潜水艦ムービーと言えば、古くは『Uボート』から、最近では『ハンター・キラー』等、数多くの作品が製作されてきている。しかし、これまでの潜水艦作品は、戦争や国家間の対立をモチーフにしているのに対して、本作は、潜水艦による、お宝探しのサルベージ・サスペンスに仕上げているところが、斬新なシチュエーション。

こうした作品の面白みは、外界から閉ざされた潜水艦の中で起きる、事故や危機をどう乗り越えていくのかという点。本作も、潜水艦の機械の故障、乗組員同志の確執、隠された陰謀等、様々なハラハラ、ドキドキの要素を次から次へと盛り込んで、最後まで緊迫感のある展開が続く。潜水艦に水が浸入し、船内に閉じ込められるシーンは、観ているこちらまで息苦しくなってきた。

ストーリーは、サルベージ会社を突然解雇された主人公ロビンソンが、第2次世界大戦当時、金塊が積まれたドイツ軍のUボートがグルジアの深海に沈んでいることを知る所から始まる。そこで、一攫千金を狙い、急造のロシアとイギリスの荒くれ者12名を乗組員に選び、配船寸前の潜水艦を手に入れて金塊探しに向かう。

当然そこには、老朽化した潜水艦による不具合や事故が起きる。また、元々が無法者である乗組員による、醜い仲間割れや、殺人までもが起こり、密閉空間でのサスペンスとしての緊張感も高まっていく。そして最後には、船長にも知らされていなかった、このサルベージ企画における陰謀が、明らかになり、僅かな希望までも絶たれていく。

主役の船長ロビンソン役を演じたのが、ジュード・ロウ。元々、こうした役には適役な彼。本作でも、前半は、荒くれな乗組員を威厳を持って統一していく船長だったのが、金塊を手にてからは、冷静さを失い、鬼気迫る狂気な表情で命令をくだしていく、両面の演技を魅せている。しかし、ラストシーンでは、諦めと共に、人としての誇りを取り戻すのだが…。

作品は、2014年の作品であるが、ロシアとイギリス、東西の乗組員による金塊探しというのが、今見ると、現代の世界情勢を皮肉っているとも思えてくる。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
bunmei21

3.5俺は好きかな、

2022年6月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
けい

3.0気疲れする潜水艦もの

2021年2月18日
Androidアプリから投稿

気疲れする潜水艦もの

コメントする (0件)
共感した! 1件)
タンテイ

3.5普通に佳かった

2021年2月14日
iPhoneアプリから投稿

最後が一番佳かった。

でも、途中は狭いところでゴチャゴチャするだけで大道具小道具感は拭えず、登場人物のキャラ立ちも薄め。

人間のエゴとコンプレックスが重層し、立ちすくみながらも何か手探りで生を求める。ここは期待どおり。

でも、もっと何か極端な失望と明るい光のコントラストが欲しかった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
totechinsyan
すべての映画レビューを見る(全29件)