南へ行けば

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アデル、ブルーは熱い色」で世界的に注目を集めたフランス人女優レア・セドゥーが2009年に出演したロードムービー。夏の北フランス。フォードに乗って南を目指していた青年サムは、ヒッチハイク旅行中の兄妹マチューとレアを拾う。ゲイのマチューはすぐにサムに夢中になり、美しく奔放なレアは誰かの子どもを身ごもっていた。道中でレアがナンパした青年ジェレミーも加わり、一行は旅を続けていくが、やがてサムは3人を残して車で走り去ってしまう。実はサムは暗い過去を抱えており、彼らには決して言えない旅の目的があった。

2009年製作/90分/フランス
原題:Plein sud

スタッフ・キャスト

監督
セバスチャン・リフシッツ
脚本
セバスチャン・リフシッツ
テファーヌ・ブーケ
バンサン・ポイミロ
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

1.0レア・セドゥーに騙されて

2016年5月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

L・セドゥーのお陰で映画のLOOKとしては画面が映えるが俳優の男達は華が無くダサくて地味でロードムービーとしては酷い。

L・セドゥー無しで観るには辛過ぎる!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.0レアセドゥが主役かと思ったら違った映画

2015年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

寝られる

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsutaya100yen

4.0フランス映画らしくスローなテンポだが一つ一つのシーンに重みがあって...

エイジさん
2015年7月13日
Androidアプリから投稿

フランス映画らしくスローなテンポだが一つ一つのシーンに重みがあって気持ちを無にして観れました。若きレアセドゥーが中々名演技でした。サムの父親の自殺、ゲイ、所々衝撃的なシーンがあるけどフランスの若者の葛藤や苦悩を上手くえがかれてる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
エイジ
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る