不屈の男 アンブロークン

劇場公開日:

不屈の男 アンブロークン

解説

アンジェリーナ・ジョリーの監督第2作。ローラ・ヒレンブランド著のノンフィクションを原作に、1936年のベルリンオリンピックに出場した陸上選手で、第2次世界大戦中に日本軍の捕虜になった米軍パイロット、ルイス・ザンペリーニの体験を描いた。「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」に出演したイギリス出身の新進俳優ジャック・オコンネルがザンペリーニ役で主演し、ギャレット・ヘドランド、ジェイ・コートニー、ドーナル・グリーソンらが共演。日本人ギタリストのMIYAVIが、ザンペリーニを追いこむ日本人将校の渡辺睦裕役で出演している。脚本にジョエル&イーサン・コーエン兄弟、リチャード・ラグラベネーズ、ウィリアム・ニコルソン、撮影にロジャー・ディーキンス、音楽にアレクサンドル・デプラほか、豪華スタッフも結集した。

2014年製作/137分/PG12/アメリカ
原題:Unbroken
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第87回 アカデミー賞(2015年)

ノミネート

撮影賞 ロジャー・ディーキンス
音響編集賞  
録音賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(c)2014 UNIVERSAL STUDIOS

映画レビュー

3.0ルイス・ザンペリーニ

としさん
2022年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2022年7月16日
映画 #不屈の男 #アンブロークン (2014年)鑑賞

反日映画とか騒がれてたけど、まあ、こんなことはやってたんだろうから、冷静に見ればいいと思う。
ただ、映画としてはダラダラしすぎてるので、アンジーが監督じゃなかったら騒がれなかったろうとは思います

#MIYAVI はよかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.0さほど反日とも思わないけど

越後屋さん
2022年6月27日
PCから投稿

オリンピックのスポーツ映画と思ったら戦争映画でした。
漂流と収容所シーンが殆どでやや冗長。

公開時ずいぶん騒がれたらしいけど、捕虜虐待なんてどこでもあんなもんだろうし、それほど反日とは感じない。なぜなら、あくまで所長個人のキャラクターとして描いていて、日本軍一般としての撮り方ではないから。

もう一つはその所長がミスキャスト過ぎて笑えるから。戦メリの教授の線を狙ったのかなあ?あっちは大島選手のぶっ飛び演出で、ミスキャストが売り物だからそれなりの味わいがありますが、こっちはほぼシリアスなので単に滑稽なだけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

1.0不屈の人、罪を憎んで人を憎まず・・・

odeonzaさん
2021年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

2.0演出力不足

Ryotaさん
2020年11月30日
iPhoneアプリから投稿

映画っぽいものを作ろうとした感じが否めない
漂流のシーンに無駄が多い、途中シャークムービーになったのかと思った。
渡辺を魅力的に見せたいのはわかるが結果何を考えてるかわからないlook at meおじさんになっていた。
全体的に金をかけているが演出力不足。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryota
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る