PK

劇場公開日

  • 予告編を見る
PK

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本でもロングランヒットを記録したインド映画「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。本国インドでは「きっと、うまくいく」を超える興行成績を記録し、全米公開もされた。留学先のベルギーで大きな失恋を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働いている。そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているということを知ったジャグーは、男になぜ神様を探しているのか話を聞くのだが……。

2014年製作/153分/G/インド
原題:PK
配給:REGENTS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

映画レビュー

4.52016年最強のヒロインに認定!

2016年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

興奮

アヌシュカ・シャルマといってもインド映画好き以外は知らないだろうし、画像検索してもらっても彼女の魅力の1/10も伝わらないと思う。しかし『PK』の彼女こそ2016年の最高にして最強のヒロインだと断言できる。

『命ある限り』ではセカンドヒロイン扱いだったが、主演のカトリーナ・カイフを食ってしまうほどの溌剌とした魅力を放ったアヌシュカ。『命ある限り』ではテレビディレクターを演じていたが、今回もテレビ局のレポーター役。若い世代のスターという扱いなのだろう。

作品として面白さはもちろんだが、彼女の好奇心いっぱいの笑顔、失恋の哀しみと憂い、すらりと伸びた足を惜しげもなく披露して、身体いっぱいで表現する女優としての躍動感は、正直動いているところを見てもらわないと伝わらない。

とんでもなくキュートなヒロインに泣かされてみたい。そんな理由で映画館に行ってみるのもよいのではないでしょうかと、お節介ながら激推しさせていただきます!

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
バッハ。

4.5PKがとにかく可愛くて愛おしい!!

ひかるさん
2019年10月12日
iPhoneアプリから投稿

「きっと、うまくいく」が良かったので同じ監督×主演俳優ということで鑑賞しました。
前作の方が全体のストーリーは面白かったですが、キャラクターの強さは断然本作の方が上でした。

「PK」は主人公がとてもチャーミング!3時間胸の高鳴りがとまりませんでした。

最初は宇宙人でまともに話もできず奇行を繰り返し完璧な「変なやつ」なのですが、大きな目をきょろっとさせながら街中で無邪気な行動を繰り返しながら「地球とはこういうところか、、」と学んでいくPKがとってもチャーミング。カーセックス中で揺れてる車を「踊る車」と表現したり、お札の代わりにお札に書かれてる偉人の写真をかき集めて買い物しに行ったり、一生懸命地球と向き合ってるPKがかわいい。笑

前半はアホ可愛いPKが観れるのに対し
後半はPKはなかなか知的。
ジョギーに元気になれるダンスを教えて元気づけたり、ジョギーに恋をしてなかなかイケメンな告白をしようとしたり、地球の宗教の落とし穴に気づき周りに訴えたりするシーンがあります。そこで宇宙人とはいえ根底にある「愛」は地球を超えても変わらないということに気付かされ、もう後半はPKに夢中です。笑

宗教を信じすぎるがゆえに大切な人の愛に気づけなかったり家族で亀裂ができるのって寂しい。宗教はセンシティブなものだと思いますがこの映画はPKの可愛いキャラクターを通して宗教の落とし穴についてシンプルに教えてくれていると感じました。

インド映画ならでは、コメディ映画でも必ず号泣シーンがある、というところもこの映画ではばっちし抑えてます。

ジョギーの過去の辛い恋愛の切なさは、恋愛体質のアラサーの私は普通に涙。映画最後のその伏線回収の気持ちいい結末にも涙。
そして最後のPK帰国(帰星?)のときのジョギーとのお別れシーンにもこれまた涙。僕の星では嘘はつかない、と言っていたのに最後ジョギーに可愛い嘘をつきます。(ジョギーにはばれますが)

宗教問題についてもしっかりメッセージを残し、PKという可愛いキャラクターで鑑賞者の心もがっちし掴んで感動もたくさんくれる、濃厚で素晴らしい映画だと思いました!!

間違いなくリピ鑑賞決定です!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひかる

4.0PKという純粋さが産んだ視点。

2019年9月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

幸せ

留学先ベルギーにて、パキスタン人サルファラーに失恋したインド人ジャグーが、宇宙から来たPKと出会い面白い経験をする話。

前半、回りくどい様な展開でインド映画らしくなくグローバル。
かつて一緒の国だったのにイスラム教とヒンドゥー教の対立で別れ、今でもケンカしている両国の人間をわざわざ設定している点も一歩間違えると怖いなと思われがちだが、「宇宙から来たPKからの視点」という面白い発想にて回避(?)しているのでご安心を。
(母国のあるヒンドゥー教団からクレームが来たらしい。)

PKからの視点とは、今この時代の神様は人間の自己都合や解釈により勝手に使われているという事。
(この考えに辿り着くまで伏線等ありますが。)
ラストのヒンドゥー教教祖との討論バトルは、日本に住んでいる私にも共感を与えてくれる内容でした。

「それ変じゃね?考えのかけ間違いだろ」や「そりゃそうだ」と、この世界やシステムを見つめ直す良い結末でしたし、国境・宇宙を超えたラブストーリーもいい。

また、PKは宇宙人なので、地球に住む人の概念を知りません。地球に住み、色々と考える様子を楽しめます。(ちと上映時間長いですがw)

宗教闘争や力でねじ伏せようとしないで、遠く離れた宗教や力が関与しない第三者を交えて解決するのも手だと思う映画でした。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
巫女雷男

5.0ボリウッド万歳!

odeonzaさん
2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

宗教の違いからインドとパキスタンは核で睨み合う犬猿の仲、インドに限らず宗教対立がもたらす紛争、悲劇はいまだに各地で続いている(実際には英国統治から現在にいたるまで大国の思惑に振り回されてきたのだが・・)。少なくともボリウッドの若者たちは気づいているのだ、そして今こそ多くの人に国の未来を考えて欲しいと願って最上の映画を創った。
友好的な宇宙人ということではスピルバーグの「E.T.」に通ずる、本作のタイトルがアルファベット2文字なのもオマージュかもしれない。「きっとうまくいく」では教育問題だったが本作では迷信に矛先を向けている。特にインドのような複雑な宗教問題を抱える国でメッセージ性の強いテーマはタブーであったろう、触れたくても触れられない心の聖域にあえて踏み込んで疑問を投げかけるだけでも相当の勇気がいったはずだ、それをETならぬPKの力を借りてボリウッドならではの笑いとペーソスで見事に具現化したことに心から拍手を送りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza
すべての映画レビューを見る(全129件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る