PK

劇場公開日:

PK

解説

日本でもロングランヒットを記録したインド映画「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。本国インドでは「きっと、うまくいく」を超える興行成績を記録し、全米公開もされた。留学先のベルギーで大きな失恋を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働いている。そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているということを知ったジャグーは、男になぜ神様を探しているのか話を聞くのだが……。

2014年製作/153分/G/インド
原題:PK
配給:REGENTS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

映画レビュー

4.52016年最強のヒロインに認定!

村山章さん
2016年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

興奮

アヌシュカ・シャルマといってもインド映画好き以外は知らないだろうし、画像検索してもらっても彼女の魅力の1/10も伝わらないと思う。しかし『PK』の彼女こそ2016年の最高にして最強のヒロインだと断言できる。

『命ある限り』ではセカンドヒロイン扱いだったが、主演のカトリーナ・カイフを食ってしまうほどの溌剌とした魅力を放ったアヌシュカ。『命ある限り』ではテレビディレクターを演じていたが、今回もテレビ局のレポーター役。若い世代のスターという扱いなのだろう。

作品として面白さはもちろんだが、彼女の好奇心いっぱいの笑顔、失恋の哀しみと憂い、すらりと伸びた足を惜しげもなく披露して、身体いっぱいで表現する女優としての躍動感は、正直動いているところを見てもらわないと伝わらない。

とんでもなくキュートなヒロインに泣かされてみたい。そんな理由で映画館に行ってみるのもよいのではないでしょうかと、お節介ながら激推しさせていただきます!

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
村山章

4.0「きっと、うまくいく」が好きなので気になっていた。 地球を調査しに...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

「きっと、うまくいく」が好きなので気になっていた。
地球を調査しに来た宇宙人が大切なリモコンを取り戻すため、宗教を絡めながらストーリーが進んでいく。
テーマ的に大丈夫だったなのかなと思ってしまったけど、内容は笑いあり涙ありうまいなぁと思った。ちょって前半退屈気味だったけど、後半の展開は良かった。
pkの恋心がやっぱり切なかったなぁ。楽しめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.5「きっと、うまくいく」に続き

2022年2月12日
PCから投稿

地球探査にやってきた宇宙人。通称“PK”。
彼にとって地球人は謎だらけ。
 なぜ人は服を着てるの?
 なぜ頭の中で思ってる事としゃべってる事が異なるの?
 神様ってどこにいるの?
PKの素朴な疑問の数々にハッと気付き考えさせられました。

自分は何を掛け間違え、何にウソをついてきたのか?と。

“こうしなければ”とか“こうあるべき”とか、見えない思い込みの枠にカチッとハマって身動きとれなくなっていた私にこの映画が“もっと自由でいいんだよ”と言ってくれたようで身も心もほぐれていくようでした。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 5 件)
セロファン

5.0【”オカシナ、裸の宇宙人が地球人に教えた大切な事”常識や宗教に拘り過ぎる事の愚かしさをコミカルに描いた作品。伏線回収も素晴らしく、最後半は涙腺が緩みます。】

NOBUさん
2022年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

幸せ

ー PK(ヨッパライと言う意味)を演じたアーミル・カーンは、確かに大きな耳が特徴的で、異星人みたいである。ー

◆感想<Caution !内容、触れています>

 ・奇想天外な着想に基づく物語だが、ストーリーに破綻が無く、前半は地球にやってきたPKの私たちが常識と思っている事に対する素朴な疑問の投げかけをユーモラスに描いている。
  - 何で、服を着るの?
    何で、神様を崇めるの?
    何で、色んな宗教があるの?-

 ・最序盤の中盤からPKに興味を持ち助けるジャグー(アヌシュカ・シャルマ:「SANJU サンジュ」で、観賞したなあ)と、サルファラーズ(スシャント・シン・ラージプート:「きっと、またあえる」で、好感を持ったが、残念ながら自死してしまった・・。)の別れの理由が、最終盤でのPKと”導師様”のPKが乗って来た盗まれてしまった、宇宙船のリモコンを賭けての論戦で明かされるシーン。
 - 作品構成の巧みさに脱帽である。-

 ・私たちが普段当たり前と思っている宗教や神に対する、重いテーマをPKが素直な疑問として、観る側に投げかけてくる、後半の数々のシーンも良い。
 - 何で、そんなにお布施を出しながら、幸せは来ないの?
   何で、神に祈っても、思いはなかなか通じないの? ー

<ストーリーテリングの巧さと、前半はコミカル要素強めで、後半は重いテーマを投げかけてくる作品構成の素晴らしさに唸らされた作品。
 「きっと、うまくいく」に続き、
 ”常識に捕らわれず、信じた我が道を行け!”
 と言う、ラージクマール・ヒラニ監督の熱いメッセージは今作でも貫かれている。
 再後半の圧巻のクライマックスには、涙腺が緩みます。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全135件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る