シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

現代社会で共同生活を送るバンパイアたちの楽しい日常を、俳優たちの即興演技とモキュメンタリー形式を取り入れて描き、トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門やシッチェス映画祭などで観客賞を受賞したニュージーランド製ホラーコメディ。ニュージーランドの首都ウェリントンで一緒に暮らすバンパイアのビアゴ、ディーコン、ブラド、ピーターは、毎晩のように歌い踊ったり行きつけのパブで遊んだりと楽しい毎日を過ごしていた。ある日、ピーターが人間の大学生ニックにうっかり噛みついてバンパイアに変えてしまう。しかもニックが人間の親友スチューをシェアハウスに連れてきたことから、大騒動が巻き起こる。映画「ホビット」とのコラボで話題を集めたニュージーランド航空の「壮大すぎる機内安全ビデオ」で監督・出演を務めたタイカ・ワイティティと「メン・イン・ブラック3」などに出演したジェマイン・クレメントが共同監督。主人公のバンパイア役で出演もしている。

2014年製作/85分/PG12/ニュージーランド
原題:What We Do in the Shadows
配給:松竹メディア事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)Shadow Pictures Ltd MMXIV

映画レビュー

3.0割と良かった

asaさん
2019年9月5日
PCから投稿

割と安っぽくなくてよかった
グロいところはグロく、シーン全体を通して安っぽくなくてよかった

バンパイアの能力のところはコメディっぽく
ドキュメンタリーを見ているような撮影方法も好感が持てる

完全なコメディと言うより
ちょいホラー・コメディ・ドキュメンタリーだったので飽きずに見れた

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.5招かれないと入れない

散歩男さん
2019年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

ニュージーランド産のヴァンパイアコメディー。
考えた馬鹿馬鹿しい設定を大真面目に丁寧に製作する。そんなに金はかけれないけど、アイデアはブチ込むぜ!というスタイル。そういう姿勢は大好きだ。それは時に成功し世界的なコンテンツになる、こともあるという一例。
時間も丁度いい長さかな。楽しんで作ってるのが伝わってくる映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

4.0シュール笑笑

2019年7月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

ヴァンパイアが、1つ屋根の下に共に暮らす日常を、モキュメンタリー形式で贈るホラーコメディ。

普段の生活ぶりや、ヴァンパイア故の悩みをカメラ目線で説明したり、なかなか面白い。

人間の青年に噛みついた事から起こる騒動や、狼男達との絡みも 普通の人間と 何ら変わりなく…(笑)。

興味本意で観たけど、思いの外面白かった。

この監督兼、主演のワイティティは、なかなかな感性の持ち主だな。
これからも、色々な作品をみせて欲しいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
m@yu-chan-nel

3.5レッツ・エンジョイ・ヴァンパイア・ライフ♪

近大さん
2018年10月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

怖い

本作の監督の一人、タイカ・ワイティティが『マイティ・ソー バトルロイヤル』に抜擢されるきっかけとなったのが、本作。
マーベルの人選センスもさることながら、よくこの作品を見て、アメコミ超大作の監督を任せたもんだと思わずにいられない。
とにかく、ユニークの一言に尽きる!

現代のニュージーランドで暮らす4人のヴァンパイア。
379歳のヴィアゴ、183歳のディーコン、862歳のヴラド、そして8000歳のピーター。
そんな彼らの生活ぶりに密着。フェイク・ドキュメンタリー・タッチ。
そんな彼らの生活ぶりとは…

ヴァンパイアなので活動は夜のみ。
夜な夜な血を求めて人々を怖がらせていると思いきや…
勿論“お食事”はするけど、楽器を演奏したり、町を徘徊したり、パブで呑み歩いたり、女の子に声をかけたり…。
やってる事はお気楽な若者。
ハイ、その通り、ゆる~いヴァンパイア・コメディ。

何とか現代社会に馴染もうと、パソコン覚えたり、デジカメデビュー。
確かにヴァンパイアとハイテクって、あんまり見た事無いかも。
密着型なので、彼らにインタビュー。色々苦労連続のヴァンパイアの歴史。
リンクネタや小ネタも。ヴラドのモデルはドラキュラのモデルになった串刺し公ヴラドだし、ピーターは明らかにノスフェラトゥ。
この邦題は『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のパロディだし、某ヴァンパイア映画をジョークにしたり。
そのヴァンパイア映画で敵対関係にある狼男族もこの現代社会でひっそりと暮らしている。時々ばったり鉢合わせても、ガン・アクションが始まったり、人間の女の子を巡って三角関係になったりしないのでご安心を。あくまで不良のいがみ合いみたいな。
ヴァンパイア、狼男の他にも、ゾンビも。
知られざる、リアル・アンダーワールド!

そんな彼らの平穏な暮らしに、新たな仲間が。
ピーターが大学生のニックに噛み付いてしまい、彼をヴァンパイアにしてしまう。
新米ヴァンパイアのニック。
やる事なす事、トラブル巻き起こしてばかり。
「俺、ヴァンパイア」と吹聴して回ったり、そのせいでピーターが…!
人間禁制の魔物たちの催しに人間の友達を連れてって、とんだ事態に…!

ヴァンパイアも大変だよ。
それでも面白可笑しく、ちょっぴりヒヤヒヤ、お気楽にエンジョイ。
ヴァンパイア・ライフ♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る