世界の終り

解説

サイバーテロにより崩壊を迎えた世界を舞台に織り成される人間模様を描いたサスペンススリラー。ある日突然、アメリカでサイバーテロが発生し、都市が大混乱に陥った。穏やかな生活を求めて郊外で暮らしていたジェームズとその家族のもとに、都会からパニックを逃れて旧友たちが訪ねてくる。一緒にサバイバル生活を送りはじめた一同だったが、共に過ごすうちに少しずつ人間関係がほころびはじめる。主人公ジェームズ役に、「プラダを着た悪魔」のエイドリアン・グレニアー。共演は「アルゴ」のケリー・ビシェ、「痛いほどきみが好きなのに」のマーク・ウェバー。

2013年製作/101分/アメリカ
原題:Goodbye World

スタッフ・キャスト

監督
デニス・ヘネリー
脚本
デニス・ヘネリー
サラ・アディナ・スミス
製作総指揮
マイケル・メイリス
撮影
ジェフ・ボルマン
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

1.5ホントに世界?

ガブさん
2016年3月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

世界の終りというタイトルの割にはアメリカだけが舞台でストーリーの焦点も家族や友人や隣人関係と意外と小さなところにある。

全体的に平坦で人の醜さが目立つ作品だったかなという印象です。

最後の締めくくり方だけ良かったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガブ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る