岸辺の旅のレビュー・感想・評価

メニュー

岸辺の旅

劇場公開日 2015年10月1日
58件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

美しい、儚いものに宿命的に共存する「怖い」の表現。

冒頭、クールで強く生きているように見える深津絵里さん演じる主人公が、死んだ夫が突然現れたとたん泣きつくオープニングで一気に引き込まれた。

トラウマに対して素直に悲しむことって、心がタフじゃないと出来ないと思う。そんな悲しみの中におかれた素直で情熱的な女性を深津絵里さんはまさにぴったりという感じで演じているし、夫役の浅田忠信さんも、シャイだけど強いロマンチックな男性を、過剰になり過ぎない演技で演じているなぁと思った。2人の演技が、シュールな作品になんとも言えない気品のようなものを添えていると思う。

時系列や場所などがシーンごとによくわからないように展開することが、この世とあの世の近さを生々しく感じさせていると思う。また怖いとも感じさせるような急な照明の演出が、決してきれいなだけではない日常的な会話の貴重さ、美しさを際立たせていた。当たり前のものの美しさをチープさを出さずに描く事ってきっと凄く難しい事なのだと思う。

全体的に非常にシュールな台詞、展開なのに、すごく気品があって儚くて、この話の世界に引きこまれました。素晴らしい映画だと思います!

Atsuhito
Atsuhitoさん / 2018年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

分かりやすくするためにいろいろ頑張った結果

主題としてはごくありきたりだと思います。
死者との境界線を少しずらすことで、日常の表皮の下に隠された情念に切り込む。
我々日本人にはもうおなじみの、見慣れた手法でしょう。

問題はこれをフランス人に見せなきゃいけなかったこと。
エンドロールに書いてありましたが、この映画はフランス政府から補助金を貰っています。当初からフランス側で公開されることを前提に製作されねばならなかったのです。

日本人であれば、死者の世界とのつながり方については、幾重にも共有された前提があり、自由自在にあの世とこの世を往還してもすぐにそれと分からせる手法がいくらでもあります。
でもそれを知らないフランス人にストーリーの展開を分かりやすくするためには、子供にもわかるような「お約束」をいくつも使わねばなりませんでした。

・死者の世界と繋がる時に照明を落とす
・主題が提示されるシーンでオーケストラの音量を上げる
・主人公夫妻が死者の/への思いを救済して回るエピソードの一つ一つに非常に図式化された役割を割り振り、主人公の夫の消滅を予め説明しておく

これが正直、かなりうっとおしい。映画全体が安っぽくなってしまいました。

ただ、主人公夫妻の演技と映像美は素晴らしく、こうした難点を補って余りあると思います。
かなりトウが立ってきた深津の顔をお化粧でのっぺらさせるのではなく、反対に「シミだらけか?」と思わせるほど陰影を濃くして、生者の生々しさを表現しようとしています。
愛人との対決シーンが誰にでも評判がいいのは、深津に対峙する蒼井の顔も同じようにメークされていたからでしょう。
一つの思いだけでこの世に留まっている死者の純粋さ・単純さに比べて、生者はなんと込み入った雑念に満ちていることか。それが生きるということだ、というメッセージなんでしょうね。

山田次郎
山田次郎さん / 2018年5月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オレンジのコートとグリーンのスカート

映像の美しさは好み♡

でもストーリーは分かりにくいし
表現しきれてないような…

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2018年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けます

日本映画は殆ど観ませんが、何となく観てしまった。

深津絵里が上手すぎる。
「悪人」もそうですが、深津絵里が映画の深みを何倍も増してますね。

そして言える事は深津絵里が嫌いであったり、この役が別人であったら評価はかなり下がるのかなと。

ツッコミ所を気にしてる様ではどんな映画も楽しめません。

a n
a nさん / 2018年3月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

情緒揺さぶる感じが・・・。

情緒揺さぶる人間ドラマとちょっとばかしのホラーテイスト、さすがは黒沢清監督。まさに「ある視点」にふさわしい映画のような気がします。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年10月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かったです。

幽霊らしい所がない幽霊とその妻との旅を淡々としたトーン描いた作品。
淡々とはしているけど終始、緊張感があります。幽霊なのでいつ消えていなくなるか分からないので。。
そんな事を感じながら退屈に思えるストーリーが進むにつれ、徐々にその世界観が体に蓄積されつつ自分の経験や思い出もリンクして「どっちも同じ」というセリフがとても素直に入ってきました。

泣けてきたり、ゾクッとしたり、ちょっと乗れないなぁと現実に引き戻されたり。。(笑)

ともあれ良い映画だと思います。

じぶ
じぶさん / 2017年5月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

死んだ者と残された者

まだこの世に思いの残る死者と、残された者の死を受け入れるまでの気持ちの動きをゆっくり穏やかに描いている。
と言うと聞こえは良いが、抑揚も無く、無理に盛り上げようとする音楽も何だかしっくりこない。
つまらなかった。

ほんの一瞬出て来た蒼井優のシーンだけがやけに印象的。

おこげ
おこげさん / 2017年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

浅野の乏しい表情が裏目に

タイトルとあらすじから良さそうだと思いましたが、凄くつまらないです。幽霊というよりは一時的に帰ってきた人という事はまあわかります。あらすじには世話になった人を訪ねていくとありますが、そんな話だっけと思うほどぼんやりした展開で大した事はないです。劇中の講演も取って付けたような演技と内容で面白くなく、わざわざ帰ってきたのに本当に心からこれがやりたい&皆は聞きたいと思っているのでしょうか。同じ監督の「クリーピー」で西島秀俊が犯罪心理学を講義しましたが、それにすら大きく劣ります。日本人夫婦の淡々とした日常を見せられるのは、カンヌのごく一部のマニアックな人々にとっては「ある視点」としてまるで宇宙人がサンプルを監視するかのように興味深かっただけなのではないでしょうか。「寄生獣」でも人外の怪物として共演した主演の二人ですが、浅野忠信は表情に乏しいので、深津絵里がいくら頑張っても帰ってきた夫の愛おしさは全く伝わってこず、つまらなさに拍車をかけたと思います。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年2月5日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

黒沢清監督らしい暗く、静かで、温かい、ロードムービー またどこかに...

黒沢清監督らしい暗く、静かで、温かい、ロードムービー
またどこかに役所さん出ていてほしかったなー

ころ
ころさん / 2016年11月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人と人の縁って不思議ね

湯本香樹実の原作を読んだほうがいいのか。
フルオーケストラの音楽が大仰
深津絵里と蒼井優の女のたたかい
深津絵里のベッドシーンはやっぱりあっさり
いつもの上までボタンを留めたシャツ
彩度を抑えた画はいい感じ
この世の人とあの世の人

e
eさん / 2016年10月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Jホラーの巨匠が心血を注いだ美しきラブストーリー

今回は劇場へ出向くのに正直、躊躇した。

黒沢清作品独特の心の底にモゾモゾうごめく嫌悪感が後引く余韻がとてつもなく苦手だからである。

『CURE』しかり、『カリスマ』しかり、『アカルイミライ』しかりetc. etc.

でも、やっぱし、行こうと決意したのはカンヌ映画祭で日本人初の監督賞(ある視点部門)受賞したのに琴線が揺れた権威への弱さと、Jホラーの真打が心血を注いだラブストーリーとは如何なるモノかと云う欲求の疼きに尽きる。

結果はってぇっと、大きな期待を応えるワケでもなく、裏切るワケでもない不思議な面白さに終始、支配された後、涙がポロリと一粒落ちていった。

ストーリーはってぇっと、こりゃまた説明が難しい。。。

ピアノ教師の部屋に3年間失踪していた夫が或る日突然、帰ってきた。

戸惑いながらも喜ぶ妻。

しかし、夫は、自分が既に死んだ身であると告白する。

そして、死後の自分が御世話になった恩人に挨拶をしに、夫婦の奇妙な二人旅が始まっていく。

愛してきた人の知らない過去、
死者が見える人間の葛藤。

こんなミステリアスだらけの題材やと、ふと、『シックスセンス』のような不気味な闇の世界を連想したくなるが、重苦しさは一切無い。

生と死を向き合う残酷な現実を、深津絵里、浅野忠信、夫婦其々の感情のフィルターを通す事により、
生命とは何か?
愛情とは何か?
家族とは何か?
について温かい視点で問い、観る者の人生観を見つめ直したくなる奥深さを感じた。

死者と人間とが何の隔たりも無く会話をし、滑稽なまでに交流を深めていく進行形の和やかな持続は、『死神』『野ざらし』『へっつい幽霊』『らくだ』 『地獄八景亡者戯』 etc. 落語における非怪談噺に通ずる愉しさが覗く。

だが、油断してはならない。

そんな愉快な距離感は、同時に、誰が死者なのか解らない猜疑心だらけの世界をも意味しているからである。

自身が死んだ事すら気付かず、漠然とした後悔を引きずりながら、現世に居残る者達の不穏な気持ちの揺らぎを、足音や影で静かに表現する物語こそ黒沢清ワールドの真骨頂とも云えよう。

刹那的な対峙の果てに、幽霊の概念なぞいとも容易く超越し、唯一無二の人間ドラマに到達する。

独り身なので上手く説明できない自分がもどかしいが、究極の夫婦愛が銀幕の向こう側に光を咲かせていると想った。

介護福祉士と云う今の仕事について随分、久しいけど、未だに生と死の境目とは?成仏とは何か?サッパリ見当がつかない。

自分自身が老うと尚更解らないし、其れゆえの恐怖心が加わり、人間は眼を反らし、死そのものをタブー視する。

つまり、死に臆病なのも、興味が湧くのも人間として当たり前の価値観ではなかろうか。

人間にとって、死とは、主が其れまでに出逢い、培ってきた数々の縁に対する大きな一区切りだと私は今作を通して想った。

其んな大切なターニングポイントをいつも傍で見守ってくれる人の存在は羨ましい反面、やっぱし、こそばゆいなと孤独に慣れきった帰り道にポツリ実感するのである。

では、最後に短歌を一首

『悟る窓 瞬く帰路に 抱く光 夢ぞ一粒 終の連弾 』
by全竜

全竜(3代目)
全竜(3代目)さん / 2016年10月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最初ちょっと戸惑った ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

新聞配達屋さんのおじいちゃんの話に胸が痛くなった。
あの滝に深津さんが飛び込むんじゃないかってビクビクしたことと、お父さんが出てくるシーン、蒼井優の嫌な感じとか凄く伝わってきて幸せって難しいと思いました。
ユウスケ先生の、波と点の話?あの世とこの世の話、なるほどなーって。
毎日を後悔せずに生きてる人って、どれだけ居るんだろうかと。
私も毎日を後悔せず生きたい気持ちになりました。

みきねこ
みきねこさん / 2016年10月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

???

入り込めなかった。だらだらと中だるみしてて途中寝ちゃったし。一応最後まで観たけど、え?そこで消えんの?ってなったし。全て意味不明だった。何?浮気してて、勝手に自殺しちゃっただけ?今さら何なん?って感じしたし。最初は奥さんが逆に幽霊かと思ったけど、違ったし。うーーーん。

non
nonさん / 2016年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幽霊になった夫との旅

3年前に行方不明になった夫(浅野忠信)が突然、戻ってくる、幽霊で。
妻(深津絵里)は夫と、色んな意味でお世話になった人たちにお礼の旅を始める。
幽霊にした意味がよく分からなかった。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり最初の5分でわかりますね

少し期待していたのだけど残念。
自分の気に入る映画かどうかは、やっぱり最初の5分でわかりますね。
この女優さんが案外好きなので頑張ってみたのですが、映画として抑揚がなくつらかったです。

シネパラ
シネパラさん / 2016年9月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作も読まなきゃ!

『夏の庭 The Friends』を読んだ時から死をテーマに書く湯本香樹実さんの作品が素晴らしくて、大好きな作家さんの映画化です。こちらは、まだ原作未読なので、読まなくては!

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年5月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画賞絡みで初めておちました....

いやぁ久びさに辛い映画でした。
結構期待してたんですよ、カンヌの監督賞に。
予告篇も良く出来てたし、
様々な人々との出逢いで生前の夫を
知っていくという物語の設定も
映画向きな気がしてました。

ただ、
ある視点部門というカテゴリーには、
少し嫌な感じがしてたのですが...。
最初の30分でその予感は、
あえなく的中してしまいましたよ。

行方不明の夫が
突然死後の世界から現れて、
状況説明は一切置き去りのまま。
不在の3年間のお話すら、
無視なのね。

現実と虚構と霊界の境が曖昧のまま、
ふわふわとストーリーが
静か静かににながれていく。
驚愕したのは、
なぜか亡霊を
様々な人たちが受け入れてて、
ともに生活しちゃうなんて(笑)

ロジックも軸もないので、
何だかキモチ悪いです。
あれこういうのあったなぁなんて
デジャブなキブン。
そうだ2月に観た「悼む人」と同じだ。

それでもファンタジーに、
振り切るならいいですよ映画だもん。
けどね妻の虚構なのか、
ホラーなのかも中途半端で。
ギミックな驚きも、
怖さもありません。

幽霊と一緒に過ごしている
深津絵里さんは、
動揺するわけでも
葛藤も描くわけでもなく
終始ふつうの人。
だからなのか、
全く感情移入も出来ずじまいです。
死を受容できない狂気から、
幻覚をみたり死者と会話することもあるでしょう。
けどこんな平穏で妄想してる人
ただのサイコパスですぜ。
加えて亡霊の浅野忠信さんも、何だかふつう。
俳優たちは監督が何をやりたいのか
理解出来なかったのかな。
少しぎくしゃくな様子にみえちゃって、
可哀想な印象を受けました。

唯一5分だけ出てきた、
蒼井優さんは凄かった。
意味のない役柄であれだけの印象が残せるのは、
さすがです。

そんなこんなで、
せめてオチに期待してたけど、
あれれという終わり方で。

忙しいなか時間を作って、観に行ったのにね。
その頑張りも虚しく、後半は久びさに落ちてしまいました。
周りを見渡せば、両隣もこっくりですわ。
映画賞絡みの作品は必ず劇場でみるのがコダワリですが、
年に一回はありますね、こういうの。
頭を撫でた犬に噛まれた、残念感でした。

今宵は厳しすぎて、スミマセン。

Cディレクターシネオの最新映画レビュー
Cディレクターシネオの最新映画レビューさん / 2016年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 単純 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

夫婦の旅

妻・瑞希が料理をしていてふと後ろを振り向くと、突然夫・優介の姿が。
夫が仕事から帰った一見何気ない光景だが、二人の会話によると、夫は3年前に失踪し、幽霊となって帰ってきたという。
この冒頭数分の奇妙な設定に引き込まれてしまう。
そして夫は妻をある旅に誘う…。

その旅は、夫が失踪していた3年間、何処で何をしていたかを訪ねていくもの。
妻は夫の知らなかった一面を知る…。
個人的な話になるが、もう10年も前に死んだ父の事を何故か思い出した。
家ではどしっと座って無口な父だったけど、外では交友関係が広く、社交的だったとか。
近くに居た人の知らない姿というのは、新鮮であり何処か不思議。

夫婦が旅で出会う夫が生前お世話になった人々。
優介と同じような人も居れば、瑞希と同じ人も。
共通しているのは、死者であっても生者であっても、何か心残りがある。
ここで優介もまたそうなのだと気付く。
優介が瑞希の元に帰ってきたのには、何か訳が…。

3年も夫の帰りを待ち続けた瑞希。
夫との再びの時に安らぎを感じるが、ある日瑞希は、夫が生前お世話になった死者が突然消えるのを目の当たりにする。
夫との時も限りが…。

夫への深い愛情を抑えた演技で体現、凛とした美しさと儚げな愛らしさで深津絵里が魅了。
幽霊となって帰ってきた奇抜な役柄は、個性派・浅野忠信の真骨頂。
生前浮気していた夫。
その浮気相手・蒼井優の出番は僅かながら、対面シーンは静かな火花散る。

淡々とした展開・語り口の中に、ちょいちょいのオフビートなユーモア。
そもそも幽霊となって帰ってきた夫もそうだし、普通に他人と話し、食事する。
「消防のワタナベさん?」の坊さんや、優介が田舎の人たちに宇宙学を講義するシュールさ。
設定はファンタジーで、十八番のホラー的なシーンもありつつ、夫婦の愛と心の機微を静かに繊細に浮かび上がらせる。
カンヌ国際映画祭“ある視点”部門監督賞受賞も納得の、現代の“世界のクロサワ”黒沢清監督が紡ぐ上質の人間ドラマ。

近大
近大さん / 2016年5月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

深津絵里と浅野忠信の夫婦もの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

よかった

akkie246
akkie246さん / 2016年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『岸辺の旅』を観た。宮台真司の記事を読んでなるほどと膝を打ち、小野...

『岸辺の旅』を観た。宮台真司の記事を読んでなるほどと膝を打ち、小野寺系さんのツイートに共感した。演出があまり好みではなかったのでぼくにはハマらなかったけれど、主演ふたりの演技が良かった。特に、深津絵里。少女のような雰囲気がとても魅力的だった。

もりめろん
もりめろんさん / 2016年4月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

58件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi