「至上の映画」天空の蜂 くらげさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「天空の蜂」 > レビュー > くらげさんのレビュー
メニュー

天空の蜂

劇場公開日 2015年9月12日
全241件中、5件目を表示
  •  
映画レビューを書く

至上の映画

今までにないような衝撃を受けた。
なんたるリアリテイ、、、。
“原子力発電所”というトラブルメーカーのモンスターをこれほどまでに深く突きつけられるとは。

家族。友人。仲間。同僚。部下。連携組織。共犯。
すべての人間関係が、ぐちゃぐちゃでどろどろで、見ていて本当に息苦しくなる。
だが、そこに嘘はない。
私達がそれぞれ抱えているような苦しみ、すれ違いゆえの苛立ちやもどかしさ。ギュッと詰まっている。

この映画を鑑賞した後、様々なことを考えた。
日本国の社会、政治。自分の歩んできた道、得た仲間。
自己の存在から世界まで。

あなたに時間があるなら是非この映画を観て欲しい。
そしてあなた自身やこの国の未来について、もう一度よく考えてみてほしい。

くらげ
さん / 2018年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報