朽ちた手押し車

劇場公開日

  • 予告編を見る
朽ちた手押し車
0%
0%
75%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2013年に他界した名優・三國連太郎の主演で1984年に製作され、認知症の老父と末期患者の老母を抱えた家族の苦悩を描き、高齢化社会や尊厳死、安楽死といった問題をえぐり出した作品。昭和57年、新潟県・親不知海岸。老人特有の痴呆がはじまっていた元漁師の安田源吾は、毎夜のように徘徊を繰り返していた。息子夫婦はそんな父に加え、不治の病で死を待つだけの母の「殺してくれ」という悲痛な声に悩まされ、安らげる時がなかった。三國の主演作で唯一劇場未公開だった幻の作品で、「お蔵出し映画祭2013」でグランプリを獲得。製作から30年を経た2014年に劇場公開が実現。

1984年製作/134分/日本
配給:アークエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5テーマは興味深いが、ストーリーはいまいち

2019年12月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

寝られる

認知症の老人を演じた三國蓮太郎の演技と特殊メイクが凄かった。長山藍子の演技も良かった。クワの使い方はいまいちだったけれど笑

介護や尊厳死といった社会派のテーマが興味深く、ストーリーの前半の流れは悪くなかった。しかし後半はペースダウン。テンポがやたらとゆっくりで眠たくなった。クライマックスの「ここが泣き所だよ」とゴリ押ししてくるような露骨なお涙目頂戴感も嫌だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アントキのバンデラス

2.5演技は。

2014年5月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

認知症の行動や妻の病気の苦しみが続くので、しかも症状だけなので長く感じます。
テーマが分散しちゃったかな。
親を大事にする心が、今とはちょっと違う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ムーミン
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「朽ちた手押し車」以外にこんな作品をCheck-inしています。