革命の子どもたち

劇場公開日

  • 予告編を見る
革命の子どもたち

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本赤軍の重信房子とドイツ赤軍のウルリケ・マインホフという2人の女性革命家の素顔と母親としての姿を、それぞれの娘である重信メイとベティーナ・ロールの視点から明かしたドキュメンタリー。アイルランドのドキュメンタリー作家シェーン・オサリバンが、東京、ベイルート、ヨルダン、ドイツで取材を敢行。テロリストと呼ばれた母親のもとで過酷な幼少期を強いられ、その後も壮絶な人生を歩んできた娘たちが当時の苦悩や母への思いを語り、母親たちが目指した革命と向きあっていく。さらに、関係者たちの証言や当時のニュース映像も織りまぜながら、2つの世代の女性たちの生き方を重層的に描いた。

2011年製作/88分/イギリス
原題:Children of the Revolution
配給:太秦

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)Transmission Films 2011

映画レビュー

3.5911後の『不寛容な時代』

tedさん
2014年8月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

萌える

近代美術館で唐突に『アナバシス』を見せられた1人です。

赤色革命は過去のものになった現在では、重信房子が人間的であったという証言は違和感があります。一方で重信メイは説得力があり魅力的ですらあります。

とはいえ政治的には同調できない現在の我々にとってさえも、空白の存在以上であることが911以降、拭いきれないような感じがあります。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ted

3.5革命戦士という不思議な罪人

2014年7月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
恩田かーや
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る