ジャージー・ボーイズのレビュー・感想・評価

ジャージー・ボーイズ

劇場公開日 2014年9月27日
181件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

珠玉の名曲の数々と共に考える人生の意味

山下達郎さんファンならお馴染みの名曲のオンパレード
そしてそれらの名曲がどのように生まれたのかが観れるだけでも幸せ

また、それ以上に人生の意味を考える映画でもありました
素晴らし名作参りました
イーストウッド監督の才能にただただ脱帽

君の瞳に恋してるのシーン
グランドフィナーレには涙して拍手までしてしまいました

フランキーの半生
特に家族の崩壊は見につまされました
仕事と家庭の両立、昔からの友人との付き合い…

私は二の次、三の次で私との時間はない
回転木馬はもう降りるわ
これらの台詞は胸が痛い

そのシーンでジャージーボーイズのタイトルの意味が知らされます
単にニュージャージー出身の少年達の物語というだけではありません
地元の縁から離れられなかった
それは地元の友人を一番にして家族も犠牲にしてまで仕事に打ち込んだ少年達の物語という意味

しかし、その生き方が最終的には娘の死につながってしまった
あまりにも苦しい人生だ

しかしラストのメンバー再会シーンとグランドフィナーレで全てが報われ自分の中で許されていく

なるほどイーストウッド監督が撮るべきテーマの映画だった

クリストファーウォーケンの存在感が素晴らしい
凄みが違う
グランドフィナーレでダンスするのを見て、カッコ良すぎで胸がキュンとしました

エドサリバンショー
アメリカの超有名音楽長寿テレビ番組
司会の彼はタモリさんみたいな超有名人
ビートルズも主演してるくらいステータスのある番組

君の瞳に恋してるの初演のシーン
屋根にRoosrer Tailと大書きしてある川辺の豪華レストラン
デトロイトで一番のお店です
大きな結婚披露宴とか企業の宴会はもちろん
有名スターのディナーショーを今もしているようです
2008年に創業50周年とか
映画のシーンは1967年になります
現在はどうも建て替えされたようで映画と少し様子が違っていますが豪華さは変わらずのようです

あき240
あき240さん / 2018年8月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作品じたいより歌声がステキ。で本物聴いてみたらもっとずっとステキ。...

作品じたいより歌声がステキ。で本物聴いてみたらもっとずっとステキ。本物の歌声使ったほうが説得力あったのに。

まるぼに
まるぼにさん / 2018年3月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり観て良かった! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

クリント作品で未だ観てなかった
ジャージーボーイズ
まぁミュージシャングループの王道よね。
結成、腐敗、解散、再会
だけど、それを観てて観客は腐敗せず
彼をどんどん好きになるように映すのが
クリントイーストウッドであり巨匠です。
やっぱり想像がついても、観終わると
観て良かったなぁと思わせる。
これはまるでマジシャンクラスだと思います。

借金の肩代わりするところも男前で素晴らしいけど
娘が家出して、ニューヨークで娘と会って
カフェで娘に言う。
集中しなきゃダメだ
辛い気持ちはわかる
世の中に分からせたいのに誰も気づいてくれない
だが状況は変わる
我慢強く努力を続けるんだ
クリント様のメッセージ受け取りました。
努力ができる人と、そうじゃない人がいる。
それも分かった上で、たしかにこの主人公は
凄いけど、それ以上に努力家だったことが分かる。
才能だけじゃダメだと言うことだろう。
やっぱり噛めば噛むほど味が出ます。
最後のフォーシーズンズのメンバーのインタビュー
そこで一番良かったのは、一番の瞬間は
一位を取ったことよりも何よりも4人で最初に
歌った時だったと言う主人公の言葉は素晴らしい。
人生は辛酸の連続、そこで幸せを感じ取れるか
感じ取る力があるか、なのかもしれない。
やはり音楽っていいなぁとも思える映画かも。
ちなみにこの映画を観るまで、フォーシーズンズも
Cant Take My Eyes Off Youが、この人だと
言うことも知りませんでした。知れて良かった!

みきねこ
みきねこさん / 2018年3月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボーカル、カエルくん

ボーカル、カエルくん

桜
さん / 2018年2月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い。黒人グループかと思ってた、今まで。

面白い。黒人グループかと思ってた、今まで。

れお
れおさん / 2018年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

文句なし

楽しく、かなしみも乗り越え集う彼らのステージに感動。

丁寧に作られた音楽映画でした。

bluetom2000
bluetom2000さん / 2017年12月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

伝記ミュージカルの傑作。

フランキー・ヴァリの試練と彼の忍耐力に涙する。

sumomojam
sumomojamさん / 2017年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった。

想像してたよりもずっと見ごたえがあった。
昔の興業の世界って、やっぱりこうだったんだろうね、という場面満載。

khapphom
khapphomさん / 2017年10月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

四人四様

 一つのロックグループが成功する物語を、そのメンバー四人四様の視点から描かれている。
 ある者にとっての成功は、別の者には孤独を深める道程である。また、ある者の寛容が、その相手をグループから遠ざけることとなる。
 人の人生は見る方向によって様々な見え方をするし、ましてやそれらが記憶となってしまったらなおさらである。
 このことを、クリント・イーストウッド監督は手際よく語っていく。

よしただ
よしたださん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

君の瞳に恋してる

大好きな曲です
学生時代は ボーイズタウンギャング君の瞳に恋してる が流行っていましたが 元は フランキーヴァリ が本家なんですよね。
知ってる曲がいっぱいですが フォーシーズンズのストーリーを観て 改めて 聴いてみます
好きな映画です^_^
★は4にしたい3.5です^_^

tomy
tomyさん / 2017年8月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フォーシーズンズが好きなら ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

スターの栄光と苦悩を描いている。
仕事のせいで家庭崩壊…とか、バンドに問題児がいて…といった内容で、
この手の映画は他にも多数あるけど、
それらと比べて突出しているとは感じなかった。

作品として全体的な完成度は高いものの、一方で良くも悪くも尖っていない。

曲や彼らが好きなら、物凄く楽しめるのかも。

いもりり
いもりりさん / 2017年8月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

俺の朝ドラ ニュージャージー編

フランキーが良い奴だから、ニックのゲスさも緩和される。

音楽が楽しくてやっぱり舞台で観てみたいなぁと思った。

Y
Yさん / 2017年8月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

20本目。エンディングまで楽しい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今まで見た中で一番面白かった映画が、BSで放送されるということで、とても楽しみにしていた。
「フォー・シーズンズ」のメンバーの語りも交えながら話が進んでいくため、
一つ一つの場面・時でのメンバーの心情がとても分かりやすかった。

また、「君の瞳に恋してる」という曲の裏側には、ヴァリの娘の死が関わっていることを、2回目ながら初めて気づいた。
気づくまでは一般的な「ラブソング」なイメージだったが、
娘の死に直面した父親、ということを踏まえて歌詞を見ると、なんか鳥肌がたった。
もしかしたら、今はいない娘に向けて歌った曲かもしれないと思った。

エンディングは、まるでミュージカルを見ているかのようで、とても楽しいものだった。
「シェリー」のアカペラで始まり、急に曲調が変わってノリノリな感じだったから、
見ているこっちも、今にも踊り出したくなるくらい楽しい気持ちになった。
エンディングまで必見の映画です。

Haru
Haruさん / 2017年7月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美学 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

男の美学を描かせたら一級作品しか作らないクリントイーストウッドのミュージカル映画。ニュージャージーの田舎からスターへとのし上がってくバンドの物語。
いまどき、家族の時間を犠牲にして夢を追いかけるなんてのは非現実的で不幸な人生を選ぶ無謀な選択だと思われるのが普通。それでも、無謀な人間になってしまうのが男というものなんだろう。
作中でさほど夢の中身が語られるわけではない。ある意味ではそれは映画の構成ミスとも取れそうなものだけど、そのあたりマイナスにならない力を持ってるのがイーストウッド美学。彼らが何を目指していたのかは分からなくとも、彼らがそれぞれに何かに執着し、葛藤し、生きたという事実がただカッコいい。
たぶん彼らがカッコいいのは、どんな経験も過去に追いやられるくらいまっすぐに生きて、未来へと向かいながら結局は自分の過去に戻っていってしまうからだと思う。ノスタルジックに過去に捉われるのはふつうあんまりカッコいいことだとは思われないけど、ほんとのところは、それだけ強い過去がなければ、まっすぐ進むことはなかなか難しい。どんな未来も過去につながってしまう彼らの永遠。もし単に上っていくだけの話だったら、どんなに人間模様が描かれて愛が溢れていてもドラマにはならなかった。描かれた自己愛や家族愛、兄弟愛が、彼ら特有の時間の巡りのなかで生み出されてるからこそ、彼らは苦しんでいてもカッコいいんだろう。
ふつう自分ではそういう時間の巡りには気がつかない。他人が何かの形で気づくことがほとんどだけど、同時にまたそもそも気づかれないことがほとんど。この物語に光を当てたクリントイーストウッドはやっぱ最高だと思う。

あんどぅ
あんどぅさん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生を歌う

クリントイーストウッドって天才だよね。
監督としても俳優としても!

テンポも良く、有名どころの歌の挿れ方も良く、ぐいぐいストーリーに引き込まれた。

歌とともに人生がある、というと薄っぺらく聞こえるかもしれない。
歌はそのときによって、歌うことそれ自体が目的であることもあれば、単なる手段になっている場合もある。
しかし、稼げるか稼げないか、単純にそれだけではない。

苦しみや試練、甘い幸福な時間、絶望、そういったものの全てがどれも等しく愛しいものであり、歌によってひときわ美しく輝いている。

laika
laikaさん / 2017年5月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名曲の数々が素晴らしい

クチコミが超良い作品。フォーシーズンズのサクセスストーリーで、名曲の数々がとにかく素晴らしい。後半からやっと感動的な流れに。

むっしゅ
むっしゅさん / 2017年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イーストウッドが!?

イーストウッドおじいちゃんがミュージカル映画をつくる!それだけでとんでもないことなのに、本当にいい映画だった。こう・・・うまく言えないし自分が語るのはおこがましく思ってしまうくらい良かった。泣いて泣いて最後の最後にまだあるの!?というかんじ。出演者全員のラストは思いっきり弾けて楽しいけれど、涙が滝のように流れた。泣き笑いとはこういうことかと。
ミュージカル映画ではあるけど、イーストウッドらしい人間ドラマの面も丁寧に描かれていて、いろいろな演出も素敵で。こっちに語りかけてきて戻る時の間が絶妙で好き。
生涯ベストに入りそうな映画だった。

Megumi
Megumiさん / 2017年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きな映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

個人的には大好き。初めて観た時声に違和感が無くてビックリしました!✨
劇中流れる曲も、リリース順ってわけではなくて、その場面に合った歌詞の曲が使われているような気がして、流石だなぁと思いました〜
少しだけ長いような気もしたけど、スピード感もちゃんとあって、現在から振り返って若かりし頃の最高の状態になってから歌い出すってのもなんか良かったです。個性豊かなメンバーが面白かったし、なによりラスト役者さんたちの輝かしい表情を観て感動した。

NICO
NICOさん / 2017年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イーストウッドは変わったのか?

ん? イーストウッド監督、なんか変わったかな? なんだろ、このとっても簡単に撮った感覚・・・

確かにイーストウッド監督って多くのテイクを撮らないって聞いてますし、さっさと撮り上げる監督なんでしょうけど、でも、これまでの映画はやっぱりイーストウッドの業みたいなものを感じたんですけど、なんかそれが欠けてる感じがしたんですよね・・・

いや、とっても面白いんですよ、これ。明らかにうまいと思うし、変なひっかかりなく見続けられるんですけど、どうもスルッとしちゃうっていうかね。

んー、なんか不思議な感じだ・・・

ぼやっとしてて、すいません、はい・・・

チャーリー
チャーリーさん / 2017年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待し過ぎた

当時の空気感を再現したことが、その世代のアメリカ人の共感を得たんでしょうね。日本人でいう「昭和」に近いイメージなんじゃないでしょうか。
なので、日本人であり、さらに世代的にもずれている人からすると、楽しみきれない(共感しきれない)作品とも言えると思います。(わかるほうがおかしいですから)
それでも、グループヒストリーを順に追う丁寧な展開なので、わかりやすい映画かもしれません。
ちょっと期待し過ぎたかな、普通な印象でした。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2017年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

181件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi