ゴーン・ガール : 関連ニュース

メニュー

ゴーン・ガール

劇場公開日 2014年12月12日

関連ニュース:ゴーン・ガール

“ナチスで最も危険な男”の意外な素顔とは?主演俳優のインタビュー映像公開(2019年1月16日)

第2次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“ナチス第三の男”と称されたラインハルト・ハイドリヒを主人公にした「ナチス第三の男」から、主演を務めたジェイソン・クラークのインタビュー映像が公開された。本作は、本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「HHhH プラハ、1942... 続きを読む

ヘイリー・ベネット&ジョー・ライト監督に第1子誕生(2019年1月15日)

「ガール・オン・ザ・トレイン」「マグニフィセント・セブン」の女優ヘイリー・ベネットが、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」「つぐない」のジョー・ライト監督との間に、第1子を出産した。ベネットが昨年末、新生児を抱く写真をインスタグラムに投稿し、出産したことが明らかになった。ベ... 続きを読む

ロザムンド・パイク「ナチス第三の男」で“ジョニデ以来”の斬新演出受ける!(2019年1月9日)

本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「HHhH プラハ、1942年」を映画化した「ナチス第三の男」に出演するロザムンド・パイクのインタビュー映像が公開された。本作は、第2次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“第三の男”と称されたラインハルト・ハイドリヒを主人公に、彼... 続きを読む

米Vultureが選ぶ、2018年のベスト新テレビ番組10本(2018年12月31日)

エンタテインメントサイトの米Vultureが、2018年に放送・配信がスタートしたテレビ番組のベスト10作品を選出した。1位は、「ゴーン・ガール」の原作者ギリアン・フリンのデビュー小説「KIZU 傷」を、エイミー・アダムス主演でドラマ化した「Sharp Objects(原題)」。新聞記者のヒロ... 続きを読む

USウィークリーが選ぶ2018年の特筆すべきテレビスター13人(2018年12月30日)

米USウィークリーが2018年、特に目立った活躍をみせたテレビスター13人を発表した。米人気シリーズ「MAD MEN マッドメン」に、主人公の生意気な娘サリー・ドレイパー役で出演し、天才子役として脚光を浴びたキーナン・シプカは現在19歳。1996~2003年に全米放送され、日本でも絶大な支持を... 続きを読む

“ナチスで最も危険な男”を生み出したのは妻!?「ゴーン・ガール」女優の怪演収めた本編映像(2018年12月18日)

第2次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“ナチス第三の男”と称されたラインハルト・ハイドリヒを主人公にした「ナチス第三の男」の本編映像が公開された。ハイドリヒを影で操る“恐妻”の存在にフィーチャーした映像になっている。本作は、本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「H... 続きを読む

S・マックイーン監督×「ゴーン・ガール」原作者が仕掛ける犯罪サスペンス、19年4月公開(2018年10月14日)

スティーブ・マックイーン監督がメガホンをとり、ビオラ・デイビスが主演を飾る「WIDOWS(原題)」が、「妻たちの落とし前」の邦題で2019年4月に公開することがわかった。「ゴーン・ガール」の原作者であるギリアン・フリンとマックイーン監督が、脚本を共同執筆している。「それでも夜は明ける」で米アカ... 続きを読む

「HHhH」を映画化 “金髪の野獣”を描く「ナチス第三の男」19年1月公開(2018年8月27日)

本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「HHhH プラハ、1942年」を映画化した「THE MAN WITH THE IRON HEART(原題)」が、「ナチス第三の男」の邦題で2019年1月から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開されることがわかった。「猿の惑星:新世紀(ライジング... 続きを読む

エイミー・アダムス、ジョー・ライト監督の新作スリラーに主演(2018年5月16日)

アカデミー賞2冠に輝いた「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のジョー・ライト監督が、作家A・J・フィンの小説「The Woman in the Window(原題)」を映画化する新作に、エイミー・アダムスが主演することが明らかになった。原作はニューヨーク・マンハッタンを舞台... 続きを読む

「ファントム・スレッド」元ネタは? 町山氏が解説、P・T・アンダーソンのビデオメッセージも公開(2018年5月11日)

ポール・トーマス・アンダーソン監督とオスカー俳優ダニエル・デイ=ルイスが再タッグを組んだ最新作「ファントム・スレッド」のイベントが5月10日、東京・YEBISU GARDEN CINEMAであり、映画評論家の町山智浩氏がトークを行った。映画は1950年代のロンドンを舞台に、オートクチュールの仕... 続きを読む

157件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi