マンデラ 自由への長い道

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マンデラ 自由への長い道

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南アフリカ共和国の人種隔離政策・アパルトヘイトの撤廃に尽力した指導者ネルソン・マンデラが自身の人生をつづった「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」を、「ブーリン家の姉妹」のジャスティン・チャドウィック監督が映画化した伝記ドラマ。青年時代に反アパルトヘイト運動に身を投じ、27年間もの獄中生活の後に大統領に就任したマンデラが歩んだ激動の人生を、彼を支えた妻ウィニーとの愛の軌跡とともに描きだす。「パシフィック・リム」のイドリス・エルバがマンデラを、「007 スカイフォール」のナオミ・ハリスが妻ウィニーを演じる。U2が本作のために書き下ろした主題歌「オーディナリー・ラブ」がアカデミー賞歌曲賞にノミネートされ、話題になった。

2013年製作/147分/G/アメリカ
原題:Mandela: Long Walk to Freedom
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート

主題歌賞

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞

最優秀主題歌賞

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) イドリス・エルバ
最優秀作曲賞 アレックス・ヘッフェス
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2013 Long Walk To Freedom (Pry) Ltd. All rights reserved.

映画レビュー

4.5ネルソン・マンデラを陰で支えた奥さんの強い姿が印象的だった

NOBUさん
2019年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

ネルソン・マンデラを知ったが、奥さんの功績も大きかったのだ。良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0どんなに強くても女性の強らには敵わない。

ガーコさん
2017年12月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この映画で初めて知ったマンデラ。

南アフリカが自由な国になるように、武力行使ではない訴えを必死に続けてきた人でした。

国民一人一人が権利を持てるように、政治統治を目指して活動を続けてきたマンデラ。

しかし、なんの罪もない国民が次々に銃殺されてしまう不甲斐なさ…!

頭にきた妻は武力で対抗しようとしますが、夫のマンデラは決して武力で解決をする事なく平和への訴えを続けるのでした。

南アフリカの自由に向けて、大統領という権威を手にしたマンデラさん。ハッピーエンドと言いたいとこですが、妻との離婚が唯一の心残りとなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

3.5ネルソン・マンデラは自由と共に

近大さん
2017年11月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

知的

27年間も投獄されながらも、アパルトヘイト撤退と自由の為に闘い、後に南アフリカ大統領となったネルソン・マンデラ。
何度も映画の題材になっているが、本作は直球の伝記モノ。
ネルソン・マンデラという人物を改めて勉強するには丁度いい。

偉人として描かれる事が多いマンデラだが、意外や知らなかったその人物像も。
若い頃は弁護士だった事は何かで知ってたが、妻が居ながら、浮気…。結婚も3度も。
こういうダメな部分も描くのはいい。包み隠さず、それが伝記映画というモノ。

南アフリカでの人種差別の現状を目の当たりにして、抗う闘いに身を投じていく。
その方法は、時に実力行使。
国家から反逆者、テロリストなど要注意人物扱いされる。
しかし、その国家も、白人警官たちが無防備の黒人たちに銃を向け、発砲する。
目には目を…って訳ではないが、国の不条理な暴力と悪意の無い闘い、正しきは?と考えさせられる。

有罪。終身刑。投獄。
でも、本人が最も苦しんだのは、家族にも被害が及んだ事だろう。
妻も逮捕。拷問のような仕打ち。
罪人の身内も同罪って、一体いつの時代の事か。
こんな事がほんの50年も前の南アフリカで起きていた。

やがて南アフリカで、アパルトヘイト反対の気運が高まる。
国民が行動する。
国民はネルソン・マンデラを欲している。
釈放、そして…。
後は承知の通り。

波乱に満ちた半生だが、それが胸打つのは、ネルソン・マンデラ自身がそれらを経験したから。
見応えはあってその半生を知るには良かったが、作品はちょっとパンチに欠けると言うか、教科書通り型通り。
アパルトヘイト反対の闘いに身を投じる事になった動機、獄中生活時代の苦悩、国民の立ち上がりなども何となくは分かるが、何か深みや強さが足りない。
ラグビーを通じて人種の壁を無くそうとした『インビクタス』の方がじわじわと胸打つ。
2時間半の長尺は身構えるが、ネルソン・マンデラの95年の人生を全て描くには短すぎた。
なるほど、だからこれまで『マンデラの名もなき看守』『インビクタス』など一つの側面を切り取り、本作のような直球の伝記モノが作られなかった訳も頷けた。

イドリス・エルバの熱演は素晴らしい。
それにやはり、ネルソン・マンデラは偉大な人物だという事は再認識させられた。
彼は何も、南アフリカの黒人たちだけの自由の為に闘ったのではない。
南アフリカの国民一人一人、南アフリカという国の自由の為に闘ったのだ。
ネルソン・マンデラは“自由”の名と共に永遠に刻まれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.5素晴らしい話

素子さん
2016年7月17日
iPhoneアプリから投稿

よく信念を貫いたな ネルソン・マンデラ
すごい人物やたわ。感動的な映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「マンデラ 自由への長い道」以外にこんな作品をCheck-inしています。