キャビン・フィーバー2

解説

イーライ・ロス監督の長編デビュー作としても知られるホラー「キャビン・フィーバー」の続編。高校生活のラストを飾るプロム・パーティが開かれる夜。思いを寄せるキャシーからデートを断られたジョンは、親友アレックスと一緒にパーティに参加する。その会場に運ばれてきたミネラルウォーターには、森のキャビンを襲った恐怖のウィルスが混入していた。ウィルスにむしばまれた生徒たちは、次々と血まみれになって絶命していく。

2009年製作/86分/アメリカ
原題:Cabin Fever 2: Spring Fever

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

1.5あー確かにこれ観ちゃうと『キャビン・フィーバー』(オリジナル)

2021年3月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

の方が良かったような気がしてくる。
導入からアニメでのクレジットは工夫しようという意図が見えるが(いやちょっとおかしい気もするが)、あとは徹頭徹尾お下品に拡散していくだけ。見所は…電動丸鋸? キーになりそうだった保安官補も鋭いんだか鈍いんだか。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

2.5グロさと下品さが上がって続編

2019年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

山奥で起きた未知の病への感染は麓の街へと広がっていた。街の高校では卒業を控えた学生たちがプロムを目前にしていて…。
カルトホラーの続編作品。グロさと下品さが大幅に上がっており、やりすぎた表現が多いため真面目なシーンでも笑ってしまうほどでした。‬

コメントする (0件)
共感した! 0件)
shotgun

2.5不快度は飛び級

2019年7月10日
Androidアプリから投稿

リメイク版を観賞後、存在は把握していたものの、観賞していなかったオリジナル版の正当続編をようやく観賞。
今さら感はあるが、タイ・ウエスト監督だったとは…(←イーライ・ロスのお気に入り監督)

物語は前作の直後から始まり、生き残ったものの、感染者となり腐りはじめていた前作の登場人物の一人をスクールバスが盛大に引き殺す所から始まる。服の断片すら見当たらないほどぐちゃぐちゃになるのは違和感があるが、そのスクールバスの高校で、前作の感染拡大の原因だったものをその生徒らが口にすることで感染が広まるというもの。

登場人物も多いため、勢いよく噴射される血反吐の量も倍増。プロムではしゃぐアホな学生たちを恐怖のドン底へ叩き落とす。
血反吐とお下劣なシーンのオンパレードであり、低俗さがパワーアップしている。

しかし、「得体の知れない未知の病原菌」による疑心暗鬼になる描写の数々は、前作の方が圧倒的に上手かった。本作は取って付けたようにしか感じないのが残念だ。
軍隊も絡んでくるなどスケールアップしている様に思えるが、ストーリー的にそれほど盛り上がることもなく終わった印象だ。

しかし、本作はブラック・コメディに変身しているのがミソだろう。登場人物も個性的で、前作の(リメイク版も含めて)登場人物よりも記憶に残っている。やはり第一作が一番いいという形だが、やや化けた本作も捨てたものじゃない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Mina

1.0汚ないんだ(笑)

2016年11月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

第2作目と言うのも、どうなんだ?と聞きたいレベル。

内容がより下がっていくとは、もはやどうしようもない。

幸せそうなおバカ学生が死ぬ様を観てもさして、可哀想に見えなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)
すべての映画レビューを見る(全5件)

「キャビン・フィーバー」シリーズ関連作品