今日から明日へ

今日から明日へ
0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

中国で社会現象となっている「蟻族」の若者たちにスポットを当てた青春ドラマ。北京郊外の唐家嶺(タンジャーリン)では、高学歴でありながら非正規雇用の仕事にしかありつけない若者たちが家賃の安い集合住宅に固まって暮らしており、その生活形態が蟻の社会に似ていることから蟻族と呼ばれている。そんな蟻族出身である新人監督ヤン・フイロンが自らの経験をもとに、蟻族の若者たちの希望や葛藤、恋をドキュメンタリータッチでつづる。2013年・第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で作品賞を受賞した。

2013年製作/88分/中国
原題:今天明天

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
リン・シーウェイ
  • タン・カイリン

  • シュー・ヤオ

  • ワン・タオティエ

  • イン・シャンシャン

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5蟻族の青春

2014年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

光あるところに影がある。
今年、米国を抜き世界1位の経済大国となる勢いの中国だが、全ての中国人民が共に豊かになる筈もなく、落ち零れていく人々もいる。
この作品は、大卒でありながら就職も出来ず、非正規雇用労働者として働き、家賃の安い北京郊外の集合住宅に住む多くの若者たち、通称「蟻族」の青春を描いている。
彼らの住んでいる場所は正に「ドヤ街」という感じで、近代的なビルが立ち並ぶ中心地と比べると、同じ北京とは思えない程だ。
私は本作品を観て初めて中国の「蟻族」の存在を知ったが、以前の日本も長引く不況で、ワーキングプアやロストジェネレーションが社会問題としてクローズアップされたが、国は違えど若者が抱える問題は同じだと思う。
映画では「蟻族」を代表する三人の若者、非正規社員として不安定な生活を送りながら名のある実業家を目指すワン・シュー、デザイナーを夢見ながら地元の小さな裁縫店で働くランラン、その女性の「ひも」として無為な日々を過ごし、夢見ることもないチャン・フイ。
彼らは夫々、この様な生活から抜け出そうと足掻くが、却って袋小路に陥っていく。
この作品には、監督であるヤン・フイロンの実体験や自画像を投影したとのことなので、描かれたエピソードの一つ一つがリアルで観ていて胸が痛む。
映画は辛い現実を描きながら、その中に一条の光や三人の友情を滲ませていく。
今の中国の影の一面を青春ドラマとして鮮やかに切り取ったヤン監督が、今後どのような中国を描くのか楽しみだ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
玉川上水の亀
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る