グラン・トリノ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

グラン・トリノ

解説

アカデミー作品賞受賞作「ミリオンダラー・ベイビー」以来4年ぶりとなるクリント・イーストウッド監督・主演作。朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。ある事件をきっかけにして心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め……。

2008年製作/117分/アメリカ
原題:Gran Torino
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場公開日:2009年4月25日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

特集

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5死にかけのおじいさんが最後に気のいいニートの若者を一人前の男にして...

2024年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

単純

幸せ

死にかけのおじいさんが最後に気のいいニートの若者を一人前の男にして、ごろつきにならないようにする話。
説教臭くなりそうなところをじいさんものダメなところをたくさん見せることで回避。
映像は作りすぎないけど構図できれいに仕上げてきている。
説明描写は少ないものの、しっかり見ればストーリーは誰でも理解できる簡単な内容。
しかし、それぞれキャラクターの作りがしっかりしているので退屈しないし、見ごたえもある。
文句なしの良作。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kame

5.0不治の病を自覚する中、

2024年5月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

幸せ

命の使い方を隣人の将来に託し、自らの過去の懺悔を果たす。晩年のイーストウッドの作品の中でも抜群の最高傑作。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ブロディー署長

4.0孤独な老人の現代ウエスタン

が、傷つけられた宝物を救うことはできず、残された命と引き換えに。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
全国連加盟国不可侵条約締結、対等日米同盟再締結、武装中立、自由、多様性、男女平等、姓名性別自由選択、推進派

4.0凄惨な戦争時代の話も言葉のみでマイルドテイスト

2024年3月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

目で見える美男美女は登場しない。
視覚的に一番魅力的なのはグラン・トリノかな。

クリント・イーストウッド演じるウォルトが、身の回りで起こることに一喜一憂しながらもマイペースを維持し自分のスタンスを崩さないのだが、徐々に態度がアップデートされていく様子が見どころ。

最後まで目が離せない。
ラストは大満足。

凄惨なシチュエーションも映像的に抑え気味にしているマイルドな演出のおかげで、万人にお勧め出来て良い。

コメントする 1件)
共感した! 8件)
Don-chan(Daisuke.Y)