グラン・トリノ

ALLTIME BEST

劇場公開日

グラン・トリノ
グラン・トリノ
44%
47%
8%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー作品賞受賞作「ミリオンダラー・ベイビー」以来4年ぶりとなるクリント・イーストウッド監督・主演作。朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。ある事件をきっかけにして心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め……。

2008年製作/117分/アメリカ
原題:Gran Torino
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

DVD・ブルーレイ特集

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0ミリオンダラーより好き

猫柴さん
2020年10月29日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猫柴

3.0今頃って感じですが

見聞さん
2020年10月16日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
見聞

4.5また観

2020年10月2日
iPhoneアプリから投稿

たまたまcsでやってたので
劇場鑑賞当時より歳とったせいか
より感動した

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゴルフバカ

4.5【”過去に過ちを犯し、自分が許せない、人生に幸せがなく安らぎもなかった”男の、自らの人生に対しての見事な決着の付け方を描いた作品。】

NOBUさん
2020年8月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

悲しい

知的

幸せ

ー”72年型 グラントリノ ファストバック コブラエンジン搭載車”
 当時のフォードが世に出した、スポーツタイプの名車である。
 但し、その後排ガス規制や燃費の問題もあり、名車の名を残しつつ、生産終了となっていった・・。-

 ・ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は愛する妻を亡くし、その葬儀での孫達の言動(ヘソピアス、品の無い言葉遣い)及びそのような孫を育てた自分の息子達に苛立ちを隠せない。
 神父に対しても、”新米神父のいう事など・・”という態度を取る。所謂、昔気質の頑固親父だ。
 彼は、フォードの組立工として家族を育てた気概もあるため、日本車(劇中では、はっきりと"TOYOTA車"が映し出される。)及び彼にとっては米食い野郎のイエローは気に入らない存在だ。
 だが、一人暮らしとなった彼の”中流以下が住む地域”に経つ家の隣に住むのは、”モン族”の大家族。地域には、白人は殆ど住んでおらず、イエローか黒人など有色人種が多く、チンピラもうろつく。
 そのような状況の中、彼が大切にしているグラントリノを”モン族”のチンピラたちに脅された臨家のタオが盗もうとしたことから物語は動き始める。

■今作の魅力
 1.有色人種を一律に見ていたウォルトが臨家の”モン族”と関りを持つ過程で、過去の彼のトラウマから来る偏見を払拭していく姿。
ー”俺の家の芝生に入るな!”という言葉から、臨家の”モン族”のタオの姉で、聡明で気が強く、且つ優しきスーと知り合い、”モン族”の礼節を重んじる姿に”どうにもならない身内より、”モン族”の連中のほうが・・”と彼の考えは徐々に変わっていく・・。-

 2.過去の彼のトラウマ
  朝鮮戦争時に、兵役に駆り出され多くの朝鮮人を殺してしまった事を深く悔いるウォルトが、逆にどんどん偏屈になっていったことを苦虫を噛みつぶしたような表情で、クリント・イーストウッドが絶妙に演じている姿。

 3.心を許す中になったスーに頼まれ、タオを男として鍛えなおす姿。そして、そのスーが、”モン族”の不良連中に暴行された姿を見た"病により、自らの死期を悟った"ウォルトが取った行動。

<自らのトラウマを克服し、タオを命を懸けて”一人前の男として”育て上げたウォルト。そして、彼が遺言で”72年型 グラントリノ ファストバック コブラエンジン搭載車”を譲ったのは・・。
 人種差別というリスキーなテーマを逆説的に取り上げ、一人の”過去に過ちを犯し、自分が許せない、人生に幸せがなく安らぎもなかった男が、いつの間にか、大切な存在になった人々を守るための見事な人生の決着の付け方を描いた作品。>

<2009年5月 劇場にて鑑賞>

<その後、様々な媒体で複数回鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全187件)