グラン・トリノ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
グラン・トリノ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー作品賞受賞作「ミリオンダラー・ベイビー」以来4年ぶりとなるクリント・イーストウッド監督・主演作。朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。ある事件をきっかけにして心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め……。

2008年製作/117分/アメリカ
原題:Gran Torino
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

DVD・ブルーレイ特集

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29

(C)2009 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5男気を魅せる

2019年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

萌える

愛すべき「じじい」の話。
筋の通った男気を最期まで貫いたじじいに、
少年は何を見るか。

イーストウッドの、アクの強いメンド臭いじじいが、
見てるこちらは「他人」なので非常に愛らしい。
ただ、こんな頑固オヤジなのに、
隣人と打ち解けるにはちょっと時間早すぎる気もする。

床屋での会話がサイコーです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ

3.5クリント・イーストウッド監督・主演作。朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自...

2019年9月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

クリント・イーストウッド監督・主演作。朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.5遠くの親戚より、近くの他人。

2019年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

萌える

『ベスト・キッド』や『マイフェアレディ』のような話。
 異文化の地でモデルを見失い人生をどう作っていったらいいかがわからなくなっていた少年を、導いていく老人。少年の家族との交流を絡めて描く。
 その交流が心地よい。

冒頭で葬式の食事会の隣で、誕生祝。この映画が、”生と死”を扱っていることを提示する。

でも、それだけではなくて、さりげなく社会の現状・問題を的確に押さえていく。
 人種のるつぼ。”クロ”は”クロ”だけだが、白人系はここぞとばかりにそのルーツの多様性を表現する。その中で、改めて皆移民なのだということを示す。クリニックでもここぞとばかりに人種のオンパレード。
 ファンタジーのような展開なのだが、細かい考証もしっかりしていて手抜きがない。USAの映画では、日本人役に中国人が使われたり、着物も日本人がみると?なものが多かったが、この映画ではきちっと民族を押さえている。モン族の民族衣装とか、タペストリーとか。
 また、朝鮮戦争・ベトナム戦争も絡める。モン族が、その政治的な関係の中でUSAに移り住まざるを得なかったことも織り交ぜる。
 それが全然説教臭くない。口をあんぐりと開けてしまいそうな、機関銃のように醸し出される悪口雑言で観客を煙に巻く。

 勉強するにもお金がかかるし、何をしていいのか持て余していた少年。庭いじりは、文化の違いを象徴するエピソードでもあるが、”自分らしさを作り上げていく”象徴でもあろう。
 先進国と、発展途上国の描き方だと、知的労働者と肉体労働者という対比が多いが、ここではUSAの老人が肉体労働者。その指導を受けて、ひ弱なひよこが少しずつ力をつけていく。ウォルトとタオの表情の変化がまぶしい。

 だが、そこに入る邪魔。
 タオとスパイダーたちを分けたものは何なのか?
 ウォルトの紹介で職を得るタオ。ウォルトがかわいがっているから、イタ公もアイルランド野郎もタオを受け入れた。USAでは転職する際は、前職からの紹介状を必要とすると聞いたこともある。実力主義とはいえ、意外にのコネ文化。
 スパイダーたちにはウォルトのような人はいたのか?コネがなく、就職できなければたむろするしかない。

それだけではなく、信仰の対比。
 上から目線で知ったつもりになって説教する若い神父。
 初めて会ったのに、ウォルトの抱える困難を喝破して見せたモン族のまじないし。

根底の文化は一緒のはずなのに相容れない家族と、異文化なのに付き合いが発展していくご近所。

大人と子どものバディは『パーフェクト・ワールド』でも描いていた。とはいえ、監督がここで表現したかったのは、『パーフェクトワールド』の焼き直しではなかろう。
つい、”教訓”を読み取りたくなる。

そしてクライマックス。
 ヒーローものとしてみれば、格好の良い幕切れ。
 でも、私がタオやスーならば、一生悔いが残る。特に、スーモタオもウォルトがやったことを知らないのだから。

そして家族との関係。自分ならば?
 心が通じた人に肩入れしたい気持ちと、でも家族をないがしろにしていいのかという思いとの狭間で、納得がいかない。

結局、自分勝手な人だったんだな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

4.5タオと、デイジーとグラン・トリノ

2019年9月2日
iPhoneアプリから投稿

心の奥で感じ合い、繋がる事の深さ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雨好きっ子
すべての映画レビューを見る(全170件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る