ブラインド・フィアー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブラインド・フィアー
2%
15%
54%
25%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨークのペントハウスを舞台に目が不自由な女性を襲う恐怖を描いたサスペンススリラー。アフガニスタンの戦場で失明してしまった報道写真家のサラが暮らすニューヨークのペントハウスに、教養はあるが残忍な性格のホランダーと、拷問を得意とするチャドという2人の犯罪者が押し掛ける。2人はペントハウスに隠されているという盗まれた財宝を探しており、財宝を盗んだサラの恋人を血祭にあげる。サラは2人の男を相手に、盲目の女性ならではの発想で反撃を開始するが……。主人公サラに「M:i:III」「ミッション:8ミニッツ」のミシェル・モナハン。サラと対峙するホランダーに「バットマン」のマイケル・キートン、チャドにドラマ「リベンジ」のバリー・スローン。

2013年製作/85分/PG12/アメリカ
原題:Penthouse North
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像32
  • 封印映像33
  • パッション
  • ファイナル・アワーズ
  • ハンター
  • カルト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2012 PENTHOUSE NORTH PRODUCTIONS INC.

映画レビュー

3.0おうち-70

かいりさん
2018年4月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

みんな言うはず。
踏まないんかい。

確かに血の海の臭いに気づかんのに、お兄さんの体臭には気づくんかいとか、色々つっこみどころはあるけど、ふつーに面白かったです。
そこで興ざめするか、しないか。
わたしはアホなので、みなさんのレビュー読んで、あぁ確かにねって後から気付くタイプです。

ミッシェル・モナハンの目の演技が本当に盲目で見えてないんだなって思わせる上手さがありました。
マイケル・キートンも生暖かいような気味が悪い感じの悪党を好演。
人間はすぐ殺せるのに、猫ちゃんには優しいチャドは、チャニング・テイタムに横顔が似てる気がする。

でもあんまりドキドキはしなかったかなぁ。
たまに優しさを見せてくれる悪党二人なので(笑)
一回観たら満足でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かいり

1.0しょーもねー

タウンさん
2017年7月7日
Androidアプリから投稿

しょーもねー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タウン

2.0せっかくの盲目設定が・・・

2016年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

面白そうな話だったのに、あまりにも突っ込みどころが多すぎて、途中から何だかしらけてしまいました・・・。
盲目の女性の家に強盗が押し入るサスペンスなので、ある程度予定調和な部分があるのは仕方ないにしても、さすがに無理がありすぎた。
まあ自分が盲目になってみないと何がリアルなのかなんて実際のところは分からないですが、でもどう考えても主人公の女性サラは見えてるとしか思えない行動を取るので、ところどころ失笑せざるを得ませんでしたよ。

戦場カメラマンだったサラが失明した理由や、サラがどんな女性だったのか、その辺りのキャラクター像はまずまず説得力があったと思うし、金持ちな彼氏の秘密や強盗が押し入った理由も悪くはなかったと思うので、もう少し脚本がしっかりしていれば・・・ホント勿体無かったです。

そもそも盲目なんですから、感覚が研ぎ澄まされた盲目女性の方に利がある状況で展開していくなら、まだ説得力もあった気はするのですが、これだと見えてるとしか思えずで・・・(苦笑)
元々仲が悪い悪党2人を仲違いさせようとする作戦はそこそこ見応えがありましたが、子分の方のバカっぷりはいくらなんでもねぇ。
マイケル・キートンの方はヌメっとしたような雰囲気を醸し出していて、まずまず悪くはなかったと思いましたが。

しかし返す返すも盲目設定が酷かった、見えてるような行動を取ったかと思えば、血の匂いに気付かなかったり、普通は感覚が研ぎ澄まされているはずなのに、何かおかしかったですよね。
サラの妹夫婦も話を盛り上げそうで、あれだけ?
無駄にドキドキさせといて、それはないよ~(苦笑)
話が話なんで、それなりのドキドキ感は味わえましたが、大雑把な演出のせいで、今ひとつ入り込めずなまま終わってしまいました。
ラストは嫌いじゃなかったですけどね、サラはもしかして?
まあミシェル・モナハンは好きな女優なんですけど、こう言う映画はもう少し若手が演じた方が良かったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー

1.5見えていないか!?

2015年1月11日
PCから投稿

怖い

盲目だが、部屋の中を走って段差を駆け抜けたり、匂いを感じたり感じなかったりと、かなり矛盾が目立ち、設定が甘いと言うか酷過ぎる。
盲目になった原因のシーンと窮地の場面を照らし合わせるシーンが何回かあるが、冒頭で原因のシーンは見たから、同じ映像を何回も割り込んで入れるのは、邪魔でしか無かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画の途中で、以前見た事に気づく、記憶ゼロ男
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る