ゼウスの法廷

劇場公開日

ゼウスの法廷
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エリート判事とその婚約者を主人公に、恋人同士から裁く側と裁かれる側になった男女の葛藤と心の変化を描いたサスペンス。若きエリート判事・加納と婚約した平凡な女性・恵。激務に追われる加納との暮らしに不安を感じた彼女は、同窓会で再会した元恋人・山岡と密会を重ねるように。しかし事故で山岡を死なせてしまい、恵は重過失致死罪で起訴される。加納は自ら志願して彼女の裁判を担当することになるが……。「パッチギ!」の塩谷瞬が若き判事役に、「アジアンタムブルー」の小島聖が婚約者の女性役に扮する。監督は「ポチの告白」「GOTH」の高橋玄。

2013年製作/136分/日本
配給:GRAND KAFE PICTURES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)GRAND KAFE PICTURES 2013

映画レビュー

1.5教育映画擬きの失敗作

2016年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

裁判制度の持つ問題点を指摘したつもりなのだろうが、セリフが浮いているし、展開も妙でかなり陳腐だ。
野村宏伸の内田に語らせる箇所は演説口調だし、作りは安っぽいし。
これって、裁判員制度を導入するために「アンチ」側が作った「教育」映画なのだろうか。だとしたら、小島聖のムフフなシーンはR12だろうし・・・(笑)

最後のシーンもおかしいし、結局は作為的な映画作りが白々しく、つまらない映画にしてしまった。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
critique_0102

4.0現実の法曹界を扱う希少な映画

nickchatさん
2014年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

下手な味付けを無視すれば、法曹界を扱う映画として面白いのではないでしょうか。
一見の価値はあるかと思います。

弁護士側から法曹界をみた視点を裁判官側からアプローチをしたような作品です。
ストーリー上、登場人物の魅力の無さや強引なところ、恋愛劇のチープさなどありますが、
検事や裁判官、弁護士などの仕事の一端という、別世界を観たような感覚がありました。

最後まで弁護士側の意見を詰め込んでグダグダ感がありましたが、
弁護士側からみる法曹界はこのようなものなのかと勉強になりました。
他の映画と一線を画する、珍しく特殊な作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nickchat

2.0観客がもっと映画作品として感情移入出来る要素があったら良いのにな!?

2014年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

知的

この映画のヒロイン恵は、お見合いで現在は判事である加納と言う男性と婚約する。

この映画を観るまで日本でもこんなに、数が多くの裁判が執り行われていて、それらの裁判の大半は裁判所で、審議を行うと言う以前に、警察や観察側で揃えられた物的証拠を基に、それが正しいと言う信頼の想定の元で、裁判が進行し、起訴された事件のほぼ99パーセントが有罪になると言う事実は全く知らなかった。
弁護士になる人間は多数いるし、判事や将来は裁判官を目指す人が多数いても、裁判は実際には問題解決するまでには何年もの長い日時を要する。
それ故に裁判とは内容の審議を吟味すると言うよりは、裁判を最速に終了し、起訴された問題を早急に解決へと導く為の時間との戦いこそが、裁判の最も大切な要因と化していると言う現実がこの作品を観ていると、よーく伝わってくるのだ。

事の正義や、公平なる法の判定と言うより、前例に沿って、早期に問題に決着を付ける事こそが、裁判に於ける最重要問題になっているのが現実のようらしい。

人間の考え出した法には元々矛盾や、物事の善悪の一事だけでは判定出来ない部分も多数ある。
国民主権である、日本に於いて、法を司る裁判官や、裁判に関わり合いを持つ判事や検察官や、警察の人間が、時間に追われる中で審議らしい審議を全うに行わないままに、判決を下してしまっても良いものか?と言った今の日本に於ける法や裁判制度の矛盾にメスを入れた問題作ではある。
言いたい事や、導き出したいテーマやこの作品の主旨は充分理解出来る。だが、TVドラマ
の2時間ドラマ放送で充分な作品かな?と思ってしまうような作品の出来だった。

先にテーマ有りと言う作品の作り方、特に裁判が中心になる作品の場合は、本作の様に矛盾点の、その問題となる点を見せる事で、その問題の事の重大さ、大きさを伝える事になるので、どうしても作品の運びや、設定内容に不自然性や、矛盾を浮き彫りにする事が映画の出来に大きく影響してしまい、話が極端に成る為に、観ていて信頼性に欠ける作品になってしまう点が多数有るのだ。
シナリオライターは、ホームドラマの次は、刑事ドラマと医療現場が舞台の物語、そして裁判ものが、最終的に描けないと一人前とは言えないらしい。

しかし、こう言う映画は一般庶民の実際の現実生活の中で、裁判を経験する事が少ない私達にとっては、非常に難しく分かり難いと言うのもこの手の法廷作品だ。
その点、本作は予算の関係もあろうかとは思うが、もう少し馴染みの有る俳優を起用するなど観客が作品を楽しめるような工夫が成されると良かったと思う残念な作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)

3.0作り手の想いはストレート

堂々庵さん
2014年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
堂々庵
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ゼウスの法廷」以外にこんな作品をCheck-inしています。