マイ・マザー

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
マイ・マザー

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」のグザビエ・ドラン監督が、弱冠19歳で自ら主演も兼ね、初監督を務めた半自伝的作品。情緒不安定な母親との不和に苦悩する少年が、愛情と嫌悪感の狭間で葛藤する姿を描き、初監督作ながら第62回カンヌ映画祭監督週間に出品されるなど高い評価を獲得した。カナダ・ケベック州の町に暮らす17歳のユベールは、口やかましく、趣味の悪い母親がどうしても受け入れられずにいた。幼い頃は大好きだった母親への憎しみは募るばかりで、自分でもどうしようもない苛立ちにさいなまれる。そんなある日、ユベールは川沿いで夕日の下にたたずむ母親の姿を偶然目撃し……。

2009年製作/100分/カナダ
原題:J'ai tue ma mere
配給:ピクチャーズデプト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2009 MIFILIFILMS INC

映画レビュー

0.5終始退屈。

映画.jpさん
2019年4月4日
iPhoneアプリから投稿

終始退屈。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画.jp

2.5映画は上手だがリアリティは感じなかった

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

・母親と息子のぎこちない会話はあるあるだが、あんなに怒声を浴びせたり触れあったりはしないのでそこはお国柄なのか?
・何回か母親がコスプレしたイメージシーンが挿入されるが何の効果だろう?
・母子家庭の同姓愛者が感じるマイノリティはどれ程のもんだろう
・劇中にも棺に母が寝てるカットがあったが、副題になってる「僕は母親を殺した」の本当の意味が最後まで分からなかった
・同級生と絵のペイントをしてラブシーンになる時の音楽の掛かり方にセンスを感じた

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

4.0アーティスティック…

2017年9月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

私にとって「Mommy」「わたしはロランス」に続いて3作目の鑑賞になるグザヴィエ・ドランの作品。ストーリーは思春期のゲイの青年とその母親の衝突と愛を描いたもの。
上記の二作品にも共通して言えたことだが、とにかくグザヴィエ・ドランの作品は演出のクセが強い。時々、わけのわからない描写でキャラの心情を描いたりする。でも、色彩での表現であったり、カメラワークが個人的には好みである。 個人的に本作は上記二作品よりストーリーやセリフに魅力を感じなかった。とにかく終始漂う閉鎖感と鬱屈感に襲われる。ただ、キャストの演技は申し分なく、訴えかけるような表情での演技はアンヌ・ドルバルを始め、素晴らしかった。
他の彼の作品も見ていきたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ジンジャー・ベイカー

4.5じわじわ

ふわりさん
2017年9月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

はじめは思春期少年と母親の確執の映画だと単純に思っていたけど、見終わってからじわじわきた。
もう一度見て、感動が止まらない。
ペンキのシーンと音楽が美しくて惚れ惚れ。
ユーベルアントナン別れちゃうのかな?
最後わからなかった・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る