渇き。のレビュー・感想・評価

メニュー

渇き。

劇場公開日 2014年6月27日
300件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

狂気な作品

最初から最後まで、血みどろ、かなり際どい性描写もあり、好き嫌いがかなり分かれる作品だろう。
役所広司さんと小松菜奈さんの親子、本当に狂った血が流れてるんだなと思った。
役所広司は元刑事の父親役でDVだし、言葉は汚いし、大声で怒鳴り散らすし、すぐ暴れるし、レイプもしちゃう。しょうもない男。

小松菜奈はその父親の娘。外見は本当に綺麗でどんな男も女も惹きつける不思議な魅力を持った子。でもその裏の顔は、自分にとことん夢中にさせてから、シャブ中にして、オヤジに体売らせてたり、地獄に突き落とすという冷酷な女。

そんな失踪した娘を探し続け、本当の娘の姿がだんだんわかってくる、でも最後には思いがけない展開でちょっとびっくり。映像の展開の仕方が想像なのか、妄想なのか、現実なのか、時空間もいまいち混乱する感じでした。

森川葵さんもこの役でピンクのスキンヘッドに挑戦したり、高杉真宙さん、葉山奨之さんなど今活躍中の若手が出演してて、そこも見応えありました。ちょっとの出演でしたが、オダギリジョーさんもイカれた殺人者の役でなかなか怖かったです。

sakura
sakuraさん / 2019年2月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待はずれというかくだらなかったというか とりあえず見にくい 荒々...

期待はずれというかくだらなかったというか
とりあえず見にくい
荒々しさを表現したかったのかしらんけど見にくい
んでむちゃくちゃにしても過剰すぎ
あとうるさい
告白の出来が良かったのは結局原作だったんだなとこれを観てわかった
告白でかなり良かったから勝手に評価してしまってたけど告白以前の思い出したら微妙なの多いしこれも微妙やし
全く打てないバッター、打てても凡打程度のやつがたまたまホームランを打った、それが告白だっただけのこと
なんかこれは観るんじゃなかったなガッカリした

ハル
ハルさん / 2019年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味不明

中島監督とは合わないみたい。
「告白」も好きじゃなかった。
とにかく映像が見にくいのが嫌い。
最期まで観るのが苦痛だった。
結局、告白の時と同じで、全く内容が入ってこないまま終わった。

tama
tamaさん / 2019年2月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時間を無駄にしたなあと思いました。

時間を無駄にしたなあと思いました。

み
さん / 2019年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わけが分からない

バイオレンスで気持ち悪いっていうのもそうだけど、映像が暗いし揺れるし移り変わりが激しいしで気分が悪くなる。
偏頭痛持ちの自分には辛かった。
血まみれで、誰が誰だかよく分からないし、セリフもイマイチ聞き取れないところがあって、内容もよく分からない。
だからといって見直したくもない。
この映像を観たあとは少し休養が必要になる。
小松菜々は凄く可愛かったからそこだけ評価したい。

ななまる
ななまるさん / 2019年1月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ギラギラベトベト映画

見終わった後にこちらを開いたんですが、こんなに酷評とは…。

色々なご都合感はあったりしましたが、飽きずに最後まで見ました。

途中の胸くその悪さ、ドロドロ血みどろドパー、無駄に繰り出される暴力とさすが!

もひょもひょ
もひょもひょさん / 2019年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ぶっ飛んでました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

世界観すごすぎました。
ぶっ飛んでました。
結局娘は殺されてしまってたんですね。
自分が思ってる人と真実って全然違くて
見た目だけじゃわからないし画像でも友達でも
誰でも本人の本当の姿、思考はわからないんだなって思いながら見る映画でした。

とりあえずめちゃくちゃ人が死にます。
人が人にめちゃくちゃに狂わされてく様を見る感じでした。
面白いというより、一体こんだけ狂ったのを見せた最後になにが起こるのかという興味から最後まで見れました。

この映画見て初めて小松菜奈さんが色っぽく見えました。
自分の恋人を自殺まで追いやった復讐のためにここまでやる女の子とかすんごいことになってますね。
そして実の父親を誘惑するシーンは一体なんだったのか?

こねこ
こねこさん / 2018年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

端折ったのか、展開が早くて、どういう事なのか分からず、ついていけな...

端折ったのか、展開が早くて、どういう事なのか分からず、ついていけない時も。暴力的なシーンが多くて、苦手でした。

A子
A子さん / 2018年12月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

父が娘を探す理由を追うとヒューマンドラマとも。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

娘もヤバいですが父親もかなりヤバいです。笑

宣伝の感じから単なるバイオレンス映画かと思ってなんとなく観るのを避けていましたが、やはりキャスティングが気になり観てみました。

父親が娘を追う「理由」を追っていくと最後の最後のシーンでの父親の行動でコロッと180度変わるような気がして、そうするとかなりグサッとくるヒューマンドラマともとれるように思います。

「ぶっ殺す」ために追ってきた娘が確実に死んでいる状況で自らショベルを持ち掘りはじめ、「あいつはおれだ。あいつは俺がちゃんと、ぶっ殺す」と言うシーン、どうしようもないヤバい父親が最後に見せた娘への愛であり、この物語の要と僕はとりました。しかし本当にまだ掘り起こしてその手で殺さないと気が済まないと思っているのか、ちょっとどっちで解釈すべきかわからないほどそれまでの役所広司のバイオレンス演技は凄まじいです。

あと、妻夫木聡演じる刑事もさりげなくどえらいとち狂っててかつ汚れきってます。さりげこの映画の中のサイコパス2人目。笑

Atsuhito
Atsuhitoさん / 2018年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中島哲也大好き ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

公開当時映画館で鑑賞した。中島哲也作品はは下妻からずっと劇場にワクワクして映画館へ向かう。

下妻、松子、告白、来るは原作も読んだ。この人が映像化する原作はいつも面白い。

でも渇きに関しては、鑑賞直後は観なきゃ良かった〜中島哲也どうしちゃったのーって思ったことしか覚えてない。

でもその後Netflixで何度も観てる。

観ていて胸くそは悪いし、役所広司の怒鳴り声が聞いてて耳障りだし、ボクや緒方が可愛そうすぎるし…

バイオレンスすぎるよ。銃撃戦とカーチェイスはもうやりたい放題w役所ゾンビっすわ。

役所広司は孤狼の血のヤンチャっぷりのほうが好感持てます。

話は逸れたけど、ラストに向けての衝撃は何とも言えない感じでした。中谷美紀もかわいそうだった

中島哲也監督〜、明るい映画また撮ってください。こーゆーのも嫌いではないけど。

yumeko
yumekoさん / 2018年10月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

かなり面白かった。濃厚。

かなり面白かった。濃厚。

yonda?
yonda?さん / 2018年10月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

軽く見るのが良い

ファッション暴力って感じで、あんまり真剣に見てもしょうがない類の作品。
最初のうちはワクワクしてたんだけど、なんかダレてきて、1時間くらいしたら適当に眺めてしまった。
パルプフィクションとかの路線?なのか?
そうそう、だから、コメディ見てるくらいのノリで見れば良い。役所さんが激アツ演技してるから、すごくシリアスなムードかと見始めてしまうが、軽くポテチでも食べながら見るくらいのテンションの方が楽しめるであろう。原作は読んでないので、一回見ただけでは全員の関係性が追いつけなかった。が、まぁ、そーゆーもんだろう。個人的には、まぁあんまり楽しめなかった。

ぼーん
ぼーんさん / 2018年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

役所広司の演技が狂気に満ちていて釘付けになった。
個人的に昭和臭い映画は嫌いだが、小松菜奈の艶やかに狂った演技をみたくて見返したら毒っ気にはまってしまった。
清水尋也が小松菜奈に弄ばれる様が小松菜奈の魅力を引き出していて、特に痩せ細った清水尋也が小松菜奈に執着するシーンが残酷で素晴らしい。

みきてぃ
みきてぃさん / 2018年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悪い女ばかり作ってしまった日本の父親たち ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『乾き。』(2014)

<悪い女ばかり作ってしまった日本の父親たち>

暴力や虐待シーンの羅列だが、LGBTなどと一方で言われるが、この映画では、男が男に犯されることによって強烈なトラウマを与えられて自殺したり、気が変になってしまうというような、これをLGBTを明るくという動きはどう観るのかという隠れた問題点もある。男に犯された男が恋した女が男に指図して犯したという関係。恋した者が悪だったなら。『日本で一番悪い奴ら』も覚せい剤が人を狂わす道具として出ていたが、あの映画はそれでも悪どくはみせてなかったのかも知れないが、この映画は悪どく見せている。娘が極悪人になった経緯は何なのか。元刑事(役所公司)は、妻が不倫して離婚したという面もあるのだろうが、娘のほうが求めてきた近親そうかんに元刑事が怒り、かなりの暴行を娘に与えたことなど、狂った関係が暴力的に羅列される。元刑事も覚せい剤を常用してしまっているが、娘が求めた近親そうかんに関しては父親として元刑事は娘を怒ったが、娘は笑って、誰とでも身体を与えたり、思っている男を窮地に追い込んだりする。こうした娘のサイコパス性があったり、原色の、プリクラの動画集みたいな見せ方で狂気を表す。狂気の上に強い狂気がいて、元刑事は凶悪な集団に拉致される。娘に憧れていた若い男をも男に性行為させたり薬物で狂わせてしまう。悪の上に悪がいて、それで観た者は悪を嫌になってしまう方策なのだろうか。
良い事をみせて良いことがわかるという方策ではわからなくなってしまった社会の見せ方なのだろうか。しかし残虐シーンは見せたくないようなシーンである。娘という狂気を生んでしまった償いのために、悪の集団の中に拉致される父親という構図だろうか。悪と悪が絡んでしまうというのは、小説の朗読で聴いたが、『グラスホッパー』を思い出した。善人ではない部分を持ってしまった人が、
もっと大きな悪と立ち向かうことになってしまったということか。役所広司とオダギリジョーの死闘もすごいし、妻夫木聡の変な刑事もすごいし、バイオレンス映画というのか、こういうフィクションはいったいどういう感覚で観客が動くのか。悪と悪は本気で殺し合っているところを集団で警察が現れて妻夫木は笑っていたり、そういう狂気もある。それは一体なにを表そうとしたのか。こういうのを観ると書いているほうも変なのだが、狂った娘の償いが父の行動だったのか。しかしその過程で、犯罪だらけである。しかし、これを観ると、社会には変な人間も紛れているのかとがっかりした気持ちにもなるような。どうしてこういう映画を選択してしまったかという私の歴史的タイミングのような。一体何が意味があるのか。しかし、役所が絶対絶命から脱出したのか、警察からも逃れたのかとか、時間を戻しているのか、わけがわからなかった。性暴力のシーンも幾つもあるし、小松菜奈演ずる主人公はやたら男女構わずキスをしまくる。しかし、役所は不死身なのか。オダギリもかなり
タフだったが。いくらフィクションだとは言え、この役所の不死身性というのは、一体何を言いたかったのか。雪山の中で遺体を探し出せと言う不可能そうな命令も一体何を言いたいのか。今まではメモのように書いてしまったが、結局、日本社会が壊れてしまったのは、悪い娘に父親がしてしまったというのが言いたい事かと思う。ここまで理解不可能なまでに悪化してしまったのだ。母が不倫しているのもそうした予備だろう。こういう映画にクリスマスのような画像や音楽でつなげるところが、狂気的でもある。悪いことはしてしまったことがあったとしても、こんなに悪くはないかくらいの慰めにも使えばよいのだろうか。それも悪いか。

Takehiro
Takehiroさん / 2018年7月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったより面白かった。

予告でかなり惹きつけられ、レビューに目を回してから見た作品。
レビューでは高評価もあれば低評価もある、ある意味ピンキリの作品。
ピンキリだからこそ余計に気になった。

見てみると中身も惹きつけられ、あっという間の2時間。
かなりエネルギッシュで、冷酷な作品。

なんというか、、ストーリー自体は大したことはない。なんなら30分でも描けるくらいの内容だ。
だがそれを飽きさせることなく、延ばして延ばして、引きつける監督の手腕を私は評価したい。

あとは何と言っても、妻夫木聡の演技力。重要なシーンにちょいちょい小出しで出てくるが、どれもインパクトの残る演技。文句なしの天才俳優だと痛感した。
彼の演技を見るだけでも価値のある作品だと思う。

Malco
Malcoさん / 2018年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

狂った世界観

狂った人達が出てくる作品は割と好き。
でも役所広司も妻夫木くんもゾンビだった。

ちょこちょこ3年前と話が切り替わるからしっかり観ていないとぼーっとしていたら一瞬で意味が分からなくなる...
むしろしっかり観ていてもよく分からなかった笑
でも2回目までは観る元気が無かったのでネットの解説を拝見。。

正直胸くそ悪い内容だけどそれはさておき、小松菜奈の破壊力は半端ない。
美人で可愛いくせにあの死んだ目は小松菜奈ならではだな。。

cocoまる
cocoまるさん / 2018年7月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

うーん

でんぱ組が流れたところはよかったけど、
それ以外みててしんどい〜〜。

♨︎
♨︎さん / 2018年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

(笑)

ただただ不快な映画が作りたかったのかな?

唯一妻夫木聡のサイコパス的な演技は好きでした

KID
KIDさん / 2018年6月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

娘が設定負けしてる

刑事(役所広司)とその娘の実質ダブル主人公のような映画。
・・・なんだけど役所広司の存在感が圧倒的にありすぎますね。
娘はカリスマのように扱われていますが、全くそう感じられませんでした。
娘の存在感、説得力が足りない。

sukacinema
sukacinemaさん / 2018年5月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

狂った映画にしたかったのかもしれないけれど

映像が本当に見にくい。色んな雰囲気を取り入れるのはいいけど、まとまりがなさすぎてイライラした。映画にする意味がないでしょ、原作で十分だと思った。

ぴ
さん / 2018年5月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

300件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報