劇場公開日 2014年6月27日

  • 予告編を見る

渇き。のレビュー・感想・評価

3.0325
11%
31%
36%
13%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全325件中、1~20件目を表示

4.0私は、好きでした。

2020年4月14日
iPhoneアプリから投稿

中学生の頃に一度、そしていま社会に出てから一度の二度観たのですが中学生の頃の私には訳わからないぐちゃぐちゃ気持ち悪い映画だと思いました。ですが今になってすごい面白かったなあと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ipp_onはな

1.5この映画は狂っている人にしか楽しめない

菜々花さん
2020年4月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜々花

1.5登場人物が全てイカれている。

Yohiさん
2020年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

イカれている人しか出てこない、相当にグロい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yohi

0.5悲壮感がない

2020年3月20日
スマートフォンから投稿

寝られる

躁鬱病と見せかけてもともと狂人という設定。どっちにしても、家族を壊した人間の哀しさが役所広司から出ていない。ただのハードボイルドなおっさんにしか見えないのが致命的で、どーでもいいわこんな奴としか思えない。

小松菜奈の同級生男子のエピソードも、違う映画がいきなり挿入されてるようにしか見えない。役所が主役の話でなんでこんな視点が都合よく話を説明してくれるのか、さっぱりである。
で、彼と役所の共通点は美に魅せられた人間であるということなのだろうか?
小松菜奈って悪くはないんだけど、そんなにカリスマ性があるんだろうか。全然説得力ないし、そもそもこういうファムファタールって現代において成り立つのかも疑問。
成立したとしても愛することすらできない悪い女の何が面白いんだろうか。
フィルムノワールの上っ面だけを舐めて作ったかのようなヒロイン造形である。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ニックル

3.5ぶっ飛んだ世界のゴミみたいな話、わけわからん

唐揚げさん
2020年3月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

難しい

寝られる

難しかった。いや、わけがわからなかった。

第一印象としてはこれです。
時系列がぐちゃぐちゃで事件の全貌を追うのが難しい上に、登場人物がかなり多くて複雑に絡み合っているため誰が誰だかわからなくなります。
僕はネットのまとめ記事を鑑賞後に読んでなんとなく分かったので、原作を読んでから観るなり、何回か観るなりすれば、少しはわかりやすくなるのではないかと思います。
個人的に狂気ものは大好きなので、とにかく狂っているとのことで少し期待しすぎたのかもしれないですが、あまりにぶっ飛びすぎていて、逆に狂気が伝わりづらかったような気がします。
でも、登場人物一人一人は本当に良くて、狂っていました(特にずっと笑い続ける浅井刑事役、妻夫木聡さんのあの笑顔は忘れられません)。
確かにかなりの衝撃作ではあるのですが、良くもなく悪くもなく、良し悪しつけられない不思議な映画でした。
物語の展開がどうだというよりかはエンターテインメント性を重視しており、独特の演出や、映画に合わない軽快な音楽、豪華俳優陣の見事な無駄遣いは最高でした。
それだけでも観る価値あります。

観終わってから謎な部分が多すぎるので、モヤモヤし続けていましたが、きっとこれが狙いなんだなと。
まんまとハメられました。

観てる間はあんなに嫌だったのに。
別にもう見なくてもいいやと思っていたのに。
中毒性が…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

1.0鑑賞後、しばらく生肉が触れなくなりました。

2020年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

作品的には、考え抜かれて技巧を凝らした映画。
この場面にこの音楽使うか、とか、色彩とか、このカットをこう繋ぐかとか…。
  鮮血の赤・銀鱗のようにギラギラしていながら抑えた灰青・ポップな色調のメリハリ。
  徐々に狂った”三月うさぎの世界”にいざなわれる…
アニメーションなんて、離人感ってこんな感じ?と妙に納得。
某船着き場は、シュールさが際立った。
小松さん他若手も良かったかな。

でも全体的には観たことを後悔しました。
愛とは何ぞやと問う力作だとは思うけど。
レイプ場面も生々しいし、
役所さんはぎゃあぎゃあ騒ぎまくっているだけだし。

いろいろなレビューを参考になさってから鑑賞することをお勧めします。

鑑賞して得たものは無かったかな。
上っ面を滑っている感じ。
中身がない人達ー気持ちや愛情を心にためることができずに、外に流れて無くなってしまう人たちーを描いているのだから、こんな感想が妥当なのかもしれない。
なんて思わせるなら、実は”表現”としては成功しているのかもしれないけどね。

グロ場面が好きな方には好評観たいです。

(演出・編集・音楽・色調・役者に見るものあるけど、
人に勧めたくないし、知人に観たことをカミングアウトしたくないので☆1つ)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

3.5誰かこの人達に潤いを……

Pegasusさん
2020年3月6日
iPhoneアプリから投稿

怖い

知的

みんな性格が渇きまくっていてもはや枯渇している。
R15でいいのか?と思うほどに残酷。
とにかくみんなが酷い!
中でも一番大事な主人公とキーを握るその娘が。
中島監督独特のあらゆる場面が入り乱れる映像だけれどきちんとミステリーとしても成立している。
すごい面白い!もう一度観たい!って感じにはならないけど不思議と中毒性がある作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Pegasus

5.0好きだった。 もう一度見たいと思う。 私は、こういう少し狂った映画...

2020年3月3日
iPhoneアプリから投稿

好きだった。
もう一度見たいと思う。
私は、こういう少し狂った映画が好きだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とんこつ

3.5役所広司が汚い

2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

二度目。
クソとクズと、それらに人生狂わされた人たちの話。と私ならログライン(一行あらすじ)を書いてしまいたくなるくらいの胸くそ悪い映画。

役所広司さんは終始、汚いので、他の演者がみんなキレイに見えるという凄い力業できた作品。
とにかく沢山殺されて、たくさん血を見させられる映画。

原作未読なので、オダギリジョーが突然出てきたとこに違和感を感じずにはいられない。

全体的にはよくまとまってはいるけれど、
見終えて何か残ったかしらと改めて考えてみたけれど、
やっぱり役所広司は汚かったしかない…。
うーむ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茉恭(まゆき)

4.5可憐に狂ってる

マヒロさん
2020年1月3日
iPhoneアプリから投稿

グロいシーンと供にポップな映像や綺麗なアニメチックな映像、サブカル的な激しい音楽が流れていて飽きない。
目が回るようなじっと観てしまうような演出が素晴らしい。大好きです
出演者の演技も素晴らしい。清水尋也、小松菜奈惹きつけられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マヒロ

4.0狂ってる世界がどれだけ恐怖か

hiroさん
2019年11月17日
iPhoneアプリから投稿

見終わったあと違う意味の怖さを感じた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hiro

3.5狂いまくってる世界観だが、その先には愛が描かれていて、 僕はしっく...

おれさん
2019年10月27日
iPhoneアプリから投稿

狂いまくってる世界観だが、その先には愛が描かれていて、
僕はしっくりくる作品だった。役者が豪華!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

0.5無理です

2019年9月25日
PCから投稿

とことん気持ち悪いストーリーなので、演技どころではないわ。
えげつない話が好きな人はどうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ

3.5二階堂ふみ、、出演作品。第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受...

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

二階堂ふみ、、出演作品。第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の「果てしなき渇き」を映画化。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.5完走してくれ

2019年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

その残虐表現がエキセントリックと言うことで、
話題になったら見てしまうタチです。
件の残虐表現ですが、確かに露骨な描写が多かった。
(死体処理袋の不良生徒の腹、タイマンでのオダジョーの手etc)
その描写の善し悪しは別に置いておいて、
その表現としては映画の中でしかできないモノです。
これぞエンターテインメント。

話は娘の加奈子(小松)をひたすら親父(役所)が捜す話。
その一点に向かっての話の推進力は、先の残酷シーンも相まって、
かなりのスピード感があり、映像も話もワクワクして見入ってしまう。
この、誰かを捜していくウチにいろんな事件が起こり、
その誰かの人間性まで構築されていく話、何かに似てると思ったが、
漫画で浦沢直樹の「MONSTER」に、話の展開が似てる気がした。
とにかくもう夢中で見てました…途中までは。

元部下の刑事(妻夫木)が藤島を張ってるあたりから、話がボンヤリし始め、
加奈子の交友関係と失踪理由の説明が曖昧になり、
オダジョーは良かったが、役の魅力が場面が少なすぎて伝わってこない。
(ここでの妻夫木の行動も不可解)
でもまあ初速より段々落ちましたが、ラストまでスピード感有りました。
でもこのラスト、要は加奈子の行方ですが、この締め方は何?
しかも最後、頼む!これで終わるなよ、と祈ってたらスタッフロール開始。
ラストシーンはスピードも話も何もなかった。
間延びしてから終息までは、短いが長い、何言ってんだ?

役所広司は頑張ってると思うのだが、
ろくでなしの親父役としては少し物足りない。
台詞での悪態も「この、クソ○○がぁ!」ばかりで捻りが無い。
妻夫木は悪性を秘めている役なので、
アップで細かい演技とか見たかった。
あと、ジョーだかチョーだか、黒幕の大物、内田裕也じゃないよね。
女性陣は総じて良かったです。小松菜奈の眉毛はずっと気になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
クリストフ

3.5登場人物全員狂人

waisighさん
2019年9月3日
Androidアプリから投稿

元刑事の主人公、藤島(役所広司)は離婚した妻から失踪した娘、加奈子を捜索するように依頼され…という展開のサスペンス。
捜索の過程で加奈子が覚せい剤や犯罪グループに関与してることが分かってきて狂気が加速していく。

とにかく全員狂っている。
まともな人はほぼゼロで、しかもハイスピードで流血、暴力、殺人が展開されていく。
話自体は割とよくでてきていて、残酷な表現もあえてポップに(それがまた狂気を感じる)描かれていてその落差にぞっとしつつ魅力も感じた。

役所広司が真に迫りすぎていて、もちろん素晴らしい演技なんだけどちょっと暑苦しさも感じる。
小松菜奈はいいチョイスで、かわいいだけの若手女優には出せない凄みがあった。

おすすめすると人格を疑われそうではあるが、退屈はさせられない刺激的な作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
waisigh

2.02つの衝撃

2019年8月19日
iPhoneアプリから投稿

1つに、中島哲也監督の演出。
もう一つは、小松菜奈の狂気の演技でしょう。
■良い点
・監督と小松菜奈のシナジー(ほかの女優では務まりようがなかったかと)
・誰かと話すと衝撃で盛り上がる可能性がある
■悪い点
・なかなか人に勧められる内容の話ではありません。。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
すさんだココロ

2.5見る必要はない映画

SSeeKさん
2019年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SSeeK

3.0内容や映像は好きだったけど

ぺぱさん
2019年7月14日
iPhoneアプリから投稿

役所広司さんの放つ大きな怒鳴り声が、自身の過去のトラウマを思い出させるので、とても嫌悪感があった。申し訳ないがうるさい。

内容や映像は好きです。特別酷い話だなーとは思わなかった。現実でも似たようなことは起きているし。

もう1回見たら途中途中寝てしまうと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぺぱ

4.0クソ虫ゴミ虫の狂宴。

2019年6月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

萌える

レンタルDVDで鑑賞。

原作は未読です。

出て来る奴らがみんなクズ。
出て来る奴らがみんなゴミ。
クソ! クソ! クソ!(笑)
普通の奴がいない…てか“普通”って何だよ?
どうしようも無く狂ったキ○ガイどもが織り成す宴に引き摺り込まれました…。

失踪した娘・加奈子(小松菜奈)の行方を追う内に、これまで全く知らなかった底知れぬ人物像と狂った世界に飲み込まれていく元刑事の父親(役所広司)。野獣の如き狂熱を発散させ、行く先々で大量の流血を生み出しながら、混沌とした事件の真相へと肉薄していきました。
役所広司のギラギラ感…堪らん。「孤狼の血」だけじゃなかったのねぇ…。汗だく、血まみれ、罵詈雑言―さて、彼は「クソが!」を何回言っていたでしょうか?(笑) 「父親じゃけぇ、何をしてもええんじゃ」ってことかい?(笑)
それに不死身なのか、あんたは…?(笑)

そして本作の白眉…それは、加奈子を演じた小松菜奈の魅力に尽きるでしょう!
優しくて、誰からも好かれる人気者、そして圧倒的な美少女。だがそれは“表の顔”に過ぎず、しかしてその実態とは、人心の掌握に長け、相手が望むものを与えて懐にスルリと入り込み、挙げ句の果てに全てを破壊してしまう悪魔のようなクソガキでした。
いじめ、クスリ、レイプ、やくざ、秘密クラブ―煩雑で猥雑なそれら全てを手玉に取って、あらゆるものを濁流の如く飲み込んでいきました…壮絶!
妖艶にして奔放。決して満たされぬ果てしなき渇き…。頭も心もからっぽなまま、自分を潤してくれる何ものかを求めて求めて、狂気の淵を彷徨する…。
そんなクレイジーな加奈子を全身全霊で演じ切ったという素晴らしさ。おじさまたちとのキスシーンも何のその(笑) 演技力の高さに脱帽でした。溢れ出す少女とは思えない色気にノックアウトでした。美人と言える顔立ちじゃないのに、不思議とそそられてしまうのは何故? それはさておき、本作以降の活躍は言わずもがな(笑)

取り敢えず、全編通して胸糞悪いことこの上無い。容赦の無い暴力描写…しかし、全然嫌いじゃない、むしろ好き(笑) これぞ、“劇薬”! ウケるんですけど!(笑)

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 8 件)
しゅうへい
「渇き。」の作品トップへ