ペインレス

劇場公開日

  • 予告編を見る
ペインレス
6%
26%
62%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「REC レック」シリーズのルイソ・ベルデホが脚本を手がけたサイコスリラー。内戦直前のスペイン。原因不明の病によって痛覚を持たない子どもたちが次々と生まれ、人里離れた保護施設に隔離される。現代のスペイン。リンパ腫に冒された神経外科医デビッドは、生き残る唯一の方法である骨髄移植を受けるため、会ったこともない実の両親について調べはじめるが、やがて無痛症の子どもたちにまつわる衝撃の事実にたどり着く。スペインのホラー、スリラーなどジャンル映画を集めた「スクリーム・フェスト スペイン2013」にて上映。

2012年製作/101分/フランス・スペイン・ポルトガル合作
原題:Insensibles
配給:エスパース・サロウ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)LES FILMS D'ANTOINE - TOBINA FILM - ROXBURY PICTURES - FADO FILMES, ACONTRACORRIENTE - 2012

映画レビュー

4.5悲しくも綺麗な物語。

イソベさん
2019年5月26日
iPhoneアプリから投稿

最初はサイコホラー的な感じかのかな?と軽い気持ちで観ましたが、ヨーロッパの戦争の歴史と疫病が上手くマッチしていてとっても感慨深い映画でした。

痛みを感じないからこその悲しさ、優しさがひしひしと伝わってきます。

深く考えさせられる、魅了的な映画です。
個人的にはとてもオススメの映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
イソベ

3.5拾い物

ベチィさん
2016年11月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

痛覚を持たないことで強制隔離された子供たち。
訓練で「痛み」を学ぶも病院は内戦の渦にもまれ、子供たちは命を落としていく。
ひときわ意志の強い少年ベニグノはそれでも生き残るが、ナチス、フランコ政権にその″″特殊能力″″を利用される。
一方、現代スペインの外科医ダビッドは不慮の事故に合い、自らがガンに冒されていることを知る。
骨髄移植を望んだ彼に、両親は口ごもり、「無垢な」子供と独裁体制の狂気が産みだした「怪物」の秘密とは?

近年のスペイン映画らしい残酷描写が際立つ。
終幕が性急で不満が多少残るも、スペイン映画の魅力を存分に感じることができた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ベチィ

3.0痛くない

2014年8月24日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

10歳前後の少女が火だるまになるという衝撃的なシーンで幕開けする本作は、無痛症を扱ったスリラー映画です。

残酷描写が苦手な方には一切理解されない導入からして、
偏向した鬼畜映画の典型的な作品かな
と、思ったのですが、そんな予想はアッサリと裏切られてしまいました。

本作は、無痛症という稀有なネタを使っておきながら、第二次大戦前後の内戦で揺れたスペインを描き込んでゆく、という実に美味しい仕掛けが施された作品だったんです。

癌を告知された男の物語と、収容された無痛症児たちの物語が平行して描かれて、一つに収束してゆくという、ありがちな構成なんですが、時代に翻弄された収容施設の顛末が物凄い!

監禁施設とはいえ、元々は病院だった場所が、時代の波に呑まれ、あっという間に強制収容所、つまり刑務所になってしまうんです。

支配層もコミュニスト、ファシスト、ドイツ兵、ナショナリスト、と順を追って代わって行きます。

国や大人を取り巻く環境は目まぐるしく変化しますが、監禁された子供たちには閉塞された空間だけが真実です。

それでも、戦争という現実の余波は、確実に子供たちをも呑み込み、非情にも彼等を追い込んで行きます。

彼等に安息が与えられる事など全くないのです。

子供だろうと演出面で容赦しないスペイン映画ならではでした。

ただ、この映画、良いネタを扱っている割には、終盤の展開が強引な点と、物語が都合よく纏まり始める点は、頂けません。

少々、駆け足気味にも感じてしまう終盤の種明かしは、人によっては、ドッ白けの展開になってしまう恐れが充分にアリでした。

あくまでもスペイン映画が好きで、無痛症児が成人になっても生きていられる(大抵は成人前に死亡)という嘘を無視できる人専用映画かもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かもしだ

3.0観てよかった。

2013年12月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねこた とまを
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る