殺人の告白

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
殺人の告白
殺人の告白
13%
55%
26%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「家門の栄光」「検事プリンセス」などのTVドラマで人気のパク・シフが、美しすぎる殺人犯を演じた映画初主演。15年前に起こった連続殺人事件の犯人だと名乗り出た男、イ・ドゥソクは、時効が成立しているために無罪となった上、自分の犯した殺人について詳細に記した本を出版。その衝撃的な内容と美しいルックスが相まって、ドゥソクは一躍時の人となる。しかし、15年間事件を追い続けていた刑事チェ・ヒョングは、本の中に最後の未解決失踪事件の真相が書かれていないことに気づく。そんな中、自分こそが真犯人だと主張する人物が現れ……。新鋭チョン・ビョンギル監督が、「殺人の追憶」の題材にもなった華城連続殺人事件からインスピレーションを得て描いたサスペンス。

2012年製作/119分/PG12/韓国
原題:Confession of Murder
配給:ツイン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 吐きだめの悪魔
  • アタック・オブ・ザ・キラートマト
  • リターン・オブ・ザ・キラートマト
  • ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人
  • ファンタズム
  • マッドボンバー
  • 血みどろの入江
  • バスケットケース
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ザ・クレイジーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2012 DASEPO CLUB AND SHOWBOX/MEDIAPLEX ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0永野じゃん

marさん
2021年4月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

サスペンスアクションとしては良く出来てると言っていいと思う。
序盤のおいかけっこ、中盤のカーチェイス(?)、終盤の格闘と
アクション描写が要所で効いていた。
ただ個人的に残念なのはアクションのカット割りが多すぎると感じた点。
スピード感が増した代わりに、臨場感とリアル感が失われていたと思う。

ストーリーに関しては僕は良いと思うというか、
たぶん一つのアイデアソースから膨らませていったであろう全体像が
緊張感をもって描かれているところに好感をもてた。
ちょっと回想シーンがくどい感じはしたけども。

だから全体として楽しめたし、引き込まれて最後まで見てしまった。
テーマ性が薄いとこもあると思うけど、これはこれで良し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mar

2.0時効が過ぎてから殺人犯が名乗り出るという始まりはとても興味を引くも...

2021年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

時効が過ぎてから殺人犯が名乗り出るという始まりはとても興味を引くものがあったのだけど、アクションシーンとかちょっとコミカルなシーンを挟むといった演出のせいか、なんか話が散漫な印象に。殺人犯が出版していきなりアイドル扱いってのもねえ。日本には実例があるから余計に違和感を感じる。起承転結の転に至るまでの展開が無駄に長く感じるし、転じてからもなんかインパクトに欠けるというか。もっと面白くできたんじゃないのかな、惜しいなってかんじです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お手紙食べるほうのヤギ

3.5ハラハラする、1転、2転、3転…。 なのに、やっぱり…的な展開。

2021年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

知的

日本人(私だけか?)の感覚では、違和感と納得の間を行き来するラスト。

この題材なら、アクション主体ではなく、もっとサスペンス色強くしてほしかったな。

脚本は、大筋の展開は唸るが、細かいところではツッコミどころも多いし、説明不足。
「お前は広告塔」っていうのがよくわからなかった。

殺人の告白本はともかく、ファン、TV公開討論、敵討ちに命燃やす人が好意的に受け取られていたり…。自分の気持ち優先で、なんでもありの国なんだなと改めて思ってしまう。
 (日本ではさかきばらの告白本は話題をさらったけれど、ヒンシュクモードの方が大勢締めたのとは大違い)

役者の力と、アクション、かつどう決着つくのかと手に汗握り、で最後まで観ちゃったけれど、でも話の筋としてはやっぱり…という感じ。
 アクションは、確かにすごいが、あそこまでやって死なないって、皆人造人間か?途中はちょっと現実から離れすぎてあきれてしまった。

それでも、
 チェ刑事を演じられたチェ・ジェヨンさんの渋さと哀愁、加齢臭がすでに匂ってきそうなやつれ・やさぐれ感が大方を占めるのに、時折見せるかわいらしさに、ぐんぐんひかれていく(井浦氏の『刑事ゆがみ』の弓神って、このチェ刑事がモデルか?と思ってしまった)。これからもいろんな役で観てみたい。
 告発本の著者の、出版社社長との会話でみせるあの表情にも身震いする。パク・シフさんもすごい。
 Jのいやらしさにも背筋が…。
 他にも、あの方・この方。すごい役者が揃っている。

この素材ならもっとじっくり見せて欲しかった。
 繰り返しになるけれど、役者と素材が素晴らしいから満足度のハードル上がってしまう。

(日本で作られたリメイク版未鑑賞)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

2.5所感

asaさん
2021年2月3日
PCから投稿

個人的には受け付けなかった
カーアクションも嘘っぽく、昼ドラっぽい脚本と展開だったように感じた
飛ばしながら見まくってなんとか。。
胸糞案件でした

スヨンの回想と「生きたい」のセリフのシーンの表現、切り抜き方は好きだった

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る