ジ、エクストリーム、スキヤキ

劇場公開日:

ジ、エクストリーム、スキヤキ

解説

劇団「五反田団」主宰で、映画化もされた演劇「生きてるものはいないのか」や小説「夏の水の半魚人」、映画「横道世之介」の脚本などで知られる前田司郎が、映画監督に初挑戦し、自身の同名小説を映画化した青春ドラマ。絶縁状態だった大学時代の友人・大川と15年ぶりに再会した洞口は、人懐っこい大川のペースにのせられ、ある旅行の計画に巻き込まれる。大川の同棲相手・楓と、洞口の昔の恋人だった京子も強引に計画に引き入れ、4人はなぜかスキヤキ鍋を持って海に向かうことになるが……。洞口役の井浦新と大川役の窪塚洋介が「ピンポン」以来11年ぶりに共演。

2013年製作/111分/G/日本
配給:スールキートス
劇場公開日:2013年11月23日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2013「ジ、エクストリーム、スキヤキ」製作委員会

映画レビュー

3.0オフビート感あふれる作品。ともかく井浦新と窪塚の絶妙な脱力会話が楽しい

2024年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 冒頭から崖に転落した洞口の映像はいったい何を意味するのか。仏具店で如来像を買ったりとか、洞口(窪塚)が手作りのブーメランを海に投げるシーンとか印象深いシーンはすべて脱力青春コメディといった感じ。海のあとはすき焼きを食べることになるのだが、すべてが無計画のほんわかした内容。自分を見つめ直すためのひとときの楽しい時間・・・

【2014年視聴】

コメントする 1件)
共感した! 4件)
kossy

3.5不器用な主人公が哀れ

2023年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

そうか、自分だけでぼん気を抜けれてないことに喪失感を抱き、投身‥という感覚で見ていたが、まさかの生還笑
これで抜けれたということで、新たに生きていって欲しいけれども。どうしても抜けれない理由、出てきていない多分もうこの世にはいないもう一人の同級生。何があったかは語られずに、それでもなんとなく伝わる。生還にはずっこけたけど、希望は持てた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いつこ

0.5『ふきげんな過去』が、良かったので、この映画を見てみた。会話を楽し...

2023年11月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
マサシ

4.0学生時代のグダグダ付き合いを回顧しつつ小旅行気分を疑似体験する

2023年5月17日
PCから投稿

井浦新の意図的か偶発的か分からない謎の墜落事故から始まる奇妙な映像作品。

その後に続く登場人物たちのほとんどかみ合っていないようでいて、何となく進展するボケと突っ込みが最後まで続くことになる。
その間に井浦新のミステリー事象も入ることは入るが、気分としてはどうでもいいような会話の羅列に、次第に面白いような心地よさの感覚も生じてくる。

そしてドライブ旅行の下りになるとなぜかこっちまでウキウキしたりしてね。笑

受け取り方は視聴者によって全然違ってくるかもしれないが、個人的には学生時代と卒業後のモラトリアム期間、その時の友人・恋人付き合いを思い出し、いい気分で見進めることができた。

井浦新の謎は残ったが、それもどうでもいい気分。笑

2回目の今回も楽しめてしまった。

2303--

コメントする (0件)
共感した! 1件)
resuwisshu311
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る