25年目の弦楽四重奏

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
25年目の弦楽四重奏
19%
59%
21%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリストファー・ウォーケンらオスカー俳優の共演で、ベートーベンの隠れた名曲をテーマに繰り広げられる人間ドラマ。ダニエル、ロバート、レイチェル、ピーターの4人は、弦楽四重奏団を結成して25周年を迎えようとしていた。しかし、チェリストのピーターがパーキンソン病を患っていることが発覚。ピーターは引退を申し出、残されたメンバーは動揺する。そのことをきっかけに憤りや嫉妬、ライバル意識、それぞれの家庭の問題など、それまでに抑えられていた感情や葛藤があふれ出し、完璧なはずのカルテットに不協和音が鳴り響くが……。音楽はデビッド・リンチ作品でおなじみのアンジェロ・バダラメンティ。

2012年製作/106分/R15+/アメリカ
原題:A Late Quartet
配給:角川書店

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)A Late Quartet LLC 2012

映画レビュー

5.0終活

きりんさん
2020年3月30日
Androidアプリから投稿

終活。
自分への幕引きと、後進への伝達。

両親と、その両親の仲人役の老チェリスト、そしてエキセントリックな独身男。

ほぼこのメンバーだけで進む四重奏団 +娘の日記です。

【メンバーチェンジの悲哀】
一人がパーキンソンで脱退する。その突然の事態によって、ハーモニーも人間関係もボロボロになる様が映画の全容。
メンバーそれぞれのうろたえが、投げやりではなく、引き裂かれる者たちのそれぞれの思いと痛みの共有のステージとして見事に描かれていました。

そういえば、
毎年ドラフト会議で高校生ルーキーがプロの球団に入って行きますよね。
あの光景を見ていると、華々しく入団する若者の影で紛れもなく押し出されて去っていく選手が同数いるはずなのだと、自分が歳をとって気が付きました。

バンドのメンバー交代劇しかり、脱退と再編成を繰り返してバンドは歴史を紡ぎます。
オーケストラ団員にも、定年に至らずとも「全体の意向にそぐわない」という理由や、演奏技量の低下に依る身内からの肩たたきはあるはず。
スーちゃんは外されてミキちゃんがセンターに。
全世界の悲鳴の中 解散したのはビートルズ。

室内楽の場合はどうなのだろう?
音楽家の引き際は誰かが決めてくれる?
「定年制」でなくて力が尽きたとき引退・肩たたきが決まるのか。
・・本人が一番辛い決断をするわけで、本当にこれは残酷な瞬間です。

【ベートーベン】
チェリストピーターの人生に重ねて、死の半年前に書かれたというベートーベンの#131が全編に流れます。
この曲を聴きながらの臨終を望んたシューベルトのエピソードも劇中語られます。
そしてもう一つ気がつくのは、このベートーベンの冒頭のレントのフーガは紛れもなく最晩年のバッハの残した「フーガの技法」へのオマージュであろうこと。

世を去った恩師パブロ・カザルスの教えも老翁ピーターから学生たちにしっかりと伝えられました。

・・かくして、自らの終わりを見つめつつ“譲り葉”として後進に音楽を託していく彼ら。音楽家としての生の全うと、彼らのプライドを見させてもらいました。

見どころ、聴きどころの充満した映画でした。

============

LPをかけるピーター、悲しみにくれる目の光が絶品。

私に残された幸せよ
戻っておくれ愛するひとよ
木立の中に夜が沈み
光り輝く君が私を照らす
不安で高鳴るふたりの心
されど希望が天高く舞い上がる

メゾソプラノのアンネ・ゾフィー・フォン・オッター本人が、ミリアム役で、コルンゴルトの『死の都』の最も有名なアリア「マリエッタの歌」を滔々と歌います。
⇒第一大戦が終わって、傷つき荒廃したヨーロッパで人びとの心奥に受け入れられたオペラです。

亡き妻のレコードを聴く傷心のピーター。あの悲しみと失意の表情は、幾度録画を再生しても僕の頬を濡らしました。

ピーターの手にアレクサンドラが手を重ねて、柔らかい笑顔で師を労ったのが慰めでしたね。

「譲り葉」となった教師と、中堅の親世代のジレンマ。そして次代を担う教え子に至る、芸術を伝達するドラマ。
いい映画でした。

ああいう講義を、僕も受けてみたい。

中・高と吹奏楽部、その後は孤独なパイプオルガン弾きの きりんのレポートでした。

(3回鑑賞)

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん

3.0一人脱退することになって生まれた亀裂

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

・25年続いた四人のバランスが崩れていくのが見応えあった
・仲間の娘に手を出しておろおろする中年の悲しさよ
・ラストのみんなが譜面を閉じて演奏を再開するシーンがなんかよい
・クリストファーの渋いアルツハイマーのじいさんの役が他の三人から一段違う深みを表してた

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

4.0自分が音楽をやっているからか、挫折とか嫉妬とか、その他カルテットに...

yaekoさん
2017年6月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

自分が音楽をやっているからか、挫折とか嫉妬とか、その他カルテットに渦巻く感情とか、心が苦しくなるほど共感出来る部分がありました。人間の本質が忠実に、リアルに表現された映画だと思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yaeko

4.0いつかまた見るだろうな

2016年8月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

幸せ

映画を見るよりやるべき事雑事があり小刻みに見た。大人がいる大人の映画。25年一緒に仕事をやってきた仲間がやむにやまれぬ事情で一人が抜ける。それだけの映画。ウォーケンが出ていなかったら観なかった映画。でも見たら…それだけじゃない映画でした。見て良かった。多分またいつか見ると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
自由の座
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る