劇場公開日 2012年11月23日

  • 予告編を見る

人生の特等席のレビュー・感想・評価

3.678
11%
61%
24%
3%
1%
採点

全78件中、1~20件目を表示

3.0演技力でカバーみたいな風潮

さん
2022年6月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
り

2.52022年 93本目

2022年5月17日
スマートフォンから投稿

10年前の映画??
その頃と今のイーストウッド変わらない感じがする。個人的に野球ファンですメジャーも観ますが、内容はスカウト(裏方)の話。野球興味ない人からするとつまらないのでは。寝落ちしてしまう場合もあるかも。しかしエイミーとの親子共演は◎
92歳??まだまだ良作を作っていってほしいです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅん13

4.0やっぱりクリントイーストウッド

lanachamaさん
2022年5月17日
iPhoneアプリから投稿

クリントイーストウッド大好きだけど、野球は大嫌い。
なのでなかなか見れませんでした。

1時間はほぼ野球の内容です。野球が嫌いでも楽しめますと言うレビューを疑いましたが、最後の最後で
チャラになる位すっきりとした終わり方でした。
まぁでも野球じゃない方がもっと楽しめたんだろうなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lanachama

2.5野球を知らなくても楽しめる

cure0101さん
2022年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

訳ありの頑固おやじと親父想いの娘を描いた家族ドラマ。
見たらハッピーな気持ちになれたけども、もっと工夫すればより面白くできたのではと思う。
つまらなくはないんだけど、イマイチ物足りなかった。。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
cure0101

3.0イーストウッド自身の性格は、柔軟な人柄なのではないかと思った。

マサシさん
2022年5月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

ストーリーの流れとしては矛盾だらけだが、また、相変わらず頑固なジジイを演じているが、イーストウッド自身の性格は、柔軟な人柄なのではないかと思った。
ミリオンダラー・ベイビーを酷評したが、イデオロギーが僕と違うからで、イーストウッド自身は本当はどう考えているのか分からない。従って、この作品もActorとしてのイーストウッドを見て、彼の演技力だけで、評価したい。ストーリーは予定調和だが、大変に面白かった。ミリオンダラー・ベイビーの再評価は、後日もう一度見る機会が持てた時にする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

3.5無骨な生き方を

2022年4月22日
iPhoneアプリから投稿

する父、父親と離れていた時期の謎、疑問がこの「旅」を通してみえてきた娘。
それに野球好きと負けん気の強いDNAを継ぐ娘、ミッキーの物語。
ただ、最期のモーテル前で、スカウトは、ややチープな感じも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トッキー

4.0安心して観られます

越後屋さん
2022年3月18日
PCから投稿

途中で若干の変化球が入りますが、概ね予想通りの展開で安心して観られます。
大体野球映画にハズレはあまりないですね。
しかし、フットボールとかバスケはあまりないのに、アメリカは野球とボクシングの映画がやたら多いですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

4.0家族♡愛

2022年2月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

クリントイーストウッドの作品は
これが初めてかと思います
監督作品の硫黄島からの手紙は最近観ましたがよかったです シンプルに ニノも出ていたので尚更かな

この作品もシンプルで大体のstoryが読めてしまう
正直 クリントイーストウッドでなかったら
★3だったところです
多分。彼の魅力です 醸し出す雰囲気
このシンプルな作品が愛情たっぷりに感じられます

妻の眠るお墓で話すところは最高ですね
…歌うところも……特等席
……大好きな父と見る野球席

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しろくろぱんだ

3.5直球

2021年11月24日
iPhoneアプリから投稿

珍しく社会風刺が抑えめで、俳優クリント・イーストウッドな作品かと。なので少し物足りない気もしちゃいます。

これ観るとマネーボールも観たくなるww

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
大粒 まろん

5.0本当の「人生の特等席」とは

あき240さん
2021年8月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

人生の特等席
それは娘が少女のころ父と行った野球場の思い出
本作は娘と父の物語です
老人の物語でも、野球の物語でもありません
それらは全てフリルです

女の子は、男の子とは違う特別な感情を父親に持つようです

そんなことは娘を持って、彼女が大きくなるまで分かりませんでした
男の子とそう変わらないものだと思っていました

小さくても女なのです
父親の愛を試そうとしたり独占しようとします

小さな頃は母親と張り合って、父を独占しようなんてことがあったりします
そのうち母親と共同戦線を張って父親をコントロールしようとします
思春期になって、ようやく父親から離れて異性に目を向けるようになるのです

でもそんなことは後から考えたらそうだったんだろうと思うだけで、子育て中は訳が分からないことだらけです
なので主人公のガスみたいに、距離感が図りかねて邪険に扱うといきなり不機嫌になったり、いつまでも根に持たれたりします

まして男親だけで女の子を育てたらと思うと、それが恐るべき濃密さになってしまうだろうとは、想像できます

ガスは82歳、なのでイーストウッドと同じ1930年生まれの設定です
娘のミッキーは33歳

妻はお墓に刻まれた日付で1984年に39歳で亡くなっていると分かります
ミッキーがまだ6歳の時です
なので彼女は1978年生まれです

妻が死んだ時ガスは54歳ですから、15歳違いの年の差婚でした
ミッキーの今の年齢は、彼の妻が彼女を生んだ年と同じです
娘を見ると、死んだ妻を思い出さずにはおられないのです

You are my sunshine, my only sunshine
You make me happy when skies are gray
You'll never know, dear, how much I love you
Please don't take my sunshine away

この歌には、前段があります
この部分はサビです

本当の歌い出しはこうです

The other night dear, as I lay sleeping
I dreamed I held you in my arms
When I awoke, dear, I was mistaken
So I bowed my head and I cried

ある夜 寝ていた時に
君を抱きしめている夢を見た
目が覚めると 君はいない
がっかりして 泣いたのさ

これが、この歌が劇中何度も歌われる本当の意味です
ガスは妻を、ミッキーは父を思い歌っているのです

この家族の父と娘の物語です
6歳の女の子、母親が死んだことは理解できたかも知れません
父と二人だけで、旅の生活、父が熱を持って教えてくれる野球の話、野球を覚えて今のプレーについて的確なことを言うと父から誉めてもらえる
彼女に取って父親を独占でき、24時間一緒にいれた生活は、母の死を忘れ去る程のものだったのです
なのに突然、親戚の家に預けられ、13歳になってダンス会の綺麗なドレス姿を見せれば、父の愛を取り戻せると思っていたのに、逆に寄宿学校に入れられてしまう
彼女には理解できない、愛の拒絶としか思えなかったのです

それでも愛を取り戻そうとして懸命に勉強に励み、弁護士になり、それでも駄目なら、弁護士事務所の共同経営者になろうとする
野球の知識も父と会話できるように常に勉強を続けていたのです
全て父の愛を取り戻す為なのでした

独身のころ、少女の時に母を亡くした女性とつき合ったことがあります
その女性の父はすぐに再婚したそうです
彼女の喪失感は母よりも、父の愛の喪失感であると感じさせました
そのことを思いだしました

本作は、主人公が野球のスカウトであるので、大リーグの裏側を紹介しつつ、父の愛する野球を通じて、父親の愛を再確認する娘の物語です
それがテーマです

妻として子供達の母として伴侶となった女性でも距離や関係で四苦八苦しているのに、娘までとなるともう父親はお手上げです

原題のカーブが苦手という意味は、劇中の新人選手のことでもありますが、実は男親への娘の感情のことであり、娘に上手く愛を伝えられない男親のことでもあります

ガス程でなくても、出張で飛びまわり、普段の時でも帰ってくるのは深夜
土日以外は、起きている娘を見るのはたまにしかなかった自分には身につまされる映画でした
その土日でも疲れて寝ているだけ
そんな父では娘の愛に応えてあげれなかったのは確かです

本作はラストシーンで全てが大団円を迎えます
娘は父の愛を確信することができ、父以外の異性の愛を信じることも出来るようになります

父もまたその光景をみたなら、自分の世代は終わったとリタイアすべき時だと納得できたのです
だからバスで帰ることにしたのです

素晴らしい結末でした
このような結末を自分の人生でも迎えたいものです
それが本当の「人生の特等席」なのだと思います
名作です

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 13 件)
あき240

4.0無骨なイーストウッドを楽しむ映画

2021年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

これぞイーストウッド!ってのを存分に楽しめた。粗野で不器用で、それでいて実は優しい頑固なジジイ。実際こんな人近くにいたらめんどくさそうだなと思いつつ、どっかで憧れてしまう。

いかにもアメリカ映画の嫌なヤツという感じにでてくるボー・ジェントリーは個人的にツボだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
マサラさん

3.0ややリアリティーに欠ける

2021年6月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ジョニーデブ

5.0人生の特等席

m@_@mさん
2021年6月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

クリント・イーストウッドは

いつも関わりたくないほどの頑固親父

でも、どの作品も味がある

だからまた観てしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
m@_@m

2.5最初、イーストウッド監督と思い込んで見始めたが、あれ?おかしいなと...

KONさん
2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿

最初、イーストウッド監督と思い込んで見始めたが、あれ?おかしいなと。どこか詰めが甘いというか、助監督といえ、やはりイーストウッドとは違う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KON

4.0原題はカーブボールが苦手

としさん
2021年6月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2021年6月24日
映画 #人生の特等席 (2012年米)鑑賞

父と娘のちょっといいお話って感じでした
#エイミー・アダムス って綺麗だけど演技も上手で本当にいい女優さんですよね
#ジャスティン・ティンバーレイク もいい。娘が彼みたいな男を連れてきたら反対しないだろうな
爽やかでいい感じだもん

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし

4.0ああいうジジイになりたい

marさん
2021年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

やっぱりイーストウッドは最高だ。
とにかくかっこいいしチャーミングだしで、華がある。

物語としては父と娘の絆って感じなんだけど、正直そこについてはちょっと薄めかなと。
なんかお互いに努力してんのに縮まらない距離とか、
分かりあえたと思ったら違うとこに影響でたとか。
割とデフォルメされた出来事が連続するので
見ごたえって意味ならアリなんだけど、なんか特殊なケースのように見えてきちゃうっていう。
まあ要するに演出されすぎって感じが僕にはあったかなと。

ただ間違いなく言いたいのは、全体としてはすごく良くできた作品だし
男の晩年っていうか、年がいくつになっても手遅れなんてないだっていう。
なんかイーストウッド作品の感想で毎回言っちゃってるけど、
すごくポジティブな勇気とか変化とかについて語ってる映画だと思うし
なによりシンプルに面白いから、「見た方がいいよ」って人に言いたい作品だってこと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
mar

3.5クリントイーストウッドのニヒルじいさんキャラ好きなんですよね。これ...

2021年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

クリントイーストウッドのニヒルじいさんキャラ好きなんですよね。これもいい感じに食えないじいさんでした。メジャーリーグのスカウトが主役の話ですが、これと好対照をなすのが「マネーボール」ですね。こちらは電脳派が成功する話です。一緒に見たら面白いかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
お手紙食べるほうのヤギ

3.5原題 カーブの時の問題

akkie246さん
2020年9月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
akkie246

4.0いいタイトルつけましたね(^-^)

2020年8月28日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
映画は生き甲斐

4.0エイミー・アダムスを鑑賞する映画

2020年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

イーストウッドならずとも、エイミー・アダムスの魅力にイチコロになってしまって、えーいオジサンももう一度、映画だって撮っちゃうぞ、って気になるほどの映画です。

ここまで表情が豊かな女性であれば、少々おブスであっても男は誰もが心惹かれてしまうというもの。

エイミー・アダムスを鑑賞するための2時間として、まったく飽きない映画だったと思います。

さて、ストーリーは、不器用な父親と娘との和解の話で、そこそこ楽しめますが、そんなに深い話ではありません。
この時間配分では、イーストウッドの眼力を示すエピソードを提示できるのだろうかとハラハラさせられましたが、最後の最後でちゃんと逆転劇を用意してありました。
ま、もっとも、よくあるパターンの逆転劇だったのですけどね。

……というわけで、この映画は一にもニにも、エイミーの演技力の賜物でしょう。

私はいつも思うのです。
美人とは、顔のパーツが整っている人のことではなく、表情が豊かな女性のことだって、ね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
お水汲み当番
「人生の特等席」の作品トップへ