月世界旅行

劇場公開日:

月世界旅行

解説

マーティン・スコセッシ監督の「ヒューゴの不思議な発明」(2011)でも中心人物として描かれたフランスの伝説的映画監督ジョルジュ・メリエスが、1902年に製作した世界初のSF映画とされるサイレント作品。6人の天文学者が巨大な大砲の砲弾に乗って月へと飛ぶが、月の住民と遭遇して戦いが起こり、月の王に捕われてしまう。当時としては長尺となる16分間のなかに、史上初めて複数の場面転換を用いた物語性や特殊効果が用いられた記念碑的作品。93年に発見されたカラーフィルムをデジタル修復し、フランスのエレクトロデュオ「エール」が新たにサウンドトラックを制作。12年、ドキュメンタリー「メリエスの素晴らしき映画魔術」とあわせて劇場公開。

1902年製作/16分/フランス
原題:Le voyage dans la lune
配給:エスパース・サロウ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Steamboat Films-Lobster Films-2011

映画レビュー

3.0120年前

2022年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

兄がこの本を買ったという話を聞いて調べたらアマプラにあったから見た。

父もこの映画知ってて一緒に見た。

映画に出てる人たちは120年前に生きてた人たちなんだと思うと怖くなってくる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ゆい

3.5世界初のシネマトグラフ。映画の原点。

2022年8月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

楽しい

内容は、歴史上初めての劇映画といわれる、メリアスのカラーフィルム🎞発掘に纏わるドキュメンタリー。今から120年前の作品『月世界旅行』を中心に描かれる。好きな言葉は、『彼は時代の風を読み切れてなかった』当時の時代背景の早すぎる移り変わりの恩恵を受けながらも固執した自分の考えに呪われてしまった客観的評価が良くも悪くも人を表してるなと感じた言葉。時代に〜たら〜ればは無いにしてもそれを除いても現代に与える多大なる影響には驚きました。好きな場面は、メリアスが時代の風を読めず失意を感じ全ての作品を自らの手で燃やし尽くしてしまったほどの絶望と寂寥の場面。自らの子供とも言える作品に手をかけるとは…余程の無力感に…と思うと惜しいことしたなぁ。と映画好きな自分は思うばかりです。当時のイギリスHGウェルズ🇬🇧とフランスジューヌベルヌ🇫🇷との話しが出てきたり。SFの夜明けとも言える時代背景は見ていて嬉しいと同時に懐かしい子供の頃を思い出さしてくれました。やはり映画魔術とSF映画は同じ空想と言うことで相性が良かった。それは今も変わらない素晴らしい作品であると共に感謝すら🫂🥲感じる作品でした。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
コバヤシマル

3.5100年以上前の作品だが、今でも色褪せない魅力がある

2021年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
といぼ:レビューが長い人

5.0総ての特撮映画ファンは本作を観なくてはならないと思います 総ては本作から始まったのです!

2021年9月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

今日は2021年9月21日、中秋の名月です
今年は8年ぶりに満月と重なり、最も月が満ちた状態の名月を今夜見ることができるといいます
自分の家から見上げると雲が多めでうっすらかかっていましたが、普段とは段違いの明るい満月を見ることが出来ました

119年前の1902年9月1日、メリエスはこの作品を公開していたのです
お話の基本はジュール・ヴェルヌが1865年に発表した「月世界旅行」が原作です
ほら、図書室にあったあれです
オタクなら小学生の時に読んでいるはずです

世界初の特撮SF映画です
人面の月世界の目に砲弾の宇宙船が突き刺さる画像は多くの人が目にしたことがあるはず
当然白黒の作品です
それが本作はカラー!なのです
無論彩色の作品です
そういうものがあることは知識としては知ってはいましたが、このメリエスの月世界探検をその彩色版で観れるとは!驚愕です
しかも恐ろしく鮮明に修復されているのです
感嘆しました

総ての特撮映画ファンは本作を観なくてはならないと思います
総ては本作から始まったのです!

この修復のすごさは、「メリエスの素晴らしき映画魔術」が本作と同時に公開されており、そちらで詳しく触れらています
絶対にご覧になるべきです
アマゾンビデオで本作とワンセットになって簡単にご覧になれます

スコセッシ監督の「ヒューゴの不思議な発明」を、もちろんご覧になっていると思います
もしまだのようでしたら、併せてご鑑賞下さい

本作はフランスで2011年12月8日の公開
「ヒューゴの不思議な発明」同年11月23日公開
両者は完全に連動してのプロジェクトだったのだということです

満月が夜空を昼のように明るく照しています
119年前のパリでメリエスが見上げたのと同じ月です
顔がうっすら見えるような気がしました

コメントする (0件)
共感した! 6件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る