キノの旅 the Beautiful World

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2004年10月「東京国際エンタテインメントマーケット」にてスペシャルエディション版が上映され、話題を集めた「キノの旅~何かをするために~」が、2005年3月発売の限定版DVD付きビジュアル・ノベル発売に先駆けロードショー公開されたアニメーション。人間キノと言葉を話す二輪車エルメスが旅を続け、価値観も生き方も違う人たちと出会い、別れていくまでを描く。原作は作家・時雨沢恵一の電撃文庫『キノの旅 the Beautiful World』第7巻。

あらすじ

キノ(声:前田愛)は生まれた国を飛び出して、師匠(翠準子)とエルメス(相ヶ瀬龍史)と一緒に、森の中の小屋に住んでいた。家事の手伝いをしながら、師匠にパースエイダーの訓練を受け、エルメスの運転の練習などをしながら、キノは平和に暮らしていた。そんなある日、川に水を汲みに行ったキノは、生まれた国で出会った青年(自分をかばって命を落とした青年)と同じコートを着た旅人を見かけ、話を聞く。そして、キノはある決心をする。

2004年製作/30分/日本

スタッフ・キャスト

監督
脚本
村井さだゆき
原作
時雨沢恵一
キャラクター・デザイン
須賀重行
撮影
大庭直之
美術
武藤正敏
音楽
酒井良
その他
渡部高志
黒星紅白
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5独特の雰囲気がある!!

2018年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

「何かをするために」、「塔の国」の二編構成で、前半の方が良かったです。世界名作劇場の様なゆったりした雰囲気の中で、いきなりガトリングガンをぶっ放したり独特の雰囲気があって、全くの初見ですが引き込まれました。後半の「塔の国」は傍観者に徹していて温かみが無く、3本立てだと中編で良かったと思いますが、あまり面白くは無かったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アンジェロ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「キノの旅 the Beautiful World」以外にこんな作品をCheck-inしています。